シリコンスタジオがVR技術の取り組みを加速 各種イベントにて技術デモを公開

LINEで送る
Pocket

シリコンスタジオは5日、VRをさらに活性化するため保有するリアルタイムCG技術をVR分野に応用し、同市場のコンテンツ制作企業に向けて新しいソリューションを展開していくと発表した。対象となる業界は幅広く、基盤を置いているゲーム・映像に加え、建築や自動車、製造など非エンターテイメント業界にも積極的に展開していくと説明している。
 
1_0000
シリコンスタジオのリアルタイムレンダリングエンジン「Mizuchi」の技術デモ「Museum」のVR版。光の反射を正確に扱うことで実写に迫る描写を実現したとのこと。

 
現在ではキャドセンターと連携し建築・住宅業界向けのVR技術デモの開発にも取り組んでいる。VRの技術デモは、2016年に開催される各種イベントにて公開予定だ。

 
6月22~24日 第24回 3D&バーチャルリアリティ展
6月29日~7月1日 第2回 先端コンテンツ技術展
7月5、15日 GTMF2016(Game Tools & Middleware Forum)
8月24〜26日 CEDEC 2016(Computer Entertainment Developers Conference)
9月15、16日 東京ゲームショウ2016
 
●関連リンク
ニュースリリース
シリコンスタジオ
キャドセンター

LINEで送る
Pocket