2/26に黒川塾33が開催 テーマはVR元年を語り尽くす「バーチャルリアリティの未来へ3」

LINEで送る
Pocket

1

メディアコンテンツ研究家の黒川文雄氏は、トークイベント「黒川塾33」を2月26日に開催する。今回のテーマは「バーチャルリアリティの未来へ3」。会場はスクウェア・エニックスのセミナールームで、チケット価格は一般4000円、学生3500円(要学生証)。チケットはpeatixで販売中だ。

 
黒川塾は、ゲームを中心にコンテンツ業界の関係者をゲストに招いて、トークセッションでテーマを深掘りしていく内容になる。バーチャルリアリティーについては、21回、26回に次ぐ3回目で、デバイスの発展によるコンテンツの未来とその可能性を掘り下げていく。

 
ゲストは、ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイドスタジオプレジデントの吉田修平氏、ハコスコ代表取締役の藤井直敬氏、gumiエンジニアの渡部晴人氏、PANORAの広田稔。また、PlayStation VRやOculus Riftの体験会も用意する予定だ。

 
会場の住所は、東京都新宿区新宿6-27-30 イーストサイドスクウェア1F。当日のスケジュールは、19時30分に開場、20時00分に開演、60分程度のトークセッションのあとに、VR体験会・懇親交流会を実施する(会場の都合により恒例の軽食はなし)。

 
 
●関連リンク
Peatixの申し込みページ

LINEで送る
Pocket