段ボール工作で遊びを作る Switch「Nintendo Labo」発表

LINEで送る
Pocket


任天堂は、Nintendo Switch向けの新商品「Nintendo Labo(ニンテンドー ラボ)」を4月20日に発売すると発表した。「つくる、あそぶ、わかる」をコンセプトにしたソフトウェアと段ボールシートなどがセットになったキット製品で、「バラエティキット」が6980円(税抜)、「ロボットキット」が7980円(税抜)。

 
「Nintendo Labo」は、工作とビデオゲームが融合した任天堂の新しい試みだ。段ボール製の工作キットを組み立て、「ピアノ」や「つりざお」、「バイク」、「ロボット」など「Toy-Con(トイコン)」と呼ばれるコントローラーを自分の手でつくるところから体験が始まる。

 
ここの新しい試みがどのようなものになるのかは、初公開映像を見てチェックしてみてほしい。

 

 
動画中でも印象的な「ピアノ」の演奏は、Nintendo Switchのコントローラーである「Joy-Con」に搭載された「モーションIRカメラ」を使ったものであることが推測できる。カメラが距離や形を捉え、段ボールの鍵盤の動きや距離を解析し、ピアノの音にするといった仕組みだろう。

 
このほかにも「Joy-Con」にはさまざまなセンサーや「HD振動」機能が内蔵されており、これらを応用し、機能に対応した段ボールのキットを作って遊ぶものが「Nintendo Labo」の正体と言えそうだ。動画にはHD振動を利用して、Joy-Conがセットされた段ボールキットを、Nintendo Switchのタッチパネルでラジコンのように操作するという、斜め上を行く発想も見受けられた。「ロボット」に至っては、段ボールと紐によるモーションキャプチャーと言っても過言ではない。

 

しかし、まだまだ情報は開示されておらず、今後順次新情報が解禁されていく。その中で、さらなる驚きも用意されているかもしれない。動画に登場したフットペダルのようなものは、現在発表されているキットには含まれておらず、今後も新たなキットが発表されていく可能性も高そうだ。

 
また、基本となる素材が段ボールのため、型紙の自作なども容易であることから、Twitterなどでは早くも自作キットを制作したいといった声も挙がっている。ソフトウェアの自由度によっては、オリジナルキットに限らず、遊びそのものを考えて作り出すこともできてしまう。

 
子どもの知育分野にも最適な「Nintendo Labo」が、家庭用ゲームハードの位置をどのように変えていくのか注目しよう。

 

Nintendo Labo Toy-Con 01 バラエティキット


・発売日:4月20日
・価格:6980円(税抜)
・収録内容:
 - ピアノ
 - 釣り
 - バイク
 - おうち
 - リモコンカー

 

 

Nintendo Labo Toy-Con 02 ロボットキット


・発売日:4月20日
・価格:7980円(税抜)
・収録内容:
 - ロボット

 

 
(TEXT by 津久井箇人 a.k.a. そそそ

 
●関連リンク
Nintendo Labo 公式サイト

 
(C)2018 Nintendo

LINEで送る
Pocket

黒い砂漠バーチャルクリエイター応援キャンペーン ArcheAgeバーチャルクリエイター応援キャンペーン
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ