KAWAII文化やCM撮影の活用など、VRChatのスゴい今を知ろう 明日25日は「Tokyo XR Meetup」に集合!

LINEで送る
Pocket

VRの普及を加速させるキラー体験は何なのか──。

VR元年と言われた2016年から試行錯誤の末にさまざまなアプリがリリースされてきたわけですが、その中でもここ数ヶ月、VR業界で見逃せないほどの大きな動きとなっているのが、ソーシャルVRサービスの「VRChat」です。

PANORAとTokyo XR Startupsで明日の4月25日19時40分より開催するトークセッション「Tokyo XR Meetup」では、そんなVRChatをテーマにしたアツいレポートをお届けします。

 
*チケットのお申し込みはこちら → 「Tokyo XR Meetup #22 VRChatはソーシャルVRのパイオニアになれるか!?」

 
数あるソーシャルVRサービスの中、なぜVRChatが多くのユーザーを惹きつけているのかといえば、ひとつはカワイイ女の子など、別人になりきれるという点にあります。またアバターやワールドのカスタマイズ性の高さも大きな特徴で、中には毎日数時間滞在するほどハマっている人も多いとか。

PANORAでも何度か記事で取り上げてきましたが、非常にユニークな文化がここで生まれています。

ソーシャルVR「VRChat」、ユーザー数300万人に到達
VRChatの住人に聞く「現実は不便」のリアル(前編) バーチャルはリアルと置き換えられる
VRChatの住人に聞く「現実は不便」のリアル(中編) 女の子の寝顔がカワイイ「VR睡眠」の魅力
VRChatの住人に聞く「現実は不便」のリアル(後編) 「リア活」を引退宣言したDJ SHARPNELの挑戦
バーチャルYouTuber「のらきゃっと」、ガチ恋な新モデル公開 ねこます氏とVRChatで収録のコラボ動画も
セガ、VRChat内で撮影した「コトダマン」プロモムービーを公開 「のじゃおじ」も出演

 

あまりにも新要素が次々と飛び出すため「今週の技術革新」と呼ばれることもありますが、その原動力となっているのが、VRChatの自由度の高さに惹かれて集まってきて、さまざまな才能を発揮しているクリエイターたちです。

そんな中から、メディアアーティストの坪倉輝明氏とアートディレクターの澤江美香さんをお招きして、トークセッションをお送りします。個人的に興味深いのが、澤江さんが担当された「コトダマン」のVRChat内のPV撮影です。現実とVRChatでのPV撮影におけるコストや工数はどれくらい変わってくるのか。実際にやってみた立場からいろいろと語っていただきます。

 

3Dスキャンをした「リアルバーチャルアバター」の持ち主としても著名な坪倉輝明氏。

 

コトダマンのVRChatでのCM撮影を仕掛けた澤江美香さん。

 
 
今そこにある未来が語られますので、ぜひみなさまのご来場をお待ちしております。

 
 
●関連リンク
チケット販売ページ(Peatix)
VRChat

LINEで送る
Pocket

VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ