知ってた? 製品版Gear VRでスクリーンショットを撮る方法

LINEで送る
Pocket

01

12月18日に発売された製品版の「Gear VR」。これまでの開発者向けである「Gear VR Innovator Edition for S6」と比べて、1万円ほど安い1万4900円に実売価格が値下げされて手頃になったので、興味を持った&購入したというGalaxy S6/S6 edgeユーザーも多いはず。かく言う筆者もそのひとりです。

 
しかし、衝撃の事実が判明。購入後にひととおり遊んで見たあと、本サイトの「知ってた? Gear VRで超簡単にスクリーンショットを撮る方法」を参考に、スクリーンショットを撮ってみようと、USB(メス)/マイクロUSB(オス)の変換アダプターを用意して、USBキーボードを接続してみたのですが、残念ながらとれていませんでした。

 
USB充電機からケーブルを接続すると、ちゃんと充電されるので故障というわけではなさそう。どうやら製品版Gear VRのmicroUSB端子は通電のみという仕様のようです。

 
このままでは不便なので、なんとか製品版Gear VRでスクリーンショットを撮れないかと思いついたのが、Bluetoothキーボードを使う方法。まずは、Galaxy S6 edgeとBluetoothキーボードをペアリングさせます。

 
01
ペアリングすべし。あとは、そのままGear VRにGalaxy S6 edgeをセットすればオーケー。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
キーボードは、バッファローの「BSKBB23」を用意しました。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして「PrintScreen」ボタンを押せば、端末内のストレージに保存されます。保存先は「DCIM」フォルダーの「Screenshots」です。ちなみに、「PrintScreen」を押しても特に画面上に反応はないので、撮れたかどうかわかりにくいので、何度か押して撮り逃さないようにしたほうがいいかも。

 
04
というわけで無事に撮れた画面。

 
ケーブルで接続する必要がないので、顔を動かすときなどに邪魔にならずコレはコレで便利です。ただ、変換アダプターを使ってデータ接続ができないのはやはり残念。

 
USBキーボードだけではなく、SDカードリーダーなども利用できませんでした。特にGalaxy S6/S6 edgeはmicroSDカードスロットがないので、Gear VRで試聴するための動画を保存しておくために、SDカードリーダーが使えたら便利だったのですが。

 
とはいえ、Bluetoothキーボードがあればスクリーンショットは撮れることがわかったので、製品版Gear VRをヘビーに使うなら、Bluetoothキーボードを用意しておきましょう。

 

 

 
(文/中山智

 
 
●関連リンク
Gear VR

LINEで送る
Pocket