Tokyo VR Startups、プログラム名を「Tokyo XR Startups」に変更 第4期参加者募集を開始

LINEで送る
Pocket


Tokyo VR Startupsは、VR/AR/MRなどの先端テクノロジーを使って新しい体験を作り出す「XR」に特化したインキュベーションプログラムの第4期募集エントリーの受付を開始した。今期より、プログラム名称を「Tokyo XR Startups インキュベーションプログラム」に変更。応募締切は2018年2月28日。

 
第1次選考(書類審査)および第2次選考(面接)を通過したチーム(最大7チーム選出予定)には、「Tokyo XR Startups インキュベーションプログラム」のプレプログラムへの参加資格が与えられる。プレプログラム参加者は、インキュベーションセンターにて最大2か月間、プロジェクトのチームビルディングおよび開発計画作成に取り組み、最終選考(プロジェクト審査)へと進む。

 
最終選考を通過したチーム(5チーム選出予定)には、500万円~1500万円程度出資。「Tokyo XR Startups インキュベーションプログラム」のメインプログラムとして2018年6月~9月までの間、XRプロダクトやサービスのプロトタイプ開発を行うことになる。各チームは引き続き、インキュベーションセンターを無料で利用できる。

 
本プログラムは、日本でのXRにおけるオープンイノベーションを加速させ、日本から世界を目指すプロダクトやサービスを創出することを目標としており、2016年1月~6月までの第1期に5チーム、2016年10月~2017 年3月までの第2期に3チーム、2017年6月~11月までの第3期に7チームの活動を支援してきた。ゲームなどのエンターテインメントのみならず、ゲーム以外のプロダクトやサービスなど自由な発想と実現への意欲を持つXR開発者を支援対象としている。


▲第3期の開始式の模様

 

Tokyo XR Startups インキュベーションプログラム 第4期

・募集期間:2017年12月7日~2018年2月28日 23:59
・募集対象:XRに関する革新的なプロダクトやサービスのアイデア、ビジネスプランを持っており、その実現のための技術力を持つチーム。
・応募条件
 - プログラム期間中(プレプログラム2か月間+メインプログラム4か月間)に、XRを使ったプロダクト、サービスのプロトタイプを開発できること。
 - プログラム期間中、チーム内最低1名はインキュベーションセンターに常駐できること。
 - 登記済みの法人、または未登記の個人・団体であること。
 - 年齢・性別・国籍は不問。
 - Tokyo VR Startupsが開催するイベントなどに積極的に参加できること。

 
●プログラムの流れ(2018年予定)
[2月28日]プログラム参加者募集締切
[3月上旬]第一次選考(書類審査)
[3月上旬]第二次選考(面接)
[4月]プレプログラムスタート
[5月]最終選考(プロジェクト審査)
[6月]メインプログラムスタート
[6月下旬]Demo Day 1(プロトタイプ発表)
[9月下旬]Demo Day 2(プロトタイプ発表)
 →VCや投資家、事業会社などからの追加出資や事業提携など

 
●プレプログラム特典
オフィススペース提供
2018年4月~5月のプレプログラム期間中、Tokyo VR Startups インキュベーションセンター(箱崎インキュベーションセンター内)を1チーム最大2名まで24 時間無料で利用できる。

 
メンタリング
国内外のメンターによるメンタリングが受けられる。

 
●メインプログラム特典
開発資金の提供
プロダクトやサービスの開発に対し、1件あたり500万円~1500万円程度の出資を行う。

 
開発環境の提供
2018年6月~9月のメインプログラム期間中、Tokyo VR Startups インキュベーションセンター(箱崎インキュベーションセンター内)を無料で利用でき、開発に専念できるよう、バックオフィス業務をサポートする。

 
メンタリング
国内外のメンターによるメンタリングが受けられる。

 
そのほかにさまざまなサービスを提供
XR開発に関連するさまざまなサービス(機材レンタル・割引購入など)を、特別プランにて提供予定。

 
●関連リンク
Tokyo VR Startups ウェブサイト

LINEで送る
Pocket