KDDIと米ODG、とスマートグラス開発で戦略的パートナーシップを締結

LINEで送る
Pocket

KDDiは4月26日、米ODG(Osterhout Design Group)と日本国内におけるxR技術を活用したスマートグラスの企画・開発を共同で推進する戦略的パートナーシップを締結した。

KDDIは、5Gの普及がもたらす変化を見据え、xR技術による時間と空間を超える体験の創出に向けて、2018年6月以降、日本国内においてさまざまなパートナー企業とともにスマートグラスを活用した実証実験を推進するとしている。

 

▲R-9はクアルコム製のSnapdragon 835を搭載。単体での位置トラッキングに対応したAR/VRアプリケーションを利用可能。視野角は50°で、ハリウッド映画などの映像再生クオリティを認証する「THXディスプレイ規格」をスマートグラスで初めて取得している。

 

▲発表会場で展示されていたR-9


▲クリックで拡大

 

▲同時に展示されていたR-8


▲クリックで拡大

2018年夏、羽田空港でJALと実証実験

今回のパートナーシップ締結により、KDDIはODGが開発した「R-9」をベースに、国内利用に向けた対応をサポート。また、日本人向けデザインへのカスタマイズおよび、可能性を実証実験を通じて追求していくとのこと。

具体的には2018年夏に期間限定で日本航空(以下、JAL)と連携。羽田空港国際線ターミナルのJAL国際線サクララウンジ・スカイビューにおいて、希望する利用客にスマートグラスを貸し出す。それをかければ、スマートグラス越しの目の前に広がる大きなスクリーンで、複数種類の映像を楽しめるという。

また両社のコメントも発表されているので、下記に紹介する。

KDDI 商品・CS副統括本部長 山田 靖久氏
「当社は、5G時代を見据え、世の中を楽しくするために、『通信とライフデザインの融合』を推進しています。その過程において、xRは欠かせない技術だと考えており、今回、ODGとのパートナーシップを通じて、お客さまが”ワクワク”する体験価値を創造していきます。今後も、あらゆる分野において、パートナー企業とともにxR技術を活用した実証実験を通じて、5G時代における新たなビジネスモデルの共創を推進していきます。」

ODG COO ピート・ジェイムソン氏
「スマートグラスは日本で近く大きな市場になるでしょう。我々は、世界における大手通信会社のひとつでもあるKDDIと、この領域で次世代のモバイルコンピューティングの実現に携われることを大変光栄に思っております。」

 
●スマートグラス「R-9」の主な特長
・重さ約181g
・50°の広い視野角
・シネマワイド22:9と16:9表示に対応
・デュアルステレオカメラ搭載
・約1300万画素のフロントカメラ搭載
・クアルコム製Snapdragon 835搭載
・6DoF(Six Degrees of Freedom)対応
・SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)対応

 
(執筆 花茂未来

 
●関連リンク
KDDI

LINEで送る
Pocket

黒い砂漠バーチャルクリエイター応援キャンペーン ArcheAgeバーチャルクリエイター応援キャンペーン
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ