ワンダーリーグ、VTuber撮影・配信ソリューション「アニコン」を7月発売

LINEで送る
Pocket


ワンダーリーグはバーチャルYouTuber向けに独自開発した撮影・配信ソリューション「アニコン」を7月より発売する。iPhone XとBluetoothコントローラー1本を組み合わせるだけで、高価な機材を使わずに撮影・配信が可能となる。

 
ハイクオリティなVTuberの運営の立ち上げには、高性能パソコンやモーショントラッキングシステム、VRデバイスなど、おおよそ50万円程度の高価な機材に加えて、それを扱うための撮影管理ソフトや技術スタッフの人件費など、すべてあわせると100万円くらいになることも。そのため、現状VTuber市場に参入しているのはIT系企業が大半を占めており、初期投資費用は一般企業によるプロモーション用途、あるいは新規事業参入の障壁になっていた。

 
この問題を解決すべく、ワンダーリーグはiPhone XとBluetoothコントローラーの組み合わせだけで、表情と上半身の動作撮影を可能にする安価なシステムとして、3Dアバター操作システム「アニコン」を開発。PCや専用機材・専用ソフトを使わずに、3Dモデルをリアルタイムで動かして収録でき、同時にFacebookストーリーズやYouTube LIVEをはじめとするライブ配信も可能となる。


▲Bluetoothコントローラー

 
「アニコン」には、ワンダーリーグ独自のAR/VRコントローラ開発プラットフォーム「VROOM(ヴルーム)」を利用する。VROOM対応のBluetoothコントローラーを1個を使って、表情や動作をジョイスティックで操作。同時に、演出や背景切り替えといった細かな表現を実現している。さらにiPhone Xの顔認識カメラ機能を使って顔の向きや表情をトラッキングする仕組みとなっている。

 

▲操作デモ(縦画面撮影バージョン)

 

▲操作デモ(横画面撮影バージョン)

 
グリーンピース提供のゆるキャラ「そらまめくん」がアニコン採用第1号として決定しており、全国で1000体以上が活躍する「ゆるキャラ」や、これからVTuberデビューを考えているタレントプロダクションや声優事務所へ向けての販売を計画。初年度300セット販売を目指すとしている。


▲グリーンピース提供のゆるキャラ そらまめくん

 

3Dアバター操作システム アニコン

・発売時期:7月予定
・価格:
 - お試し版「アニコン・ライト」 4万8000円
 - 3Dアバターカスタマイズ版「アニコン・ミドル」 17万8000円
 - フルカスタマイズ版「アニコン・フル」 38万円
 ※Bluetoothコントローラーは1個4800円(別売り)
・購入方法:ワンダーリーグ ウェブサイトより申し込み

【パッケージ】
・アニコン・ライト:指定キャラクターをコントローラーで操作してSNS配信が可能
・アニコン・ミドル:アニコン使用社が保有する3Dモデルを設定したオリジナルアプリを用意
・アニコン・フル:自由にコントローラー設定やモデルの動作設定が可能

 
(TEXT by 津久井箇人 a.k.a. そそそ

 
●関連記事
スマホで表情と上半身トラッキング! ワンダーリーグがVTuber撮影ソリューションを6月から提供

 
●関連リンク
ワンダーリーグ ウェブサイト

 
(C)Unity Technologies Japan/UCL

LINEで送る
Pocket

黒い砂漠バーチャルクリエイター応援キャンペーン ArcheAgeバーチャルクリエイター応援キャンペーン
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ