表技協が「スマホ用VRビューアー情報交換会」を実施 多彩なスマホ装着型VRゴーグルを体験比較

LINEで送る
Pocket

smaviewer
最先端表現技術利用推進協会は、5月21日にデジタルハリウッド 東京本校にて、第1回表現技術勉強会「知って得するスマホ用VRビューアー情報交換会」を実施する。Gaer VRやハコスコをはじめ、多数のスマホ装着型のVRゴーグルを体験できる。

 
最先端表現技術利用推進協会では、最先端の表現技術に関する勉強会を開催している。今回は「スマートフォン用のVRビューアー」に関する勉強会となっており、講師だけでなく参加者による発表機会も予定している。紙製やHMDタイプのスマホ装着型VRゴーグルも多数用意。VRゴーグルを持参し、ほかのものと比較するといった体験的なフリーディスカッションも実施される。

 
●当日用意されるスマホ装着型VRゴーグル
【紙製】
・Google Cardboadv1/v2/
・ハコスコ1眼/2眼
・EYERESH
【HMD】
・Gear VR
・VR BOX
・VR SHINECON
・ハコスコDX
提供:最先端表現技術利用推進協会会員(アンビエントメディア、シンク・デザイン)

 
●第1回表現技術勉強会「知って得するスマホ用VRビューアー情報交換会」
・開催日時:5月21日 12:30開場 13:00開始 17:00終了(懇親会あり)
・開催場所:デジタルハリウッド 東京本校(御茶ノ水) E-14教室
・参加費:
 一般 3000円(当日持参)
 最先端表現技術利用推進協会会員およびデジタルハリウッド学生 無料
 一般参加で発表する方 無料
・定員:40名(定員になり次第締切)
・主催:最先端表現技術利用推進協会

 
【スケジュール】
[12:30]会場
[13:00]開始
セミナー(各30分)
「いろいろあるスマホ用VRビューアーの使い所」
 最先端表現技術利用推進協会 会長 町田聡
「VR撮影の実際」
 Panorama House 蔭山一広
「実写系VR配信について」
 カディンチェ 代表取締役 青木崇行

 
[14:30]
参加者プレゼン(10分×3人程度)
※タイトルに沿った事例プレゼンを募集。
※希望者は事前に申し込みの必要あり。
※定員に達し次第締め切り。

 
[15:00]ビューアーを体験しながらのフリーディスカッション
[17:00]終了

 
[17:30頃]懇親会(希望者のみ)
・会場近隣居酒屋を予定
・懇親会費:4000円程度

 
●関連リンク
会費と会員サービス(最先端表現技術利用推進協会)
勉強会詳細(Facebook)
デジタルハリウッド 東京本校

LINEで送る
Pocket