UE4で「Paragon」アセット公開 制作費1200万ドルの素材を無料で利用可能に

LINEで送る
Pocket

ゲーム開発エンジン「Unreal Engine」などの開発を手掛けるエピック・ゲームズは、同社のマルチプレイバトルアリーナゲームである「Paragon」で使用している全アセットを、Unreal Engine4による開発に利用できるようにしたことを発表した。

対象となるのは、キャラクターやそれらのスキン、アニメーション、VFX、ダイアログ、さらに「Paragon」に含まれている 1500に及ぶ背景コンポーネントなど。

1200万ドル以上の費用をかけて制作されたこれらのアセットが、無料で利用可能になっている。Unreal Engine マーケットプレイスで「Paragon」のパックをダウンロードすれば、そのアセットを開発者自身のUE4プロジェクトで使用することができる。

 
●「Paragon」アセットに含まれるもの

①キャラクター
キャラクターを区別できるスキンをすべて含んでいる20体のParagonヒーローが利用可能となる。さらに、ベースとなるメッシュ、数千種類に及ぶテクスチャ、VFX、アニメーションサイクル、数百のサウンドキューをともなったダイアログも含む。

Shinbi キャラクターには、アニメーション ブループリントが付いており、固有のニーズに合わせてカスタマイズすることが可能。

また、OTOYおよび3D Scan Store のフェイシャルのテクノロジーやボディスキャン技術を利用した、高品質のキャラクターマテリアルをそのまま今回の公開の一部として提供する。

②背景
Agora マップおよびMonolith マップのために作成した背景アセット1500以上が対象となっている。また、デベロッパーが自由に使ってカスタマイズできるサンプルマップも付属している。

なお、Unreal Engine 4で「Paragon」アセットを使用する詳細な技術ガイダンスについては、こちらのページ(英語)から確認できる。

 
またエピック・ゲームズでは、2018年春から夏にかけ、さらに複数の「Paragon」のアセットパックを追加公開する予定である。

世界的な人気ゲームに用いられた高品質なアセットを利用できるこのアセットパック、ぜひ自身のコンテンツ開発に役立ててはいかがだろうか。

 
(TEXT by 高橋佑司)

 
●関連リンク
エピック・ゲームズ・ジャパン
Unreal Engine