ヒーローのような爽快アクション! VRゲーム「BE THE HERO」配信日決定 店頭デモも実施

LINEで送る
Pocket

EXPVRは8月25日より、VRマンガヒーローアクションゲーム「BE THE HERO」のアーリーアクセス版を、Steamにて配信開始することを発表した。

また、配信開始に先駆け、8月4日よりゲームの戦闘システムを先行体験できる「BE THE HERO – Battle Demo –」を、一部のVIVE正規販売店にて展示する。

 

▲BE THE HERO – Early Access Battle Trailer

 
BE THE HEROは、VR空間で忍者ヒーローになって敵と戦うシングルプレイアクションゲーム。縦横無尽に広大なVR空間を駆け巡り、様々な必殺技を始めとしたソードアクションで敵を倒していくゲームプレイを楽しめる。

また、VRならではの立体的な視覚演出や音の演出を用いた「VRマンガ」による重厚なストーリーテリングにより、アクションだけでなく、物語にも没入して楽しむことが可能。

VRマンガによるストーリー体験とアクションパートのヒーロー体験がシームレスにつながることにより、まるでマンガの主人公になったかのような体験をすることができるとのこと。

 

▲腕を大きく振ってダッシュやジャンプが可能。刀を振って攻撃や、必殺技も繰り出せる。

 
本作は、EXPVRが独自に開発したプレイヤー自身が体を大きく動かして移動する「韋駄天システム」という操作方法を用いている。

VR酔いの対策の1つとして、実際に体を動かすことで酔いを低減する効果があるとされており、本作ではこの「韋駄天システム」によって酔いを生じにくくさせているのも特徴だ。

従来のVRアクションでは、移動時の酔いを低減するためにキャラクターを指定位置に「ワープ移動」させる場合が多かったが、この移動方法ではアクション性の高い能動的な動きがし辛かった。

本作では、「韋駄天システム」を使って直感的に「走る」「跳ぶ」「登る」などのアクションができ、より爽快なゲームプレイが楽しめる。

 
BE THE HEROは、8月25日(太平洋標準時8月24日午後1時)、Steamにてアーリーアクセス版を配信予定である。

また、8月4日からは、ゲームの戦闘システムを先行体験できる「BE THE HERO – Battle Demo -」を、一部のVIVE正規販売店にて展示する。対象店舗は以下の3店舗。

・ドスパラ秋葉原本店
・ドスパラ札幌店
・ドスパラなんば店

以降、対象店舗の追加がある場合は、SNS等にて告知を行うとのこと。一足先にゲームを体験したい場合は、こちらの店舗を訪れてみよう。

 
●製品情報
製品名:BE THE HERO
ジャンル:VRマンガヒーローアクション
配信開始日:8月25日(土) ※太平洋標準時8月24日午後1時
ダウンロード価格:$19.99
対応デバイス:HTCVive, Oculus Rift, Windows Mixed Reality

 
●ストーリー

遥か昔、人類がまだ科学の力ではなく、超常の力で繁栄していた時代があったー

 

極東の島国を治める「神面族(しんめんぞく)」。彼らは精神エネルギーを引き出し、操ることができる仮面を生み出す魔術を持っていた。
ある時反乱が起こり、やがて大きな戦争へと発展。一族のほとんどが息絶えてしまった。
唯一生き残った戦士「クロガネ」は、神面族の巫女「サクヤ」とともに、傷つきながらも反乱の黒幕「アスラ」を追い詰め、ついに最終決戦に臨むー

 

アーリーアクセス版の最初のバージョンは、古代の忍者ヒーロー「クロガネ」の物語が描かれる。次回以降のアップデートでは、現代に蘇った強敵と、それに立ち向かう新たなヒーローの物語が始まるとのこと。

アップデート予定の追加要素は以下の通り。

・現代編ストーリーステージ
・新たな武器の追加
・忍術システムの追加
・リプレイ機能  等

 
(TEXT by 高橋佑司)

 
●関連リンク
BE THE HERO 公式サイト
Steam ゲームページ
日本語公式Twitter

LINEで送る
Pocket

黒い砂漠バーチャルクリエイター応援キャンペーン ArcheAgeバーチャルクリエイター応援キャンペーン
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ