VIRTUAL GATE新作「FGO VR」「The Outer Foxes」をネカフェで体験 VRでボードゲームの可能性を実感!

LINEで送る
Pocket

インターネットカフェ向けのVRプラットフォーム「VIRTUAL GATE」では、4月5日よりVRドラマ「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト」の配信をスタートした。また、4月26日からは、VRボードゲーム「The Outer Foxes」が遊べるようになる。この4月にリリースする新作の体験会に参加してきたので、主にThe Outer Foxesについてレポートしていこう。FGO VRについては、過去記事を参照のこと。

「FGO VR」、4月5日よりVIRTUAL GATEで配信 ネットカフェで利用可能に
「視線で心を読む」VRボードゲーム VIRTUAL GATEにて配信決定
「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト」先行体験レポ マシュの北半球がブレイブチェイン!?
Unityだから追求できた「マシュがいる感」 「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト」開発秘話【Unite】
開発陣のこだわりが炸裂! 胸の揺れは手動調整 「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト制作秘話」【CEDEC 2017】
特別な日常を5秒に1マシュで体験 「Fate/Grand Order VRを支える、非常識な発想術」【CEDEC 2017】

 

対戦相手が「目の前にいる」という新感覚

VRゴーグルといえば、2016年の「元年」をきっかけに日本でも知名度がグッと上がってきたガジェットだ。かぶると視界いっぱいに映像が広がって別世界にいけるという体験がスゴいのだが、一方で知っていてもかぶったことがないという人もまだまだ多い。

展示会などのVRデモは行列ができているうえ時間が限られているし、いきなり高額な機器を買うのもちょっと……という方々にぜひオススメしたいのが、ネットカフェでの体験だ。VIRTUAL GATEでは、ネットカフェの入店料とは別にVR機器のレンタル料として300円を払うことで、有料・無料を合わせて500本以上のVRコンテンツをじっくり試すことが可能だ。

 

VIRTUAL GATEは、2017年時点でいち早くキズナアイをイメージキャラクターに起用したことでも話題になった。

 

その新作であるThe Outer Foxesは、ボードゲーム「ガイスター」を基にしたネットワーク対戦も可能な2人用ゲームだ。

 

 
 
プレイヤーはそれぞれ8つのコマを有しており、4つが青いコマ、4つが赤いコマとなっている。相手からは自分のコマの色が見えない状態になっており、まず縦6×横6マスの盤面のうち、手前中央の縦2×横4マスの範囲に青/赤のコマを自由に配置する。

ゲームをスタートしたら、交代で好きなコマを前後左右に1マスずつ移動し、相手のコマを取ったり、自分のコマを取られないように回避していく。そうして下記3条件のいずれかを満たせば勝利となる。

・相手の青いコマをすべて取る
・自分の赤いコマをすべて取らせる
・敵陣の角にある青いエリアに青いコマを移動して逃す

 

 
実際に遊んでみたが、意外と深いゲームだということを実感した。ルールを元に自分がどう勝つかを想像して、今回は赤を全部取らせる戦術にしようと、赤いコマを前衛に並べて特攻させることにした。

盤面が6×6なので、お互いに前衛を動かした8〜10手あたりからコマの取って取られてが発生するわけだが、当然相手も序盤は取られることを想定していて赤いコマをよこしているわけだ。その敵の前線に直面した際、自分で取っていくか、あえて取らせるか。仮に自分が先攻で、相手の前衛がすべて赤だった場合、全部取ると負けてしまうわけで、その心の読み合いになる。

さらにVIRTUAL GATEで使っているVRゴーグルが視線追跡に対応している「FOVE」なので、オンライン対戦の場合は相手の視線から推測して高度な心理戦を展開できる……のだが、正直、初めてプレーした限りでは、次の一手を考えるのに手一杯で相手の顔まで見ている余裕がなかった(クソ雑魚感……)。

そもそも異空間でボードゲームを遊べること自体がとても楽しい。自分がいる場所はもちろんネットカフェなのだが、VRゴーグルをかぶると和室にいて、目の前に盤面があり、向かい側に相手プレイヤーがいる。この人や物が本当に目の前にあるように錯覚してしまうのが、VRならではのよさだと再確認できた。ちなみにプレイヤーが選べる男性キャラ「グレゴール・ヴァイス」声優はの河本啓介さん、女性キャラ「安倍葛葉」は三森すずこさんが担当している。

 

並んでネット対戦するとこんな感じになります。

 
ぶっちゃけネットカフェには優良な暇つぶしが求められるわけで、将棋や囲碁、麻雀といったルールがシンプルで延々と遊べるテーブルゲームとの相性はとてもいい。もちろんスマホアプリで出ているが、テーブルゲームはやっぱり目の前にテーブルがあって、その周囲にかわいいキャラクターやオンライン対戦している人がいてほしいわけで、そこでVRでやる意義が出てくる。個人的には、古き良き脱衣麻雀あたりとのVR&ネットカフェとの相性がとても良さそうな気がするが、VR開発会社の方々いかがでしょうか。

The Outer Foxesは、4月26日から5月31日まで全国の「VIRTUAL GATE」対応インターネットカフェにて無料で遊ぶことが可能だ。ぜひまだVRを体験したことがない人は、ぜひ遊んでみてほしい。

 
 
(TEXT by Minoru Hirota

 
 
●関連リンク
The Outer Foxes
VIRTUAL GATE