VR/ARゲームと本格的な飲食が楽しめる「VREX 渋谷宮益坂店」11/29開店 フタバ図書がVR参入

LINEで送る
Pocket


フタバ図書は、VR事業に参入し、11月29日に、VR/ARゲームをプレイしながら本格的な飲食が楽しめる新業態「VREX(ヴィレックス)渋谷宮益坂店~VR Game&Café Bar~をオープンする。

 
「VREX 渋谷宮益坂店」は、フード約50品とアルコールを含むドリンク約100種を取り揃え、本格的な飲食を楽しみながら、グループでVRを楽しめる大型の新店舗だ。ゲームの待ち時間は飲食のほか、体験中のプレイヤーのVRゴーグル内の様子をモニターで観戦できるなど、これまでのVR施設で課題となっていたアトラクションの待ち時間における利用者のストレスを緩和する。

 
オープン時、施設内には最大6人プレイ可能な「HADO」が遊べるARブース1つと、最大4人プレイ可能なオリジナルゲームが7種類遊べるVRブースを3つ用意。目玉となるタイトルは、世界最長のプレイ時間を誇るオリジナルゲーム「バーチャルライフ」だ。従来のVRゲームの平均プレイ時間が約5分であることに対し、本作のプレイ時間は約30分におよぶ。

 
これまでのVRゲームは、複数人でプレイ可能であってもプレイヤーが個々に楽しむ形式のものが多かったが、今回VREXで採用しているゲームは、同時にプレイするメンバーと協力し、コミュニケーションを取りながら共に楽しむ内容がメインとなっている。ゲームは毎月1ゲームずつ追加予定で、リピーターも飽きずに楽しめる。

 
フタバ図書は、VR施設の新定番となるべく、本業態を2018年内に関東圏に10店舗出店することを目指すとしている。

 

VREX 渋谷宮益坂店 ~VR Game&Café Bar~

・オープン日:11月29日
・場所:東京都渋谷区渋谷1-12-1 カレイド渋谷宮益坂 3F
・営業時間:
 - 月~木・日 16:30~23:30
 - 金土・祝前日 16:30~28:00
・床面積:151.43坪(500.59平方メートル)
・席数:約90席(ARブース×1、VRブース×3)

 
【導入タイトル 一部紹介】
●バーチャルライフ

・プレイ料金:2000円(税抜)※オープン特別価格
・プレイ人数:1人
・内容:リアルでは体験できない波乱万丈な人生を体験。30分以上のプレイ時間を誇る。

 
●ボンバードッジ

・プレイ料金:700円(税抜)
・プレイ人数:1人~
・内容:一定時間で爆発する爆弾でドッヂボール。キャッチしそこなうと、爆弾が頭にくっついて離れなくなるなど、ドキドキの対戦バトルが楽しめる。

 
●mogura in VR

・プレイ料金:700円(税抜)
・プレイ人数:1人~
・内容:土管から頭を出したもぐらを引っこ抜いて出荷。さまざまな種類のもぐらがキュートな協力プレイゲーム。

 
●ヨケロック

・プレイ料金:700円(税抜)
・プレイ人数:1人~
・内容:大迫力の岩よけゲーム。誰が一番岩をよけられるか回避力で勝負する。​後半は一転、巨大な宝箱が転がってくる……?

 
●しゃるうぃ花火

・プレイ料金:700円(税抜)
・プレイ人数:1人~
・内容:制限時間いっぱい花火で遊べるノンゲーム。情景が変わる中、熱くない美しい花火をみんなで楽しめる。

 
●HADO

・プレイ料金:700円(税抜)
・プレイ人数:1~6人
・内容:AR技術で、自分の手から現実世界にエナジーボールが発動。装置を装着し、実際に体を動かして技を発動させ、フィールドを自由に動き回り、味方と連携して楽しむスポーツ感覚のARゲーム。

 
●関連リンク
VREX 渋谷宮益坂店 ウェブサイト
フタバ図書 ウェブサイト

LINEで送る
Pocket