バーチャルだからこその「光」と「影」!? VRタレントのこれからのかたち

LINEで送る
Pocket

仮想の身体で動画配信などを行う「バーチャルYouTuber」(VTuber)に代表されるように、バーチャルな姿のタレント「VRタレント」が活動を本格化している。そんな中、「時田麻衣」と名付けられたVRタレントが注目を集めそうだ。バーチャルでありながらもファッションモデルとして活動中。Instagramなどの写真(イラスト)での姿がメインだったが、神楽酒造の焼酎「天孫降臨」のCMに出演し、動く姿も披露された。そして、9月20日~23日に幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2018」に出展されるVRコンテンツ「呪刻教室」にも出演予定だ。

この時田麻衣が、これまでのVTuberやVRタレントと大きく異なるのは、一般にも受け入れられやすいよう、アニメっぽさをなくしてやや実写に近いかたちで描かれている点。現在、2次元的な可愛さを持ったVRタレントがほとんどである中、リアルとの架け橋になるべく、より3次元に近い姿で描かれているのだ。

例えば、現在、時田麻衣が活動しているモデルとしての仕事では、実際に販売している服を着て登場しているのはもちろん、バーチャルの利点を生かして、発売前のものを着せたり異なる色のものを着せたりできる。モデルとしての姿、ファッションやスタイルといった部分では、VRタレントは扱いやすい。

今回、時田麻衣のアドバイザーとして参加する、スタイリストの柏木作夢さんと暗闇ボクシングスタジオ「b-monster」を姉妹で運営する塚田美樹・眞琴さんに話を聞いてみたところ、柏木さんからは「僕は衣装などをデザインするときは女性像を思い浮かべて作るのですが、頭の中では二次元なんですよ。しかも、僕は男性なので、女性には自分が着たことがない服ばかり着せています。その時点ですでにヴァーチャルなので、VRタレントさんはスタイリングしやすいと思います」との意見が。また、b-monsterに関しては、ストリーミングでトレーニングプログラムを配信するサービス「STREAM MONSTER」にて、時田麻衣を採用することも検討しているのだとか。体型も変わらず、疲れることも知らないバーチャルなパフォーマー(トレーナー)は、とても頼もしい。


▲VRタレントはどんな服でもスタイリングしやすい


▲「b-monster」のパフォーマーなどもVRタレントとしての利点が役立つ

ただ、そこで人気のパフォーマーになれるかどうかという点では、若干心配もあるようだ。パフォーマーの動きを完璧に反映できることは大事だが、リアルさをなくしてしまうために身近に感じられず、共感を得にくいというのだ。

今後、時田麻衣の「動き」については、Unityでのリアルタイムキャプチャーを使って実現するとのことだ。動きを反映させることで、いきなり人気パフォーマーと同じ動作をさせることも可能になる。また、いきなりダンスのプロになったり殺陣の達人になったりすることもできる。

もうひと組、時田麻衣のアドバイザーとして参加する、振付師のMAYUさんと、剣士の竹田秀玄さんに、VRタレントについて話を聞いてみたところ、MAYUさんは、バーチャルであることの利点として「ダンス上達のために、お金も時間もかからない。また、海外にダンスレッスンに行くこともできてしまい、その技術をすぐに取り込むことができる」と話す。竹田さんも、「『型』を重視する剣舞などでは、それを反映させることですぐにでも師範になれてしまう」と語る。ただ一方で、「癖やナチュラルさがなくなることで、リアルさは失われてしまう」という指摘もあった。ダンスにしても剣舞にしても、練習の積み重ねなどによって培われた癖や動きが、その人の個性となって見る人の目を引くそうだ。バーチャルで実現すると、動きが完璧になってしまうがゆえに、個性がなくなり魅力もなくなってしまう。ロボットと変わらないというわけだ。


▲ダンスなどの動きをどう表現するかが問題

では、リアルさ、いわゆる人間味を持たせるためにはどうしたらいいのか? を考えたとき、そうした「癖」を作り出すことだという意見があった。バーチャルだから完璧に作り上げるのではなく、癖や特徴といったマイナス部分を持たせたほうがリアルにつながるというものだ。

バーチャルによって完璧に作り上げられることでの利点と、完璧になってしまうことでのマイナス面がある。相反する問題を解決しながら、「動き」の中でどのように人間らしさを表現していくのか、大きな課題になっていくだろう。

 

VRタレント 時田麻衣
架空のキャラクターでありながら、現実に存在する芸能人(タレント)として活動。7月6日生まれ、神奈川県横浜市出身。M.A.Iと言う名前でファッションモデルなどもこなす。神楽酒造の焼酎「天孫降臨」のCMに出演しており、現在、第2弾を製作中。9月20日~23日に幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2018」に出展されるVRコンテンツ「呪刻教室」にも出演予定だ。

Instagram:https://www.instagram.com/tokitamai0706/
Twitter(tokitamai):https://twitter.com/tokitamai

天孫降臨

 


▲VRコンテンツ「呪刻教室」の撮影中のひとコマ

 

柏木作夢
ファッションディレクター・スタイリスト・ライター。独特の色彩感覚溢れるカラフルでヴィヴィッドなスタイリングを多用し、ヴィジュアルイメージのディレクションまで幅広くこなす。担当タレント・モデル・アーティストは、乃木坂46、瑛茉ジャスミン、須田亜香里(SKE48)、加村真美、i☆Ris、逢田梨香子、でんぱ組──ほか多数。

http://samukashiwagi.com/

 

塚田美樹・眞琴
東京生まれの姉妹。ニューヨークで暗闇フィットネスに出会い、フィットネスとエンターティメントの融合に感動し、2016年3月に起業。3カ月後に暗闇ボクシングスタジオ「b-monster」銀座スタジオをオープンさせ、2年と3カ月で、都内5店舗、名古屋、上海の計7店舗をオープン。12月には羽田空港、来春には大阪梅田のオープンも決まっている。

https://www.b-monster.jp/

 

MAYU
振付師/演出家。幼少期より子役として活動した後、perfume、AI、MayJ、ZEEBRA等のバックダンサーを務め、バラエティ番組、舞台に出演。振付師としても近年では乃木坂46、菅田将暉のMVビデオの振付を担当。乃木坂46に関しては、振付・演出ステージング担当として、すべてのライブなどに帯同し、指導している。

 

竹田秀玄
全日本剣詩舞道連盟の理事を務める剣士。全日本剣詩舞道連盟の刀法 二段と剣舞 四段を取得。菊集流剣詩舞道では剣舞 師範代を取得。全国のコンクール入賞歴を持つとともに、外交関係公認団体として、「チャイナ・フェスティバル」や「ベトナムフェスティバル」などの交際交流イベントにも出演している。

 
(文 荒井敏郎)

LINEで送る
Pocket

VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ