VR ADV「東京クロノス」、7人目のメインキャラ「街小路颯太」を公開!

LINEで送る
Pocket

MyDearestは、VRミステリーアドベンチャー「東京クロノス」にて、7人目のメインキャラクターである「街小路颯太」(CV. 植田圭輔)のキービジュアルとキャラ情報を公開した。

 
●新キャラクター「街小路颯太」

能天気でお調子者な皆のムードメーカー。
喧嘩っ早いことが欠点だが、明るく曲がったことが大嫌いな愛すべきバカ野郎。 仲間想いで、昔から仲間のピンチにはいつも真っ先に駆け付ける。

 
●CVは「植田圭輔」さんが担当

街小路颯太のキャラクターボイスは、舞台俳優などとして活躍している植田圭輔さんが担当する。舞台「弱虫ペダル」(真波山岳 役)などに出演し、「2.5次元俳優」とも呼ばれる植田さんが今回のVRアドベンチャーゲームでどういった演技を見せるのか、大いに注目である。

 

東京クロノスとは?

▲「東京クロノス」第1弾トレイラー映像

 
東京クロノスは、「画面の向こう側に行くADV」をコンセプトに、立体音響やヘッドマウントディスプレイを用いた表現で描き出す新感覚のVRミステリーアドベンチャー。(関連記事一覧

「ソードアート・オンライン」のプロデューサーを務めた三木一馬氏や、「楽園追放 -Expelled from Paradise-」のモーション監督を務めた柏倉晴樹氏など、ヒット作に携わったスタッフ陣が制作に参加。

また、シナリオは「謎好き乙女と奪われた青春」などを生んだ小説家・瀬川コウ氏が、キャラクターデザインはイラストレーターのLAM氏が担当し、パブリッシャーとして「CLANNAD」「ネコぱら」といったADV作品のSteamでのパブリッシュに携わったSekai Projectも参加している。

 
同作は7月10日より、開発資金と国内のプロモーション費用の補填を目的に、CAMPFIREにてクラウドファンディングプロジェクトを実施。目標金額は250万円に設定されていた同プロジェクトだが、開始からわずか17時間で目標を達成し話題となった。

なおクラウドファンディングは現在も続行中である。先日には新たにストレッチゴールの追加が発表され、支援金額が500万円に達した場合は「特製アートブック」の増量を行うとのこと。

 
また8月15日には、国内で最速のファンイベント、「『東京クロノス』制作共犯者ミーティングvol.0 -キックオフ編-」の実施も予定している。

声優の木戸衣吹さんなども出演するイベントの詳細については、こちらの記事を参照。

 
●ストーリー

いつから、なぜ、離れ離れになったのだろう?
小さなころ仲良しだった8人組。
その謎が明かされる時がきた。
時が止まった、誰もいない渋谷に、
8人が閉じ込められたことをきっかけに。
1人づつ消失していく異常な空間で。

—-−私は死んだ。犯人は誰?

 
(TEXT by 高橋佑司)

 
●関連リンク
「東京クロノス」制作共犯者ミーティングvol.0 -キックオフ編- チケットページ
東京クロノス 公式サイト
公式Twitter
開発ブログ

LINEで送る
Pocket

黒い砂漠バーチャルクリエイター応援キャンペーン ArcheAgeバーチャルクリエイター応援キャンペーン
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ