【速報】VIVE Pro(アップグレードキット)、4月6日より国内販売開始 価格は9万4000円

LINEで送る
Pocket


HTC NIPPONは、「VIVE Pro HMD(アップグレードキット)」を4月6日より国内での販売を開始する。価格は、9万4000円(税抜)。これにともない、「VIVE(コンシューマーエディション)」を6万4250円(税抜)に価格改定したほか、3月23日には「VIVE トラッカー (2018)」の国内販売を開始する。

 
「VIVE Pro HMD」には、2880×1600画素のデュアル有機ELディスプレイを搭載することで、現行のVIVEよりピクセル数が78%向上。サウンド面も高性能ヘッドフォンを搭載し、内蔵アンプとノイズキャンセリングによって、よりリアルに体感できる。また、快適さを求めるユーザー向けに設計も見直し、上部のヘッドストラップや、重さのバランスを改良。眼鏡をかけていても調整が簡単なボタンを採用している。

 
「VIVE Pro HMD」は「SteamVR Tracking1.0」と「2.0」の両方で動作するため、「VIVE(コンシューマーエディション)」もしくは「VIVE(ビジネスエディション)」のユーザーは、ヘッドセットの部分を「VIVE Pro HMD」をアップグレードするだけで、そのままコントローラーとベースステーションの使用が可能だ。

 
尚、VIVE Pro HMD はVR ZONE SHINJUKUのアクティビティ「大量破壊VR シューティング ギャラガフィーバー」にて3月9日より試験運用を行っており、多くのプレイヤーに好評とのこと。

 

VIVE Pro HMD(アップグレードキット)

・国内正規店 発売日:4月6日
 (オンラインストアは10:00、店舗は開店時より)
 ※プレオーダーの実施はなし
・正規取扱店一覧:https://www.vive.com/jp/storelocations/

 

VIVE(コンシューマーエディション)

・価格改定日時:3月19日22:00
・価格:7万7880円(税抜) → 6万4250円(税抜)
 ※国内正規販売店にて順次適用

 
【Viveportについて】
VIVEは、現在3000以上のコンテンツを配信中。HTCのコンテンツプラットフォームであるViveportは60か国以上で、エンターテインメント、教育、アーケード、芸術や文化、エンタープライズのさまざまな分野でプレミアム体験をご提供している。Viveportサブスクリプションでは、厳選した400を越すタイトルの中から、好みのコンテンツが選べる。

 
6月3日までにVIVE Proを購入したユーザーには30コンテンツ相当の6か月分のViveportサブスクリプションを、販売開始より60日以降に購入したユーザーには2か月分のサブスクリプションを無料で提供する。また、VIVE(コンシューマーエディション)を改定後の価格で購入したユーザーにも、サブスクリプションを2か月無料で提供する。

 

VIVE トラッカー (2018)


・発売日:3月23日以降
 ※入荷・発売開始時期は各販売店によって異なる
・価格:1万1574円(税抜)
・仕様:
 - トラッキング SteamVRベースステーション1.0および2.0対応
 - ステータス表示 LED
 - データ入力 電源ボタン、Pogoピン
 - 充電方法 Micro-USB
 - 固定方法 UNC規格 1/4インチネジ穴(標準三脚マウント用)

 
(TEXT by 津久井箇人 a.k.a. そそそ

 
●関連リンク
VIVE ウェブサイト