バーチャルYouTuberのツ○ツ○風パズルゲーム登場 二次創作も活発化

LINEで送る
Pocket

ここのところYouTubeでは、キズナアイや輝夜月、ミライアカリなどをはじめとした「バーチャルYoutuber」たちが大きな人気を集めている。

動画サイトやpixivなどを通じ、彼ら/彼女らを題材にしたMikuMikuDance(MMD)動画作品やイラスト作品がWeb上に公開されるなど、ユーザーによる二次創作も活発だ。

そんな中、あるユーザーによって、バーチャルYouTuber達のオリジナルゲームが公開された。その名も「バーチャルTubeTube」。TumuTumuではない、TubeTubeである。

 

 
「バーチャルTubeTube」は、隣接する同じバーチャルYoutuberたちの顔アイコンをなぞって消していくという、どこかで見たようななじみ深いルールのパズルゲーム。ゲームはhttps://unityroom.com/games/vtubetubeから無料でプレイすることができる。

キャラクターのアイコンは、「キズナアイ」「シロ」「ミライアカリ」「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん(ねこます)」「輝夜月」の5種類。さらに一度に多くのアイコンを消すと出現する「ボム」は、「のらきゃっと」「富士葵」「ときのそら」のアイコンになっている。

ゲームを制作したのは、東方Projectの二次創作作品などでも知られる番台漆 氏。同氏は、下から流れてくるゼリーを「のらきゃっと」がひたすら避け続ける「投げゼリー」というゲームも公開している。

 
 
https://unityroom.com/games/nora_jelly)から無料でプレイ可能。

 
本人たちのみならず、ファンによっても広げられていくバーチャルYouTuberの世界。今後どのようなコンテンツが生まれてくるのか、ユーザーたちの二次創作にも注目である。

 
(TEXT by 高橋佑司)

 
●関連リンク
バーチャルTubeTube
投げゼリー