ソニー、新規事業支援サービスの社外提供を開始

LINEで送る
Pocket


ソニーは、新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」のクラウドファンディングと、Eコマースのサービスを兼ね備えたサイト「First Flight」の利用を含めた新規事業支援サービスの社外提供を開始した。

 
顧客ニーズをくみ取りながら、世の中にない商品を量産していく過程において、新規事業特有の課題が出てくる。例えば、一般的に、斬新なアイディアで支援を集めても、量産段階で課題に直面し、商品化に至らないといった課題もしばしば見られる。

 
今回提供を開始する新規事業支援サービスの仕組みでは、これまで「Seed Acceleration Program」から生まれた13の事業の立ち上げを通して培ってきた経験とノウハウによって、それらの課題を乗り越えるサポート体制を確立している。

 
ソニーの量産化に向けた設計、品質管理・保証など、さまざまな分野において高い知見を持つメンバーで構成された「加速支援チーム」が、商品化に向けたサポートを提供。また、商流・物流体制の構築など、EC販売に向けたサポートにも対応するなど、高品位な商品化、事業化をトータルでバックアップする。

 
「First Flight」は、2015年7月のオープン以来、国内初となる資金調達1億円を超えた「wena wrist(ウェナ リスト)」をはじめ、「Seed Acceleration Program」から生まれた事業を対象に、新しいサービスや商品を世の中に出したい起業家を応援するプラットフォームとして、クラウドファンディングやEコマースを通じて起業家とユーザーをつないできた。

 
「First Flight」の利用と新規事業の加速支援サービスを社外の企業やスタートアップにも開放することで、斬新かつ革新的なアイデアやサービスが、より多く生まれることをサポートする。また、国内においての新規事業創出の機運を高め、「Seed Acceleration Program」を含めたさらなる新規事業市場の拡大、活性化を目指していくとしている。

 
専用ページから申し込み、審査の後、「Seed Acceleration Program」の「加速支援チーム」による量産化や事業化支援のサービスおよび、「First Flight」でのクラウドファンディングや商品販売(Eコマース)をの利用が可能となる。

 

尚、本サポートサービス利用の先行プロジェクトとして、アニメ作品の舞台を実世界で体験できるARアプリ「舞台めぐり」を提供するソニー企業、サンライズ、沼津市の3者共同によるサービス「沼津市×ラブライブ!サンシャイン!!ヌマヅノタカラ 地域活性化プロジェクト」のクラウドファンディングを「First Flight」にて開始しており、達成率はすでに100%を超えている。

 
(TEXT by 津久井箇人 a.k.a. そそそ

 
●関連リンク
First Flight 新規事業支援サービス 申し込みページ
First Flight 沼津市×ラブライブ!サンシャイン!!ヌマヅノタカラ 地域活性化プロジェクト

バーチャルクリエイター応援キャンペーン
         
バーチャルYouTuber   のじゃロリスタンプ