5K解像度のStarVRを採用! 「SEGA VR AREA SHINJUKU」12月22日オープンレポ

LINEで送る
Pocket

12月22日、STARVR CORPORATION(以下STARVR)は、同社が開発した高解像度・広視野角のHMD「StarVR」を使ったVR体験エリア「SEGA VR AREA SHINJUKU」をSEGAと共同で開設した。StarVRを使った常設のロケーションVR施設は日本では初となる。

 

セガ新宿歌舞伎町に開設された「SEGA VR AREA SHINJUKU」

 

使用するHMDは2.5Kパネルを2枚使った「StarVR」

「SEGA VR AREA SHINJUKU」としてオープンしたのは、セガ新宿歌舞伎町の2階。バスケットコート2面ぶんほどのスペースを使い、2種類のゲームに各2台ずつ合計4つのStarVRが設置されている。

ゲームは「JHON WICK CHRONICLES」と「THE MUMMY PRODIGIUM STRIKE」のふたつ。どちらもハリウッド映画をもとにしたSFシューティング型アクションゲームで、HMDと銃タイプのコントローラーを装備してプレイする。プレイスタイルはシングルタイプでプレイ時間は15分程度というのもどちらのゲームも同じ。料金も1200円/1プレイとなっている。

 

プレイ料金は券売機で購入

 

「JHON WICK CHRONICLES」のプレイエリア。HMDのケーブルは天井から配線されており、動き回りやすい

 

「THE MUMMY PRODIGIUM STRIKE」も2つのプレイエリアが用意されている

装着するHMDはSTARが開発した「StarVR」。5.1インチのデュアルAMOLEDディスプレーで、解像度は各2560×1440ドット。STARVRは2枚をつなげた解像度が5120×1440ドットのため5Kと表現している。

 

「JHON WICK CHRONICLES」のプレイ画面

 

しゃがんで身を隠すといった動作にも対応している

 

「JHON WICK CHRONICLES」で使用する銃タイプのコントローラー

 

「THE MUMMY PRODIGIUM STRIKE」のプレイ画面

 

最初はヘリコプターに座っている設定でゲームスタート

 

「THE MUMMY PRODIGIUM STRIKE」で使用する銃はライフルタイプで大きめ

StarVRの特徴は視野角の広さで、水平方向210度、垂直方向は120度となっている。STARVRのマーケティングディレクター Jane Hsu氏は「一般的に人間の視野角は水平方向で180度。StarVRはそれ以上の視野角を持ってるので、没入感が高いのが特徴」と説明している。

プレイエリアはいずれも正方形に近い形で、さらにStarVR自体が有線接続ということもあり、大きく動き回ることはできないが、数歩移動したり向きを変えたり、しゃがむといった動作は可能。また「THE MUMMY PRODIGIUM STRIKE」のほうは、スタート地点がヘリコプターの上になっているため、プレイエリアにあるシートに座った姿勢でスタート。シートは振動するのでヘリコプターに乗っているような感覚も味わえる。

筆者も実際にプレイしてみたところ、HMDの視野角が広くコントローラーが銃の形をしてるためゲームに没入できた。とくに「THE MUMMY PRODIGIUM STRIKE」のほうは、思わぬ方向からゾンビが襲ってくるので、ゲーム中かなり驚かされた。

 

ヘッドフォンも装着しているため、臨場感があり没入感は抜群

ただ筆者は目が良いため特に問題はなかったものの、メガネを常用しているほかの取材陣からはピント合わせなどでやや違和感があったようだ。また、プレイ中の画面を表示するようなモニターがないため、プレイしている本人しか楽しめないのが残念。シングルプレイということもあり、同行者も楽しめるような仕組みが欲しいところだ。

また各ブースには担当の説明員がつくため、HMDの装着やゲームの内容、プレイ方法などしっかり説明してくれるので安心。危険な動きをしている場合は強制的に止めるなど、安全面にも十分注意している。

 

装着などは説明員が手伝ってくれるのでやりやすい

 

ゲームの設定などは説明員が専用のPCから行なう

Jane Hsu氏はStarVRを使った施設について「アメリカやカナダなどに導入実績があり、ドバイでは100人規模でプレイできる施設も開設している」と説明。さらに日本への導入については「日本は大型のアミューズメントパークが数多くあり、テクニックのあるゲームプレーヤーも数多くいる。市場からフィードバックを得る意味でも日本での展開は重要」と語っている。またゲームの入れ替えについては「今後検討していくが、アメリカやカナダなどではゲームを入れ替えるのではなく、新しいチャプターを追加するといったアップデートで対応しており、ゲーム自体の寿命を長くしている」とのこと。

 

対象年齢ほか各種制限はプレイエリアに大きく掲示されている

今後は2018年3月までに同じくセガの店舗へ3ヵ所、2018年末までには合計10ヵ所での展開を目指しているとのこと。今後各地のセガでStarVRを使ったゲームを体験できそうだ。

 
●SEGA VR AREA SHINJUKU
営業時間:13:00〜23:00
アトラクション名:「JHON WICK CHRONICLES」、「THE MUMMY PRODIGIUM STRIKE」
アトラクション数:各2台
プレイ人数:各1名
料金:1200円
プレイ時間:約15分
対象年齢:13才以上

 
 
(TEXT by 中山悟

 
●関連リンク
SEGA VR AREA SHINJUKU

LINEで送る
Pocket

黒い砂漠バーチャルクリエイター応援キャンペーン ArcheAgeバーチャルクリエイター応援キャンペーン
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ