現実感アップ「ポケモンGO AR+」 回り込んだり近付いたり

LINEで送る
Pocket


Naianticは、任天堂および株式会社ポケモンと共同開発したARアプリ「ポケモンGO」のiOS版向けに、新機能「AR+」が登場すると発表した。Appleの「ARKit」フレームワークを活用することで、野生のポケモンがより現実にいるような感覚を味わえる。iOS11以降にアップデートしている、iPhone6s以降の機種が対象。

 

「AR+」では、野生のポケモンを捕まえるときに利用できるAR機能を拡張。ポケモンに近づいたり、回り込んだりすることができるようになる。これにより、見上げるほど巨大な「イワーク」や、本当に道を通せんぼしているかのような「カビゴン」が見られるようになる。「AR+」を利用して撮影するAR写真も、角度や距離などを楽しみながら、世界で自分だけしか持っていない1枚になり、これまで以上に思い入れが持てるはずだ。

 

また「AR+」を利用すると、野生ポケモンを捕まえる際に「距離」の概念が新たに加わる。ポケモンはトレーナーが近づいてくるのを察知すると逃げてしまうので、そっと近づいて「エキスパート」ボーナスを狙ったり、逃げないように遠くからボールを投げたりと、ゲーム性もアップ。「!」マークが真っ赤になるとポケモンは逃げてしまうが、再び背の高い草むらが現れ、同じポケモンを捕まえるチャンスが巡ってくることもあるとのこと。

 
Naianticの「ポケモンGO」開発チームは「これは、ポケモンGOのAR機能をより魅力的にするための第一歩であり、将来すべてのプレイヤーにとって、より楽しいAR体験を実現することができるでしょう。身近な地域を冒険する際には、AR+で撮影したポケモンたちの写真をSNS上で #PokemonGOarplus のハッシュタグと一緒に共有してくださいね!」とコメントしている。

 
尚、「AR+」を使用する時は、常に周囲の状況に十分注意して、安全に気を付けてプレイしてほしいとのこと。

 
●関連リンク
ポケモンGO 公式サイト

 
(C)2017 Niantic, Inc. (C)2017 Pokemon. (C)1995-2017 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.