明日9/18開催! cluster.・バルス・バーチャルキャストが登壇する「VTuberライブの極意」セミナーに参加すべし

LINEで送る
Pocket

角川アスキー総合研究所とPANORAで開催している「実践VTuber3時間セミナー」。先日の第1回が大盛況だったことを踏まえて、第2回となる「VTuberライブの極意~キャラの価値を高めるイベントを成功させるコツ~」を9月18日に開催します!

 
*チケットはこちら → https://lab-kadokawa68.peatix.com

 
このところ増えているバーチャルYouTuber(VTuber)のライブ。キャラクターを現実空間に出現させる「AR」(拡張現実感)、ゴーグルをかぶって自分が別世界に入る「VR」(人口現実感)といった2つのベクトルでVTuberに会える技術が整ってきていますが、実際、イベントを行う際にはどんな準備や手順、コストが必要になり、どんな表現がファンの心に刺さるのでしょうか。

今回は「VTuberライブの極意~キャラの価値を高めるイベントを成功させるコツ~」をテーマに、8月末の「輝夜月LIVE」をはじめ、VTuberのイベントをいくつか手がけてきたcluster.よりCEOの加藤直人氏をお招きしてご講演いただき、バーチャルイベントプラットフォーム「cluster.」についてご紹介いただきます。

また、8月17日にタワーレコード渋谷店にて、男性2人組バーチャルYouTuberユニット「MonsterZ MATE(モンスターズメイト)」による初のリアルイベントを開催したバルス株式会社代表取締役の林範和氏からは同社での取り組みとARライブイベントについてご講演いただきます。さらに遠隔登壇にて、株式会社バーチャルキャスト取締役CTOの岩城進之介氏の講演も予定しています。その後、パネルディスカッションも実施します。

セミナーの最後には名刺交換の時間もございます。VTuber関連企業の方と名刺交換ができる貴重な機会です。ぜひご参加ください。

 

セミナー予定内容

*変更の可能性がございます

<パート1>一気に現状がわかる! VTuberのAR/VRライブ
 ここ3、4ヵ月で非常に増えて来たVTuberライブの実例をまとめたうえで、過去のキャラクターを使ったARライブとの違いやこれからの可能性を、PANORA 広田氏より講演いただきます。

<パート2>各社のVTuber紹介と概要、その取り組みについて
 VTuber業界を牽引している企業の代表者から、自社プロダクトとその取り組みについてご紹介いただきます。ライブの実例などについても触れていただく予定です。

<パート3>ディスカッション&質疑応答、名刺交換
 質疑応答を交えながら、具体的な意見交換を行います。その後、名刺交換の時間も設けています。

 

●講師プロフィール

加藤直人(かとう・なおと)
クラスター株式会社代表取締役

大阪府出身。1988年生まれ。京都大学理学部で、宇宙論と量子コンピュータを研究。同大学院を中退後、約3年間のひきこもり生活を過ごす。2015年、VR技術を駆使したスタートアップ「クラスター」を起業。2017年、数千人規模のバーチャルイベントを開催できるVRプラットフォームサービス「cluster.」のサービスを開始。主な受賞歴は、IVS 2017 Spring Kobe 優勝、30 UNDER 30 JAPAN 2018|日本を変える「30歳未満の30人」選出など。

cluster.によるVRライブ
関連記事 https://panora.tokyo/73413/

 
林 範和(はやし・のりかず)
バルス株式会社代表取締役

大学卒業後、投資銀行、投資ファンドと金融業界に従事。その後、中国のゲーム会社で、日本のコンテンツの海外展開を推進。2018年1月に独立し、xRを通じて世界中の人々が一緒に楽しめるコンテンツ及び技術の提供を行うバルス株式会社を創業。バーチャルアーティスト「MonsterZ MATE」は自社企画として技術・楽曲・運営等のプロデュースを行う。

MonsterZ MATE
関連記事 https://panora.tokyo/71675/

 
岩城進之介(いわき・しんのすけ)氏(当日は遠隔登壇予定)
株式会社バーチャルキャスト取締役CTO

個人の活動として「携帯動画変換君」などのソフトウェアを開発していたところ、ニコニコ生放送のコメントで誘われ2011年株式会社ドワンゴ入社。ドワンゴにおいて、360度LED画面の没入型映像ライブ施設「ニコファーレ」でのネット連動演出システムやARライブシステムの開発など、各種AR・VR・放送技術・イベント演出のシステム開発を手掛ける。2018年、3Dアバターの共通フォーマットとなる「VRM」を設計・提唱。またVキャラの存在が盛り上がるなか、それまで蓄積した技術を駆使した生放送や「バーチャルYouTu”BAR”」などイベントを数多く送り出した。株式会社バーチャルキャストでは「ちょっと間違った」未来のために技術面の指揮にあたる。

バーチャルキャスト
関連記事 http://panora.tokyo/70316/

広田 稔(ひろた・みのる)
共同プロデュース・司会
VRジャーナリスト・パノラプロ代表取締役

アスキー、アスキー・メディアワークス(現KADOKAWA)にて雑誌の編集者、ウェブ媒体の編集記者を経験後、独立。アップルやインターネットサービスを専門に取材する中、昨今のVRムーブメントに出会い、2013年より取材を始める。その後、専門媒体の必要性を感じて2014年11月に「PANORA」を立ち上げ、現職。VRエヴァンジェリストとして活躍する。

 
●実践VTuber3時間セミナーについて

 2016年12月以来、急激に注目を集めて人数を増やしているVTuber(バーチャルYouTuber)。最近ではテレビやリアルイベントなどにも出演して「バーチャルタレント」とも呼べるほど活躍の場を広げているが、魅力的なVTuberはどんな考えのもとに生まれて、どんな技術で作られていて、どうやって運営されているのか。「実践VTuber3時間セミナー」では、VRニュースサイト「PANORA」を立ち上げ、VRエヴァンジェリストとして活躍中の広田稔氏をホストに、VTuber関連企業・プラットフォーマーの方々に具体的な事例をご紹介いただきながら、VTuberの実践方法をお伝えしています。 第1回(2018年9月4日)はActiv8代表取締役・大坂武史(おおさか・たけし)氏、株式会社CyberV代表取締役・兵頭陽(ひょうどう・あきら)氏をお招きし、「実践VTuber3時間セミナー~失敗しないVTuberの導入ノウハウと名刺交換会~」を開催しました。

●開催概要
・開催日時:2018年9月18日(火)19:00 ~ 22:00(18:30 受付開始)
・会場:角川第3本社ビル3階(東京都千代田区富士見1-8-19)
*地図:http://ir.kadokawa.co.jp/company/map/fujimi03.php
*最寄り駅:飯田橋
・参加費:早割り:10,000円(税込)、一般:15,000円(税込)、学生:6,000円(税込)、前回参加割引(一般):7,500円(税込)
*早割は規定人数になり次第、終了となります。売り切れの際はご了承ください。
・対象者:VTuber(バーチャルYouTuber)の活用について興味をお持ちの個人・団体・企業の方
・定員:80名(予定)
・主催:株式会社角川アスキー総合研究所
・共催:株式会社パノラプロ(PANORAPRO Inc.)
*講義内容は予定です。都合により変更・中止となる場合があります。
*定員となり次第申込受付終了とさせていただく場合がございます。
*お申込み(チケットの購入)前に、下記の『開催に関する注意事項』を必ずお読みください。

 
 
●関連リンク
チケット申し込みページ
角川アスキー総合研究所

LINEで送る
Pocket

VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ