新世代スマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」12/1発売 AIプロセッサーで処理能力・電力効率向上

LINEで送る
Pocket


ファーウェイ・ジャパンは、同社のスマートフォンで最上位グレードに位置する「Mateシリーズ」の最新機種「HUAWEI Mate 10 Pro」を12月1日に発売する。市場想定価格は8万9800円(税抜)。

 
「HUAWEI Mate 10 Pro」は、AIプロセッサー「Kirin 970」を内蔵した新世代スマートフォンだ。フルビューディスプレイを搭載しているほか、Leicaダブルレンズカメラの優れたDNAを継承し、絞りは同社最高となるF値1.6に達するレンズを採用している。

 
●AIプロセッサー Kirin 970
TSMC 10nm加工製造技術を採用し、爪ほどの大きさのチップセットに55億のトランジスタを集積。8コアCPU、12コアGPU、デュアルISP、オリジナルのAIモバイルコンピューティングフレームワークが含まれる。またNPU(Neural Network Processing Unit)と呼ばれるAI専用ハードウェアプロセッシングユニットを集積し、AI演算力は4つのCortex-A73コアと比較して、約25倍の性能、50倍のエネルギー効率を有し、ハンドセットの画像識別、音声通話品質、スマート撮影などの面における能力が大幅に向上。アプリ分野のAI技術において、これまでにないハンドセットAIエクスペリエンスを提供する。

デュアルSIM同時待受け対応の「HUAWEI Mate 10シリーズ」では、1台のハンドセットで2枚のSIMカードのいずれもが4G LTE及びVoLTEに対応する仕様を実現することに成功し、メイン・サブカードで同レベルの高速ダウンロード、質の高い音声通話体験を提供。通信面では高速鉄道環境において、中国、ドイツ、日本でKirin 970を使用し、40万kmを超える実測および最適化を実施。ユーザーに「かかる、つながる、切れない」という良質の音声通話とダウンロードスピードを提供し、いつでもスムーズにネットワークにつながるというビジネスパーソンのニーズを最大限に満たす。

 
●大容量バッテリー
Mateシリーズで高い評価を得ていたバッテリーの持ちも、最新のチップセットを組み込むことで最大50%の効率化による省エネを実現。4000mAhの大容量バッテリーは、ヘビーユーザーで1日以上、平均的なユーザーで約2日間の連続使用が可能となった。また、ドイツの第三者検証・認証機構テュフ・ラインランドに認証された安全な超急速充電を実現している。

 
●6インチの大画面に18:9の超ワイドスクリーン
6インチのFHD+(2160×1080)OLED HDRディスプレイは、70000:1のコントラストと、112%の色域を実現し、深みのある色彩と明暗が特徴となっている。ディスプレイ輝度が前モデルから約30%向上し、本体のコンパクトさによる持ち易さだけでなく、閲読体験も大幅に向上した。さらにPCモードに対応しているため、ディスプレイにつなぐだけでモニター上でマルチウインドウを実現する。

 
ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波氏のコメントは以下の通り。

 
●呉波氏 コメント
「ファーウェイは、テクノロジーとブランドを核に顧客主義を重視しており、消費者のニーズを捉えた製品開発を心がけてきました。今年の6月に発表してご好評をいただいている『HUAWEI P10』シリーズに加え、今回、新しくフラッグシップモデルである『HUAWEI Mate 10 Pro』を日本の消費者の皆様にご紹介できることを大変嬉しく思っています。AIプロセッサーを内蔵したこの新しいスマートフォンが日本の消費者の皆様に新しい価値を生み出し、今までにないスマートフォン体験をお届けできることを確信しています。ファーウェイは今後も、技術の革新と発展の継続を堅持し、研究開発への投資を強化していくと同時に、ブランド力の向上、販売ルートの拡大においても注力していきます」

 

HUAWEI Mate 10 Pro

・発売日:12月1日
・市場想定価格:8万9800円(税抜)
・取扱い:ファーウェイ・オンラインストア、MVNO、家電量販店、ECサイトなど
・対応OS:Android 8.0 Oreo / Emotion UI 8.0
・サイズ:約W74.5×H154.2×D7.9mm
・重さ:約178g
・カラー:ミッドナイトブルー / チタニウムグレー(2色)

 

 
●関連リンク
HUAWEI Mate 10 Pro 製品ページ

LINEで送る
Pocket