手軽にVR空間をデザインできる「STYLY Suite」でGoogle Polyのモデル利用が可能に

LINEで送る
Pocket

Psychic VR Labは1月19日、手軽にVRコンテンツを作ることができるクリエイティブツール「STYLY Suite」が、3Dモデル共有サイト「Google Poly」の素材を直接アプリケーション内に呼び出せる機能に対応したと発表した。

 

 
STYLY Suiteは、同社が提供する3次元空間制作ツール。WebブラウザベースのサービスでVR空間を作成し、コーディング不要の直感的な操作でデジタル空間をカスタマイズできる。

Oculus Rift、HTC VIVE、Daydreamなど複数のVRデバイスをサポートしており、ツールで作成したデジタル空間を、VRで体験することも可能である。

STYLY Suiteではこれまで、ツールに標準で搭載しているアセットや、Sketchfab、Unity Asset Storeなどで配布している素材を利用することができたが、今回Google Polyにも対応したことで、VR空間の表現の幅がさらに広がったとしている。

 
●関連リンク
STYLY Suite
Google Poly

LINEで送る
Pocket

DR-701D VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ