Synamon、約5000万円の資金調達を実施 xR領域の開発体制強化と事業拡大の加速を目指す

LINEで送る
Pocket


Synamonは、ジェネシア・ベンチャーズ、KLab Venture Partners、BEENEXT PTE、ABBALabを引受先とする第三者割当増資と金融機関からの融資により約5000万円の資金調達を実施したと発表した。開発体制の強化とビジネス領域におけるVR技術の活用促進を加速させることが目的。

 
同社は、VR空間構築ソリューション「NEUTRANS」の開発・提供を行っており、今回の資金調達にあわせて、「NEUTRANS」をベースにVR活用が普及した世界を描いた新PVを公開した。

 

 
「NEUTRANS」は、誰でも簡単に扱える操作性と、ハイエンド向けVR機器を対象にマルチデバイス対応、オンライン接続による複数ユーザー利用可能という部分を設計思想に、多彩な機能を扱えるVRコンテンツのベースシステムとして開発を進めている。本ソリューションは、VRを活用したい企業に対し、企画から開発プロダクトの検討コンサルティングに入り、Synamonにて「NEUTRANS」の各種ベース機能を活用した形でプロダクト開発、納品までワンストップで対応するサービスとして提供する。

 
今後の展開として、すでに複数の大手企業とのVR案件が進行中。人材教育支援プロダクト、ロケーションベース向けプロダクト、VRデバイス向けデモプロダクトなどを開発している。年末年始に順次発表を行う予定だ。また、並行してVRソリューションのベース機能拡張を行いつつ、業務での実用に堪えるレベルでのコラボラティブツールとして活用可能なVRプロダクトのパッケージ化を進めており、2018年初旬にビジネス向けのファーストパッケージのリリースを目指して開発中。

 
なお、本社移転を行い12月1日より業務を開始するとのこと。新本社所在地は以下の通り。

 
●Synamon 新本社
・住所:東京都品川区東五反田1-21-9 ウィスタリア東五反田ビル 4階 A

 
同社では、VR/AR/MR業界で活動したいエンジニア(Unity、C#、C++、JAVA、Web、サーバーサイド)やデザイナー(3D、2D、モーション、エフェクト)も募集中。VRを始めとするXR業界を盛り上げていきたい、業務として本気でこの領域に取り組んでいきたいと考えている方は採用ページなどをチェックしてみてはいかがだろうか。

 
●関連リンク
NEUTRANS ティザーサイト
Synamon 採用ページ
Synamon ウェブサイト

LINEで送る
Pocket