「Insta360 Pro」12K立体写真など画質面の向上を含んだアップデートのベータ版をリリース

LINEで送る
Pocket

12月22日(ロサンゼルス時間)、360度カメラ「Insta360シリーズ」の中で、最上位機種である「Insta360 Pro」のメジャーアップグレードパッケージ「Insta360 Pro V2.0」のベータ版がリリースされた。

本メジャーアップグレードパッケージには、Insta360 Proのファームウェアおよびソフトウェアのアップデートデータを含んでいる。

本アップデートの内容としては、新しい「Stitching Box機能」を使用すると、本機をコンピュータに接続することで、ステッチ作業を本機のオンボードプロセッサに行わせることが可能になっている。

 

その他ダイナミックレンジ、解像感、ホワイトバランス等の最適化やノイズの大幅な減少など画質面の向上。また立体写真(3D)と2Dの両方の撮影モードでは1枚の高解像度12K写真の合成ができるようになった。

Insta360の創設者兼CEOであるJK Liu氏は、「これらのアップデートにより、Insta360 Proはまったく新しいレベルのパワー、多用途性、使いやすさを誇っています。 私たちの優先事項は、Insta360 Proユーザーに、現在と将来の最高のユーザーエクスペリエンスを提供することです。したがって、これらのアップグレードはすべて無料で利用できます。」と語った。

以下サイトでは、Insta360 Pro V2.0で導入した主なアップグレードの詳細を掲載している。
https://hacosco.com/2017/12/insta360_2-0_201712/

 
(TEXT by まぶかはっと

 
●関連リンク
ハコスコ