4/20 「VR元年」の最初の3ヵ月をまとめて学べるセミナーを緊急開催!!

LINEで送る
Pocket

01

ついにOculus RiftやHTC Viveが出荷されて、「VR元年」が始まった感が出てきた昨今。この1〜3月においても国内外でもVRに関係するイベントが目白押しで、新情報がどんどん出てきております。PANORAでも記事を書いておりますが、どんどんニュースが増えており「ドッグイヤー」に突入した実感があります。

 
一方で、VRの企画や開発にかかりっきりですと、意外と最新事情を見逃しがちです。そこでPANORAでは、4月20日19時より「最新VR事情が一気にわかる!! 2016年1〜3月海外イベントまとめ」というセミナーを緊急開催させていただくことになりました! 場所は渋谷ヒカリエ34F のKDDI会議室。チケット価格は1500円で、参加申し込みは下記ページからになります。

 
申し込みページ(peatix)

 
ジャンルとしても業界を俯瞰できるように、海外イベントをベースに下記の4本立てにしております。

 
1月「CES 2016」……家電
2月「MWC 2016」……モバイル
3月「GDC/VRDC 2016」……ゲーミング
3月「SXSW 2016」……コンテンツ

 
セミナーの講師陣も、ベストな方々を揃えさせていただきました。

 
CESは、元週刊アスキー総編集長、デジタルハリウッド大学教授の福岡俊弘様。家電という枠組みで見て、VR機器とそのコンテンツはどう発展していきそうか。長年IT業界を見続けて、90年代のVRブームも取材してきた福岡様の知見を共有いただきます。

 
MWC 2016は、「スマホ」の言葉の生みの親で、モバイル業界を最前線で取材している週刊アスキー編集者の矢崎飛鳥(ACCN)様。今年のMWCでは、サムスン電子やHTC、LGエレクトロニクスなど、VR機器と360度カメラが多く発表されたわけですが、その現地の活況を伝えていただきます。

 
GDC/VRDC 2016では、4Gamerを中心に3Dグラフィックなどの記事を多数寄稿しているテクニカルジャーナリストの西川善司様。VRで快適な体験を実現するためには、特にグラフィック周りの知識が必要になります。今知っておくべきことは何か、最新事情をまとめていただきます。

 
SXSW 2016は、KDDIでVRサービスを開発している、商品・CS統括本部 商品企画部 商品戦略3G グループリーダーの上月勝博様。KDDIは今年、SXSW 2016にHTC Viveのデモ(下記動画)を出展しましたが、日本を飛び出して海外イベントにVRを出展したという例は希少です。現地で体験できたVRコンテンツの傾向に加えて、出展にまつわる苦労や展示のコツなども語っていただきます。各セッションでは、会場からの質問タイムも設ける予定です。

 
 
●会場までの行き方

 
02
渋谷のヒカリエに入り、右手のエレベーターでオフィスフロアの受付がある11階に向かいます。

 
03
11階ではゲートのそばに受付を設けさせていただきます。スマホのPeatixアプリでログインするとQRコードが現れるので、受付にかざしてください。プレスやゲストの方は口頭でお伝えください。

 
04
ゲートを通ってエレベーターで34階まで上がります。

 
05
34階ではエレベーターホールを出て、すぐ右奥にKDDI様の入口があります。

 
06
扉を通ってKDDIロゴを右手に進むと、ガラス張りの会場入り口があります。

 
07
会場はこんな感じ。

 
08
ヒカリエ34階からの渋谷の眺めはスゴい。夜だとまた違った顔を見せてくれそうです。

 
 
●関連リンク
Peatix 申し込みページ

LINEで送る
Pocket