2人の「親分」が語るYouTubeへの熱い思い 「キズナアイ×ヒカキン」対談動画が公開

LINEで送る
Pocket

バーチャルYouTuber界の「親分」ことキズナアイちゃん。2016年から活動を開始し、「バーチャルYouTuber(VTuber)」という存在のパイオニアともいえる彼女のメインYouTubeチャンネル「A.I.Channel」はチャンネル登録者数200万人を超える。

そんなキズナアイちゃんが10月24日、チャンネル登録者数200万人突破の記念として、日本のYouTuber界における大御所中の大御所「ヒカキン」さんとのコラボ動画を公開し大きな話題となっている。

 

▲ついに実現…!『ヒカキン × キズナアイ』親分対談!!【祝チャンネル登録者数200万人突破】

 
2人による対談形式の今回の動画。基本的にはアイちゃんからの質問に応えるヒカキンさんという構図で、「YouTuber」という仕事に関する2人の考え方などが語られた。

 
どことなく、プロフェッショナル達の各々の仕事の流儀が語られる某TV番組を思わせる編集の動画となっているのが気になるが、内容を聴いてみると、彼らなりのYouTubeへの思いが強く伝わってくる、某番組にも引けを取らないくらいの「濃い」対談である。

動画時間も25分間と、アイちゃんの動画にしては珍しい長めの尺。「さらっと話して終わり」といった印象でもなく、YouTuber/VTuberファンにとってのめり込んで見ていられる面白さがある。

YouTuberのテーマともいえる「好きなことで生きていく」という言葉についての話は、アイちゃんが以前に投稿した以下の動画と繋がる部分もあるように思える。

 

▲【YouTuberになりたい】白い空間にちびっ子がやってきた!

 
とはいえ、そこまで堅い内容というわけでは無く、一緒にヒカキンさんの代名詞「ブンブンハローYouTube」をやったり、アイちゃんがヒカキンさんの「子分」になったりと言った場面も。

ヒカキンさんが得意のヒューマンビートボックスでアイちゃんのオリジナル曲「Hello,Morning」を奏でる場面もあった。2人の今回の対談、YouTuber/VTuberのファンはもちろん、そうでなくても、ぜひ視聴してみてほしい動画だ。

 

▲一緒に「ブンブンハローYouTube」をやる2人

 
日本に「YouTuber」という言葉が定着する以前から、YouTubeに「仕事」として取り組んできたヒカキンさん。そしてバーチャルの世界からYouTubeへの発信を始め、前例のない道を切り開いてきたキズナアイちゃん。

これからも、それぞれがそれぞれの形で新たな道を切り開いていくことだろう。今後の2人の活躍にも、大いに期待したい。

 
(TEXT by 高橋佑司)

 
●関連リンク
ヒカキン YouTube
ヒカキン Twitter
キズナアイ YouTube
キズナアイ Twitter

LINEで送る
Pocket

VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ