偉い人にパンツを見せたらGOサインが出た——DLsite.com「なごみの耳かきVR」制作の舞台裏

LINEで送る
Pocket

01
VRゴーグルは、日本では二次元のキャラクターに会いに行って目の前にできる「次元を超える装置」として期待されているところもあります。

 
そんなニーズを汲んでか、二次元総合ダウンロードストア「DLsite.com」を運営するエイシスが20日、スマートフォン向け無料VRゲーム「なごみの耳かきVR」を4月29日にリリースすることを発表したところ、ネットで大いに注目を集めました(関連記事)。4月29、30日に幕張メッセにて開催する「ニコニコ超会議2016」のホール2にて展示するとのことで、人気&行列を集めるのは必至でしょう(追記:レポート記事を公開しました)。

 
エイシスといえば、昨年から2次元専門VRゲームのストアをうたう「DLsite VRストア」を発表したり、米ImagineVRと協業して成人向けVRコンテンツを含む「ImagineVR」をオープンしたりと、VRに積極的に取り組んできた企業ですが、どういった経緯があって今回の「なごみの耳かきVR」に結びついたのかのが気になるところ。担当者にメールでインタビューしてみました。

 

 
——エイシスがVRを始めようと思ったきっかけは?

 
エイシス もともと二次元とVRの親和性の高さにはみんな興味はあったのですが、会社の偉い人にOculus Riftを付けてもらって、パンツを見てもらったらGOが出ました。

 
——なぜ「耳かき」にフォーカスした?

 
エイシス DLsite.comでは、バイノーラル録音と言う立体音響を使った音声作品が人気のジャンルとしてあり、その中でも耳かきと言うカテゴリーは大変人気があります。VRで何か作品をつくろうとなったときに、音声作品に可愛いキャラクターが登場すればみんなの理想がかなうんじゃないかな!と思い提案したところ、「人気の耳かきにVR」という組み合わせでサクっと決まりました。

 
——一番こだわったところは?

 
エイシス 二次元コンテンツが持つ「かわいさ」と「あざとさ」をきちんと表現するということです。ボイスやキャラクターデザインだけではなく、台詞回しや背景イラストまでこだわって作っていますので、日本のコンテンツが持つ独特の雰囲気を出せていると思います。

 
——一番大変だったところは?

 
エイシス キャラクターのモーションです。プレイヤーがキャラクターに膝まくらしてもらうという内容上、めり込みを解消するのに特に苦労しました。特にVRコンテンツは前例も少ないため、手探りで開発していく部分が多かったです。

 
——次回は何にチャレンジしたい?

 
エイシス まずはニコニコ超会議のユーザーからの反応やご意見を踏まえて、VRをより楽しんでいただくためのイベント出展を検討してまいりたいと思いますが、またみなさまにあっと驚いていただけるようなサービスを準備していきたいです。

 
——DLsiteのVRストアはいつ頃スタートする? ユーザー投稿も受け付ける?

 
エイシス VRストアは、明日4月27日にオープンします。同人ダウンロードショップですので、サークル様の作品を中心に取り扱っていくほか、VRコンテンツの開発支援や技術提供、海外展開なども無料でサポートを行っています。

 
 
●関連リンク
なごみの耳かきVR
DLsite.com
エイシス

LINEで送る
Pocket