G-Tune、xR展示に最適なミニタワーPCを税抜10万円台から発売

LINEで送る
Pocket


マウスコンピューターは、ゲーミングPCブランド「G-Tune」の 「LITTLEGEAR」シリーズより、第8世代インテルCPUを搭載したハンドル付きコンパクトゲーミングデスクトップパソコン「LITTLEGEAR i330BA1-MD」を販売開始した。

 
第8世代インテルCPUは前世代のCPUと比べて、最大4コアから最大6コアとなることでマルチタスク処理に優れており、ゲームの描画処理で多用される物理演算なども、増加したコアによる並列実行で効率よく高速に処理できる。シャーシは省スペースと高性能を両立するため、最新のハイスペック構成となるインテルCore i7-8700Kプロセッサーと、GeForce GTX 1080 Tiを搭載しても十分冷却できるオリジナル設計の「LITTLEGEAR」シリーズを採用した。

 
本体の上部にハンドルを設置しており、取り回しがしやすく、ゲームやxRコンテンツの体験など、イベント機材としての活用にも適している。夏場、高温になりがちなイベント会場ではノートパソコンよりも冷却性が期待できる「LITTLEGEAR」のようなミニタワータイプという選択肢もありだ。もちろん、自宅での利用においても、リビングや自室での設置場所の移動など、コンパクトな本体を活かした幅広い用途に使用できるモデルとなっている。

 

オススメはゴールドモデル以上

 
G-Tuneシリーズは性能ごとにブロンズ/シルバー/ゴールド/プラチナとモデルが別れている。このうちブロンズモデルの価格は8万9800円(税抜)からだが、xR関連の処理で重要となるグラフィックスカードはGTX 1050。シルバーはGTX 1060、ゴールドはGTX 1070、プラチナはGTX 1080、プラチナカスタムがGTX 1080Tiとなっている。

HTC VIVEの必要動作環境は最小でもグラフィックスボードにGTX 970以上(現行製品に当てはめるとGTX 1060以上)、Oculus Riftは最小GTX 1050Ti以上で推奨するのはGTX 1060以上となっている。

そのため、グラフィックスボードにGTX 1060以上を搭載し、VR Ready PCとなっているシルバーモデル(税抜10万4800円から)以上がxR用途には適している。

ただ、4月23日に発売したVIVE Proを視野に入れる場合、こちらも公式発表では最小でGTX 970以上を要求するが、表示解像度の向上でVIVE以上の処理能力が必要となる。実際、HTC VIVEの香港サイトでは必須スペックの項目でGTX 970以上としつつも、「Recommended graphics for the best experience is NVIDIA GeForce GTX 1070/Quadro P5000 or above, or AMD Radeon Vega 56 or above」とあるとおり、GTX 1070以上を推奨している。

以上のことから、xR用途であればGTX 1070搭載のゴールドモデル以上がオススメだ。

 
●プラチナモデルカスタム「LITTLEGEAR i330PA1-SP」のスペック
・発売日:4月26日
・価格:20万4800円(税抜)
・OS:Windows 10 Home 64 ビット
・CPU:インテル Core i7-8700プロセッサー
 (6コア/3.20GHz/TB時最大4.60GHz/12MBスマートキャッシュ/HT対応)
・CPUファン:LGA 1151用
・グラフィックス:GeForce GTX 1080 Ti(ビデオメモリ11GB)
・メモリ:16GB PC4-19200 DDR4-DIMM(8GB×2)/最大32GB(16GB×2)
・ストレージ:
 - SSD なし(BTO にてNVMe 対応M.2 SSD 追加可能)
 - HDD 1TB 7200rpm(6Gbps/Serial ATA 接続)
・チップセット:インテル B360チップセット
・カードリーダー:なし
・光学ドライブ:BTOにて追加可能
・サウンド:ハイデフィニション・オーディオ
・その他:
 - I/Oポート
  PS/2マウス/キーボード ポート×1(背面×1、Mini DIN 6ピン)
  USB 3.0ポート×4(背面×2、前面×2)
  USB 3.1ポート×2(背面×2)
  HDMI×1(背面×1)
  DisplayPort×3(背面×3)
  LAN ポート×1 10/100/1000Mbps ギガビットLAN(背面×1)
 - サウンドI/Oポート
  マイク/ヘッドフォン×1(前面×1)
  ラインイン/ラインアウト/マイクイン×1(背面×1)
・拡張スロット:PCI Express×16 スロット×1(空き×0)
・拡張ストレージベイ:3.5インチシャドウベイ×1(空き×0)、2.5インチシャドウベイ×3(空き×3)、スリムODDベイ×1(空き×1)
・電源:700W電源(80PLUSR Gold)
・重量:約8.2kg
・本体寸法(幅×奥行き×高さ):
 - 178×395×298mm(本体ケースのみ)
 - 178×395×330mm(ハンドルを含む)
 - 178×420×330 mm(光学ドライブ使用時)
・保証期間:1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

*お詫びと訂正…xR用途に適したモデル紹介について、タイトルおよび本文を一部変更いたしました。誤解を招く内容となってしまい、大変申し訳ございませんでした。訂正してお詫び申し上げます。(2018年4月27日15時)

 
(TEXT by 津久井箇人 a.k.a. そそそ/編集 花茂未来

 
●関連ページ
G-Tune ウェブサイト
LITTLEGEAR i330シリーズ 製品ページ

LINEで送る
Pocket

DR-701D VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ