IDC Japan、2021年までのVR/ARヘッドセットの市場規模予測を発表

LINEで送る
Pocket


(クリックで拡大)

 
IT専門調査会社IDC Japanは1月16日、AR/VRヘッドセットの、2021年までの世界及び国内出荷台数の予測を発表した。

大きな予測内容としては

・2021年の世界AR/VRヘッドセット出荷台数は2017年比約6倍の5920万台

・VRはスクリーンレス型からケーブル型とスタンドアロン型に推移

・ビジネス向けの出荷台数は、ARヘッドセットがVRヘッドセットをしのぐ

・国内AR/VR市場は2021年には108万台に成長の見込み

の4点が挙げられる。

 
IDCが発行する「Worldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Tracker」では、2021年に出荷されるヘッドセットの合計は、2017年の960万台の約6倍となる5920万台に達すると予測。

また、今日まで世界市場を牽引してきたのはSamsung Gear VRのような低価格のスクリーンレスビューワーだったが、今後は市場の中心がケーブル型とスタンドアロン型にシフトし、スクリーンレス型はシェアを失うことになるだろうと予測している。

2021年にはスクリーンレス型VRヘッドセットのシェアは市場全体の14.8%となり、2017年の58.8%から大きく後退。今後数年はPlayStation VRやMetaなどのケーブル型ヘッドセットが市場をリードし、2021年にはOculus GoやHololensのようなスタンドアロン型がAR/VR市場の半数近くを握るとのことである。

 
ビジネス分野でも、ケーブル型およびスタンドアロン型のVRヘッドセットは、2021年には出荷台数が合計1260万台に成長するとしている。

他方、ケーブル型およびスタンドアロン型のARヘッドセットのビジネス向け出荷台数は、2021年には1560万台に増加するとみており、ビジネス分野におけるインパクトは、ARがVRをしのぐとしている。

これは、多くの仕事の現場では業務を行うために両手を使うことが未だに必要だからであり、このような現場においては、ARがより大きな恩恵をもたらすことが理由となっている。予測では、ARが今後、業務の多くの場面に導入されることになるとしている。

 
また、「Worldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Tracker」では、日本国内のAR/VRヘッドセット出荷台数の予測についても公表している。

国内で2021年に出荷されるヘッドセットの合計は、2017年の30万台の約3.6倍となる108万台に達すると予測。内訳としては、ARヘッドセットが8万台、VRヘッドセットが100万台となる見込みである。

国内のAR/VR市場は、2021年までVRが市場の主導権を握る傾向が世界よりも強いと予測しており、この背景には、日本ではビジネス分野でのAR導入の動きが世界に比べて極めて鈍いことなどがあるとのこと。

VRにおいても、スタンドアロン型プラットフォーム導入への動きが世界と比べても限定的であるとしている。

今後、国内でのAR/VR市場の拡大について、同社のPC、携帯端末&クライアントソリューションのシニアマーケットアナリストである菅原啓氏は、

「AR/VRのいずれも使用を経験した層はこれらの技術に対して極めて好意的な認識へと態度を変化させることはよく知られているが、そのためにも展示会やイベント以外でのユーザー体験の裾野を広げ、導入決定権者を巻き込んでのイノベーションの拡大が望まれる」

とコメントしている。

 
(TEXT by 高橋佑司)

 
●関連リンク
インターナショナルデーターコーポレイションジャパン(IDC Japan)

LINEで送る
Pocket

DR-701D 黒い砂漠バーチャルクリエイター応援キャンペーン VTuberさん配信アンケート がんばるぅ子とは
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ