自意識と闇、エロを堪能せよ! ミソシタ初単独ライブ「ミソパーティー」レポート

LINEで送る
Pocket

10月7日、ミソシタ初となる単独ライブ「ミソパーティー 〜地下二階のレジスタンス〜」が開かれた。

ミソシタは2018年3月に活動をはじめたバーチャルYouTuber。自らをVYPC(Virtual YouTuber + poemcore)と称し、詩や音楽、ユーモア、メッセージ、そしてスケベ心を“ポエムコア”に載せて“地下二階”から発信し続けている。

8月19日に発売したデビューアルバム「ミソシタ」がオリコンデイリーチャート3位に登場するなど、いま人気の彼の初ライブとあって、さっそくレポートしていきたい。

 

ライブは満員、グッズもすぐ売り切れに

 

▲渋谷WWW。写真左の通りがスペイン坂。

ライブ会場は渋谷WWW。渋谷スペイン坂を登り切った場所にある建物の地下だ。今回のライブは18時オープンで、開演は19時。しかしオープン直後から駆けつけたファンで溢れていた。

当日は会場内でグッズ販売も実施しており、オープン20分程度でTシャツや缶バッジ、キーホルダーなどがすぐに売り切れ。しかし列は開演前まで絶えることなく続いていた。


▲完売続出のオフィシャルグッズ

また、早くも11月23日のライブ出演も決定しており、そのチケット販売も。POPによれば15時頃出演の予定とのことである。


▲次回ライブのチケットも

ひとしきりグッズ関連を見て回ったあと、ライブ会場の観客席へ。この時点で開演10分前となっており、観客席は満席。集まった総勢350人のファンが今か今かという雰囲気のなかミソシタの登場を待つ。このとき会場ではBGMとしてTRFの曲が流れていた。


▲観客席の様子。男女比率は筆者の目測で男性7:女性3くらい。客席はおよそ3段のひな壇構造になっていて、前方にはさらにお客さんが居る。


▲通路は人でいっぱい


▲入り口までも

そして開演19時ジャスト。一瞬の静寂の後、曲が流れ歌が始まった。いよいよミソシタの登場か! 時計とにらめっこして待っていたファンが身構え、聞こえてきたのは、

「masquerade♪」

聞き覚えのある女性ボーカル。そしてこれまた聞き覚えのある印象的なイントロ。そう、これはTRFの9枚目シングル「masquerade」である。ただ単にジャストタイミングでBGMが切り替わっただけである。

▲公式YouTubeより「masquerade」

予想外の肩すかしに、観客、関係者から笑いが起こり、再び待機モードに。

 

いきなり始まる一発全裸野球拳からのミッドナイト・ファイティングブリーフ

開演の19時を少し過ぎたところでミソシタが突如スクリーンに登場し、会場が沸く。このまま曲に行くのかと思いきや、

ミソシタ「ミソパーティーをはじめる前に軽い準備運動をしておこうぜ。いきなりはしゃぐとケガするからな!」

と始まったのが一発全裸じゃんけん。ルールはその名の通り、全裸を賭けたじゃんけん一発勝負。ただし、負けた者ではなく、ミソシタとあいこになった者が服を脱ぐというもの。ここでミソシタは「俺はグーを出す」と心理戦を仕掛けていくのだが、よくよく考えるとミソシタは布1枚。通常の野球拳でも1発アウトなので、なんだか誤魔化されている気もするが、ここは勢いよくじゃんけんぽん!

 

もちろんこれで本当に全裸にはならないが、重要なのは手を突き上げたこの姿勢。

ミソシタ「全員拳を挙げてくれないか!」

と観客に呼びかけ、そしてあの台詞が聞こえてくる。

「人の闇は笑うな。だが俺の闇は笑え」

会場のテンションが一気に高まり、単独ライブ1発目の曲「ミッドナイト・ファイティングブリーフ」が始まる。


▲ミッドナイト・ファイティングブリーフの曲中、拳を挙げて盛り上がるファン

そして曲後半、声援に応えるようにミソシタもファンを煽っていく。

「ミッドナイト・ファイティングブリーフ! ようこそミソパーティー!」
「ミッドナイト・ファイティングブリーフ! 地下二階の同氏たち!」
「ミッドナイト・ファイティングブリーフ! WWW!」
「ミッドナイト・ファイティングブリーフ! 革命を始めようぜ!」

そう、今回のライブは全曲生歌唱。彼がリアルタイムで紡ぐ「ナイフのような自意識」「スケベ心」「闇」をたっぷり堪能できるライブなのだ。
 

 

盛り上がっても宣伝は忘れない

「始まってすぐだが……」と切り出したミソシタ。何事かと思いきや、ここで新作物販の紹介をぶち込んで来る。ラインアップは新デザインのTシャツにパーカー、ステッカー4種、ペンライト、そしてミソシタTENGAコラボステッカーとなっている。

これを紹介し終えたミソシタの頭に変化が……


▲頭にTENGAが!

そして2曲目「我闇ナリ」を歌った後、自身の動画でもおなじみの「ミソシタ相談室」がスタート。最初の相談者は超JC系バーチャルYouTuberクゥ・フラン・ゾーパーことクゥちゃんで、ミソシタの物まね、ミソシタCDの宣伝などネタを放り込んでくる。


▲ミソシタ相談室

 

そして3曲目「ビデオボックスアンダーグランド」が始まり、「ひもかわ」とのゲストトーク、そしてまた曲を挟み相談室2回目では渚乃奏(なぎさのかなで)ちゃんが登場。


▲ひもかわと、街で見かけたおじさんブルマランナー談義。違法じゃないギリギリを攻めてきていることに恐怖するミソシタ。


▲2回目の相談者は渚乃奏ちゃん。

このようにして、今回のミソパーティーは曲とトークコーナーを交互に繰り広げるスタイルで行われた。アンコールも含めて歌われた曲を整理すると下記13曲とボリュームのある内容だ。

◆ミッドナイト・ファイティングブリーフ
◆我闇ナリ
◆ビデオボックスアンダーグランド
◆革命前夜
◆アタラシイヘブンtype x
◆ダイブディープ
◆ライフイズダーク
◆エロ本walk
◆ヘンリーダーガー
◆地下二階のレジスタンス
<アンコール>
◆アタラシイヘブン
◆革命前夜 type x
◆ミッドナイト・ファイティングブリーフ

 
次ページ:このおじさんは誰だ!
 

LINEで送る
Pocket

VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ