1月26、27日、VRゴーグル+動くシートのライド型VRが「イベントJAPAN」で体験できる!

LINEで送る
Pocket

1

1月26、27日、東京ビックサイト西展示棟西1ホールにてイベント/集客/販促のプランナー向け展示会「イベントJAPAN2016」が開催される。入場料は事前招待券の利用で無料。

 
イベントといえばVRの活用事例も多い分野だ。今年は、ダイナモアミューズメントがライド型VRを出展すると発表している。コンテンツは積木製作の「恐竜戯画」で、シートは米メディアモーションの「MX4D」を、VRゴーグルはGear VRを利用する。MX4DはTOHOシネマズなどで採用しているシートで、前後/左右/上下のモーションに加えて、バックポーカー(背面をつつく効果)、ネックティクラー(首筋に触れる)、セント(香り)、ウィンド(風)、ウォーターブラスト(水しぶき)、レッグティクラー(足元)、エアーブラスト(噴射)、シートボッパー(突き上げ)、ランブラー(地響き)——といった11種類の効果を実現してくれる(TOHOシネマズの紹介ページ)。

 

 
ちょうどCES 2016でも、サムスン電子ブースでGear VRを利用したジェットコースター体験が提供されて注目を集めていた。VRクラスターな方々はぜひ現地で体験してみよう。

 
*お詫びと訂正:初出時、モーションライドシートを「X4D」と記載しておりましたが、正しくは「MX4D」でした。訂正してお詫び申し上げます(1/19 13:20)

 
 
●関連リンク
ニュース
ダイナモアミューズメント
イベントJAPAN

LINEで送る
Pocket