キャラたちに感謝されて涙が出た──ねづみどし・小林銅蟲 出演「月ノ美兎の朝まで起立しナイト」レポート

LINEで送る
Pocket

「お母さん」に嫌われてなくてよかった

続けて登場したのは、イラストレーターで、月ノ美兎ちゃんや樋口楓ちゃん、鈴谷アキくん、モイラ様といったにじさんじのキャラクターを手がけたバーチャルプロデューサーの「ねづみどし」さん。巷では「ねづみどしママ」を呼ばれ、委員長も「お母さん」と呼んでいるが男性だ。

 

「これまでの振り返り」というテーマでは、キャラクターの誕生秘話と委員長のママに対するアツい思いが語られて、感銘を受けているファンも多そうだった。

 
ねづみどし先生 いやー、まだこうして話すのは慣れないですね。

委員長 本当ですか? まぁでもお話ししたことがなかったですからね。

ねづみどし先生 超会議のバーチャルYouTu”BAR”が初めてでしたね。

委員長 バーチャルYouTu”BAR”以来なので、そりゃ慣れないですよね。

ねづみどし先生 あれに出演したあとにTwitterのダイレクトメッセージやLINEに「お前?」みたいなメッセージがいっぱい来ました。

委員長 親からは来たりしましたか?

ねづみどし先生 実の母親からですか? 実の母親は僕の仕事をあまり理解していないみたいで、とりあえず絵を描いてお金をもらっているのだけ知っているみたいな。たまに「今描いているの見せてよ」と言われたりもするんですが、そのときやっていたのがちょっと……だったので、「いやちょっと僕もよくわかってないんだけど」って。

委員長 (笑)。みんなそうやって誤魔化すんだ、18禁のは。「自分も自分で何をやっているのかわからねぇ」みたいな。なるほど、なるほど。ちなみに私は親の方には、とりあえず怪しいアレじゃないからと……。

ねづみどし先生 重要ですよね。

委員長 ちゃんと、ニコニコ公式生放送とかが記事になっているニュースサイトとかを見せて、「こういうちゃんとメディアに認知されているちゃんとしたやつだから」というと、「はぁいろいろやっているのねー」と。

ねづみどし先生 僕もコンプティークのCMとかで、ミライアカリさんの横にポンって出ていたり、ニュース番組とかで写っていたりするのを見せると驚きます。

委員長 (中略)そう、振り返りですよ。まずこの器……なんて説明すればいいのかわからないいのですが、まずこの姿ありきで私が出会ったわけですよね。

ねづみどし先生 僕はバーチャルプロデューサーですから、バーチャル空間でお会いしたわけですよね。

委員長 そうそうそう。私が晴れて娘になったわけです。

ねづみどし 「にじさんじ」という企画が始まって、私がバーチャル世界に行ってみなさんとお会いした。キャラクターデザイナーじゃなくて、バーチャルプロデューサーですからね。

委員長 実際プロデュースといったらプロデュースですからね。

ねづみどし先生 そこは死守してまいりますから。

委員長 そうそうそう。で、なんか私の魂が乗ったときになんて思いましたか?

ねづみどし先生 なんて思った?

委員長 なんか……こういう人間だよ、って。

ねづみどし先生 あー。活動を開始するときに、Twitterで静止画の状態から動き出すって動画をあげたじゃないですか。それを見た段階だと「ああー、とうとうこの動き出した命が入ったな」と感動したんですが、その次の動画を見たときには「これ大丈夫なの?」みたいな。実は「ムカデ人間」を知らなかったんです僕。

委員長 えっ、はい。

ねづみどし先生 で、「ムカデ人間」が何なのかネットで調べて、画像を開いて、パッと閉じて「ヤベェな」って。

委員長 (笑)。いやー、その節は申し訳ありませんでした。

ねづみどし先生 僕は素晴らしいと思いますよ、本当に。

委員長 受け入れられていたようで本当によかったです。私は、お母さんどう思っているんだろうと気になっていたんですよ。自分がこういう感じじゃないですか。当初の予想とはだいぶ外れたんじゃないか、これはお母さんはどう思っているのかというのはだいぶ気になってました。私が安心したのが、お母さんが生配信されていたじゃないですか。それで私を描いていたときに、後ろに洗濯機と洗剤があって……。

ねづみどし先生 ああ、洗濯機、洗剤、Macを描きましたねー。

委員長 そう、Macがあって、「あっこれは嫌われてない。よかったー!」って思って。

ねづみどし先生 本当すごいんですよ。月ノ美兎さんという文字列だけで洗濯機が浮かんでくるっていう。

委員長 それ……。褒めていただいてるんですよね?

ねづみどし先生 もちろん。洗濯機といえば月ノ美兎さんになりましたから。

委員長 多分これ、私以外にも楓ちゃんとかが気になっていると思うんですが、お母さんは今の私たちを……なんかその、ちゃんと好意的に見てもらっているのかという。

ねづみどし先生 それはもちろんですよ、僕本当に放送全部見ているので。

委員長 ああ、それは本当によかった。本当によかった。

ねづみどし先生 1月ににじさんじのプロジェクトが始まって、初めてTwitterのアカウントがつくられたんですよ。で、その瞬間は僕は知らなくて、Twitterを何気なくのぞいて通知欄を押したら、見たことある月ノ美兎さん、鈴谷アキくん、モイラ様、樋口楓さんの4人の顔がポンって並んでいた。瞬間2秒ぐらい頭が止まったんですけど、その後にスゴく感動して、「あっ動き出したんだ」みたいな。僕は1月ぐらいから関わらせていただいて、そのときに買ったモンハン(PS4「モンスターハンター:ワールド」)のアイルーの名前を軽率な気持ちで「ミト」にしちゃったんですよ。

委員長 へー。

ねづみどし先生 ちょうど発表される前に僕のパソコンの画面に映っていたのが月ノ美兎さんだったので、ミトという名前になったんですが、これあとあとから気持ち悪い人だと思われないかなって。

委員長 いやでもマイキャラですからね。

ねづみどし先生 痛い人だと思われないかなって、その話はなるべくしないようにしてるんですけど。

委員長 おかしい話ではないですからね。

ねづみどし先生 でも本当になりたい自分になっていただいて、僕はすごく感動しています。

委員長 あー、それは嬉しいですね。ねづみどしさんを生放送で初めて見たのは、楓ちゃんとコンタクトとりながらだったと思うんです。

ねづみどし先生 それで月ノ美兎さんがアカウントがバグってコメントができないみたいなことを言ってましたよね。

委員長 そうそうそう。楓ちゃんが絵を描いている絵と、私の洗濯機の絵を同時進行みたいな形で描いていたじゃないですか。楓ちゃんと二人で「どうすればいいの」みたいな話し合いをしながら見ていて、「よかったー。嫌われてなかった」って言ってたんです。なんかもうすごい我が道を行ってしまったので、お母さんはどう思っているんだろうと、楓ちゃんも同じことを思っていたというのがそこでわかったので。

ねづみどし先生 でも、でろーん(楓ちゃんのあだ名)さんの絵ってスゴいじゃないですか。

委員長 スゴいですね。

ねづみどし先生 あのひと目見たら忘れられない絵って、イラストレーターからしたら羨ましい限りで。

委員長 褒めてますよね?

ねづみどし先生 はい。だから使わせていただきました。こちらこそ本当にありがとうございますという感じで。

委員長 いえいえ。本当にねー。そう、最初に私がTwitterにあげた動画の裏話をすると、一番初めに何かYouTubeに動画を上げてくれと言われたんです。本当はそれさえやればよかったんですが、自分はどうしても静止画から2Dに動かす演出をやりたくて、動画をつくったあとにいちからさんに「同時にTwitterに上げたい動画があるんですけど」と送って、「いいですよ」と返事が来たので、じゃあこれをやったあとにYouTubeにあげますと公開したんです。

ねづみどし先生 いや、でもバッチリで最高でした。

委員長 そうまで褒めていただけるとありがたいですよね。まだ振り返り足りてない場所ってありますか? だいぶ初期の話でしたからね。

ねづみどし先生 あー、でも僕、「あきでろもいみと!」。あれを見ていて、「ロボとーちゃん」(映画「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」)を見たぶりに泣きましたね。

 

 
委員長 いやー、それはよかった……。

ねづみどし先生 最初3人が決まっていて、「今日は待ちに待った日だ」とTwitterでツイートしたのをでろーんさんが拾ってくれたみたいで4人が揃って、すごく……。

僕が高校生の頃、イラストレーターを目指し始めて最初の目標が、僕が描いたキャラに声が付くだったんです。それがかなって、次の目標も考えていたんですが、キャラたちに感謝をされるというのは僕が想像していたものの先の先の先ぐらいにあったもので、衝撃が本当にすごかった。だって自分のキャラがアニメ化したからといって、キャラが作者にお礼を言うなんていうのは、昔のドラえもんであったかもしれませんが、それぐらいのレベルなんです。

委員長 作者が死んだときとかはあるかもしれませんね。

ねづみどし先生 作者のところに届かない状態で感謝されることはあるかもしれませんが、そういうのを体験できたというのは本当に感動してしまって。画面を見ながら納期が近いというのに仕事の手を止め、画面を食い入るように見て涙を流して天を仰ぎ、終業にして僕は寝ました。

委員長 本当にそれはありがたいし、話を持ちかけたのは楓ちゃんだったので、楓ちゃんに言っておきたいですね。

ねづみどし先生 それでいうと、僕はバーチャル世界でいちばん最初にお会いしたのが、でろーんさんだったんです。次が月ノ美兎ちゃん、次が鈴谷あきさん、次がモイラ様という順番で、でろーんさんがやってくれたのはそれはそれで嬉しかったですね。

委員長 そうですねー、本当にね。あれでTwitterで泣きましたみたいなのを見て……。

ねづみどし先生 涙出ましたって書きましたね。

委員長 そうそう、それで放送終了後の二次会で「ねづみどしお母さん泣いたって!?」みたいな話になってました。

ねづみどし先生 ありがとうございます。本当に。

委員長 ここに来てくださった皆様のおかげでもあります。

ねづみどし先生 本当ですよね。リスナーさんが増えに増えてくださった結果でもありますからね。

 

さらに「月ノ美兎、ねづみどしママ今後どうしたいか」というテーマなどでトークが進んで行く。月ノ美兎ちゃんに憧れて、にじさんじの2期生である剣持刀也くんや鈴鹿詩子さんがバーチャルライバーになったこと、さらに外部の某バーチャルYouTuberグループで委員長の知り合いの知り合いがデビューしていたことなどが明かされて、会場を驚かせていた。

 

その後、抽選会を実施し、ねづみどしさんの描き下ろしイラスト3枚のほか……。

 

月ノ美兎ちゃんのサイン入り色紙1枚もプレゼントされた。

 

最後は3人揃ってお別れの挨拶。

月ノ美兎ちゃんは「本日リアルイベントとのことで、たくさんの方々に本日来ていただけまして嬉しかったです。なかなかの緊張度合いだったのですが、とてもみなさんが暖かくて、笑ってくださるのも全部聞こえてました。その暖かい空気と、お二人のトークにたくさん助けられたなと感じております、またリアルイベントなどをやる機会がありましたらよろしくお願いします」とコメント。

最後は「みなさん行きますよ〜。 きりーつ! れい!ありがとうございましたー!着席!以上、月ノ美兎がお送りしました〜」と締めくくって、その日一番の拍手を集めていた。

 

エンディング後は、そのまま委員長の過去動画がぬるっと流れ始める。名シーンをみんなで見ながら同じタイミングで笑う……というこの鑑賞会もとてもよく、笑顔に包まれたままイベントは大団円を迎えた。

 
 
(TEXT by Minoru Hirota

 
 
●関連リンク
月ノ美兎の朝まで起立しナイト(仮)
月ノ美兎(YouTube)
月ノ美兎(Twitter)
小林銅蟲(Twitter)
ねづみどし(Twitter)

LINEで送る
Pocket

DR-701D VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ