エレコム、Androidスマホで利用できる360°カメラ発売 3月下旬より

LINEで送る
Pocket

エレコムは、Android搭載のスマートフォンやタブレットに装着して撮影ができるコンパクトな360°カメラ「OMNI shot mini(オムニショットミニ)」を3月下旬より新発売すると発表した。価格は3万6191円(税込み、以下同)。

「OMNI shot mini」は、Android 6.0以降を搭載したスマホに装着して360°の写真/映像を撮影できるデバイス。

静⽌画は4.5Mピクセル相当(3008×1504)。動画は標準で2.5K(2560×1280)、最⼤で3K(3008×1504)に対応している。また⼿振れ補正機能も搭載。

同製品は無線接続などの設定は必要なく、USB Type-C端⼦でスマホに接続し、無料でダウンロードできる専⽤アプリ「OMNI shot mini」を起動すれば操作が可能。

撮影画像は、4つのビューモード(フィッシュアイ、パノラマ、リトルプラネット、クリスタルボール)で閲覧でき、各モードで基本のスワイプのほか、VR、ジャイロ効果を有効にすることができる。

また、YouTube/Facebookでは、専⽤アプリ「OMNI shot mini」から360°動画のライブ配信もでき、保存した360°画像はLINEなどでも共有可能。重さは約30gと軽量で、本体をキズや汚れから守る専⽤ポーチ、クリーニングクロスが付属しているため持ち運びにも適している。

なお、付属の変換アダプターを使⽤することで、USB micro-B端⼦のスマートフォン、タブレットでも使⽤が可能となる。

 
 
▲(左)製品外観
 (右)付属品:USB Micro-B変換アダプタ、リセットピン、専⽤ポーチ、クリーニングクロス

 
●製品仕様
対応機種:USBホスト機能に対応したAndroidスマートフォン、タブレット
対応OS:Android 6.0以降
受像素⼦:1/3型 CMOSセンサー×2
センサー総画素数:408万画素×2
撮影画⾓:⽔平360°、垂直360°
静⽌画 記録画素数:4.5M(3008×1504)
動画 記録画素数:3K(3008×1504)、2.5K(2560×1280)、2K(1920×960)
ライブストリーミング 出⼒画素数:2560×1280/30fps
最⼤フレームレート:30fps
エクスポート形式:静⽌画:JPEG、動画:MP4(MPEG-4 AVC)
撮影モード:静⽌画、動画、ライブストリーミング
⼿ぶれ補正機能:有り
露出補正:オート+マニュアル補正機能搭載(-2.5EV〜2.5EV、1/4EVステップ)
ISO感度(標準出⼒感度):オート
ホワイトバランスモード:オート
シャッタースピード:オート
撮影時機能:セルフタイマー撮影、フィルター撮影、美⽩フィルター撮影
レンズ画⾓:210度×2
レンズ焦点距離:1.2mm(35mm判換算8.6mm相当)
レンズF値:F2.4
撮影距離:10cm〜∞(レンズ先端より)
カメラ本体インターフェイス:USB Type-C
動作時環境条件:5〜40&#8451
外形⼨法:幅40.5×奥⾏き40×⾼さ46.5mm
質量:約28g
付属品:USB Micro-B変換アダプタ、リセットピン、専⽤ポーチ、クリーニングクロス

※Android 6.0以降に対応、USBホスト機能に対応した機種で使用可能。(対応機種はホームページ参照)
※撮影内容やスマートフォン、タブレットの処理能力の不足により、3K解像度を選択した場合に正しく録画できない場合あり。その際は、2.5K解像度で利用が可能。
※専用アプリはAndroidに対応。

 
(TEXT by 高橋佑司)

 
●関連リンク
エレコム