声優×VRの新企画「Project V×V」発表 バーチャルキャストで声優さんが配信

LINEで送る
Pocket

ホビー通販「あみあみ」を運営し各種声優動画配信を手掛ける大網は、10月2日にニコニコ生放送で行った記者発表会にて、「声優」が主役となる新バーチャルキャラクターコンテンツ企画を発表。企画名称「Project V×V」(プロジェクト ブイクロス)として、その展開を発表した。

ニコニコ生放送では、声優の吉岡麻耶さんがMCを務め、ゲストで登場した同じく声優の渕上 舞さん、及び各企業の企画関係者が登壇して概要を語った。

 

「Project VxV」とは

「声優×VR」をテーマとした、大網による新企画。声優=Voice actorと、バーチャル=Virtualの頭文字を取って、「声優とバーチャルがクロスした先にあるものを目指す」という意味で「V×V」(ブイクロス)という名称になっているとのこと。

既存のVTuberとの違いとしては、VTuberが「キャラクター」の側が設定を持つのに対し、本企画では、「声優」が主体となってVRの世界に関わっていくこととしている。

 

 
企画内容としては、10月中旬から隔週程度の頻度で、バーチャルキャスト社のVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」上で、声優による生放送を行っていく予定。

声優のアバターには、IVRの開発する3Dアバターを手軽に制作できるソフト「Vカツ」を使って制作したアバターを用いる。

パーソナリティには、協力事務所から様々な声優が出演を予定しており、内容としてはフリートークやバラエティ企画に加え、「声優らしさ」を活かしたオリジナル企画の展開も行っていくとのこと。

 

 
また動画の展開も企画しており、それぞれの趣味や特技を活かしたバーチャル動画をニコニコ動画上で投稿していくとのこと。なお生放送や動画投稿は、同社の新規開設したニコニコチャンネル「VOICE ARENA」にて行う。

同チャンネルでは、上記のProject V×Vの他にも様々な声優番組を展開予定とのこと。

 

近年の「声優」という職種は、裏方としてキャラクターに声を当てるというだけに留まらず、アーティストとしての活動や、イベント出演、ラジオパーソナリティなど、活躍の幅が大いに広がっている。

同社のメディア事業部プロデューサー・平 雄一郎氏によれば、そうした声優という役割と、VTuberなどのバーチャルキャラクターコンテンツという2つの勢いのある流れを統合していけないかと考え、今回の企画を発案したとのこと。

それぞれの声優が、自分自身のキャラクターを持ち、アーティスト活動やラジオパーソナリティなどに次ぐ、「VR活動」のような活動を行っていくことで、より楽しい未来を切り開いていけるのではないか、というのが氏の考えとのことである。

 

発表会の後半では、MCの吉岡麻耶さんとゲストの渕上 舞さんが、実際に「Vカツ」を使って制作した自身のアバターを用い、「バーチャルキャスト」上でコミュニケーションを行う場面もあり、本企画のイメージが掴める形だ。

 
なお、10月19日には、「Project V×V」第1回の放送が行われる予定。第1回の出演者は、今回MCを務めた吉岡麻耶さんと、同じ事務所の柳原利香さんの予定。また11月2日には第2回の放送が行われ、こちらでは今回ゲストの渕上 舞さんが出演する予定とのこと。

番組に関する情報は、「Project V×V」の公式Twitterにて順次公開していくとのことなので、そちらもぜひチェックしてみてほしい。

 

 
(TEXT by 高橋佑司)

 
●関連リンク
ニコニコチャンネル「VOICE ARENA」
バーチャルキャスト
Vカツ

LINEで送る
Pocket

DR-701D VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ