コナミ、モバイル音楽ゲーム「ときめきアイドル」配信 VRでアイドルと触れ合おう

LINEで送る
Pocket

コナミはiOS/Android向けにモバイルゲーム「ときめきアイドル」を19日より配信中だ。ジャンルは学園アイドルコミュニケーションとしており、15人のアイドルを育てるために音楽リズムゲームをこなしたりコミュニケーションを図って親睦を深める内容となっている。


 

ときめきアイドルはモバイルVR対応モードが導入されており、ホーム画面で右上のモバイルVRゴーグルのようなアイコンを押す、もしくは右下のその他欄からVRモードを選択することで一人称視点でアイドルとコミュニケーションをとることができる。

キャラクターに視点を合わせることで会話が発生し、漫画のような吹き出しを視点に合わせて選択することで会話が進むのは東京ゲームショウ2017に出展されたモバイルゲーム「ラブプラスEVERY」のモバイルVRモードと同じだ(関連記事:カノジョたちはそこにいた コナミ「ラブプラスEVERY」ドキドキ体験レポート【TGS2017 】)。


 

また、スマホ用のVRゴーグルを持っていない場合でもジャイロモードを選択すればスマホ・タブレットを傾けることで疑似的にVRを体験できるようになっている。


 

ときめきアイドルは音楽ゲームが苦手な人のために一度クリアした楽曲をオートプレイしてくれる機能があったり、グラディウスからツインビー、悪魔城ドラキュラまで幅広いコナミ要素がふんだんに含まれているなどとゲームファンを中心に話題を集めている。コナミファンやアイドルゲームファンの方々はときめきアイドルをプレイしてみてはいかがだろうか。


 

ちなみに、コナミは先述の通り2018年配信予定のモバイルゲーム「ラブプラスEVERY」にVR対応パートを入れる予定であったり、2003年に発売されたロボットアクションゲームのリマスター「ANUBIS ZONE OF ENDERS MARS」(2018年に発売予定)がPSVRとSteam VR向けに本編フルVR対応予定であるなど(関連記事:VRで体験するジェフティの存在感! 「ANUBIS ZONE OF ENDERS MARS」体験レポート【TGS 2017】)、VRに力を入れている。コナミの今後の新規タイトルもVRに積極的に対応することに期待したい。
 
(TEXT by ぱソんこ/編集:花茂未来
 
 
●関連記事
カノジョたちはそこにいた コナミ「ラブプラスEVERY」ドキドキ体験レポート【TGS2017 】
VRで体験するジェフティの存在感! 「ANUBIS ZONE OF ENDERS MARS」体験レポート【TGS 2017】
●関連リンク
ときめきアイドル(公式サイト)

LINEで送る
Pocket

黒い砂漠バーチャルクリエイター応援キャンペーン ArcheAgeバーチャルクリエイター応援キャンペーン
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ