【連載】神足裕司 車椅子からのVRコラム 「カラオケに行ったら、そこはアリーナだった!」

LINEで送る
Pocket

今回の神足さんは(株)大庄が運営する「カラオケ ファンタジー」さんでVRします!

 

最近VRの原稿を書いていることが周りに認知されてきた。「こういうVR、最近リリースされてましたけどみましたか?」そんなありがたい情報を寄せてくれる人も増えた。

もう3ヶ月前くらいに知人が「カラオケにもVR導入されたみたいですよ」そういってくれたので調べてみた。すると残念ながらカラオケルームでVRのゲームや映像をみられる、というものだった。それじゃだめなんだよなあ……とがっかり。

ボクの想像ではカラオケのVTRがVRになっていて、もしかしたらその歌の歌手とバーチャルな空間ではあるけれど一緒に歌えたりして。そんな風に思っていたのだ。考えてみればそれぞれの歌のVTRをVRになんて予算的にもなかなかできるもんじゃないだろうと、冷静になれば考えられる。そしてそれを調べているときに面白いものをみつけた。

VR技術を活用してあたかも巨大なライブ会場で歌っているような体験ができる「Fantasy VR Stage+(ファンタジーVRステージプラス)」なるものがあることを知った。これはさっそくお店で体験しなければならないと「カラオケ ファンタジー」水道橋店におじゃました。

 

 

3000円/1時間。何人で利用してもOK。4〜5人はいけるんじゃないかな。さっそくステージにあがってHMDをつけてみる。そこは埼玉スーパーアリーナクラスのステージの上。キラキラのステージだ。レディー・ガガかEXILEにでもなった気分だ。2万人ものファンがサイリウムを持ってこちらをみている。最前列をガードするスタッフの背中のマークにHMD内で視線を合わせれば、レーザーや炎がボンボン立ち上がる。観客が盛り上がる。スモークも出てくる。もちろん360度どこをみても違う、その空間がみえる。

 

アン・ルイスとサザンオールスターズの曲をいれてもらったが、ステージに立って(ボクは座っているんだけど)いると低音がズンズン床から響いてくる。HMDの中はアリーナのなかのアーティストになったボクである。もちろんその様子はモニターでカラオケルームのみんなも見ることができる。どの曲にも対応。「しっとり」モードで演歌やバラード。そのほかにも「ノリノリ」「はげしい」のモードもある。

ルーム壁面には俯瞰されたステージ上の自分が投影されている。アバターは店舗のキャラクターのリスさん。

3階席までぎっしりのファンの前で歌える体験をぜひしてほしい。そのうちスモークは本物なんて仕掛けができるかもしれない。カラオケの新しいスタイルはちょっとおもしろい。盛り上がること間違いない。

スターになった自分にまた会いに行きたい。

 

●カラオケファンタジー『Fantasy VR Stage+』導入店舗(2018年2月22日現在)

◆カラオケファンタジー 水道橋店
〒101-0061
東京都千代田区三崎町2-8-7 庄や第1ビル3~5階
03-3237-4571

◆カラオケファンタジー 新宿東口店
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-22-3 三憩ビル1~4階
03-3356-1281

◆カラオケファンタジー 立川南駅前店
〒190-0023
東京都立川市柴崎町3-7-3 富栄立川南駅前ビル1・2階
042-521-4591

◆カラオケファンタジー 船橋店
〒273-0005
千葉県船橋市本町4-5-25 カムズビル1~4階
047-425-8751

◆カラオケファンタジー 蘇我店
〒260-0842
千葉県千葉市中央区南町2-10-17 STCビル2階
043-266-6883

◆カラオケファンタジー 元住吉店
〒211-0025
神奈川県川崎市中原区木月2丁目3番35号 住吉名店センター 2階
044-411-9581

◆カラオケファンタジー 本厚木北口店
〒243-0018
神奈川県厚木市中町2-4-16 トキワヤビル3階
046-225-4351

◆カラオケファンタジー 橋本北口店
〒252-0143
神奈川県相模原市緑区橋本3-30 サンセイ橋本ビル1~3階
042-773-4871

 

※ 車椅子でお越しの際は事前に店舗へご連絡をお願いします

 

●関連記事
大庄運営のカラオケファンタジー、ライブ会場での歌唱体験を再現する「Fantasy VR Stage+」を導入

 

●著者紹介

撮影:石川正勝

神足裕司(こうたりゆうじ)
1957年、広島県出身。黒縁メガネ・蝶ネクタイがトレードマークのコラムニスト。「金魂巻(キンコンカン)」をはじめ、西原理恵子との共著「恨ミシュラン」などベストセラー多数。2011年にクモ膜下出血発症。1年の入院生活を送る。半身マヒと高次脳機能障害が残り、要介護5となったが退院後、執筆活動を再開。朝日新聞をはじめ連載も多数。最新刊は「一度、死んでみましたが」「父と息子の大闘病記」などがある。

 

●関連リンク
カラオケファンタジー『Fantasy VR Stage+』
カラオケファンタジー水道橋店
朝日新聞デジタル 連載 コータリンは要介護5
神足裕司Twitter

LINEで送る
Pocket

VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ