初音ミク超歌舞伎など演出のLATEGRA、VR空間に超本格ライブ会場 ’19年春プレオープン

LINEで送る
Pocket

LATEGRA(ラテグラ)は11月15日、VR空間でのライブ演出・制作事業を開始。VRライブを公演するためのライブ会場「VIRTUAL LIVE ARENA(VLA)」をバーチャル空間に建設することを発表した。

2019年春プレオープン、同年夏にグランドオープン予定。

 

▲外観イメージ

本ライブ会場により、海外ファンもライブに来場できるようになるため、全世界規模でのバーチャルキャラクターライブ市場の拡大が狙える。そして世界展開へ向け、ラテグラがこれまでに多くのライブを制作してきた中国から進出を進め、順次拡大していく予定とのこと。

また、将来的にはラテグラがライブ上演の技術サポートのみを行う、「VLA」のイベントホール事業(システムレンタル)の実施も行い、ライブの開催数を拡大することでVRライブという新しいライブカルチャーの拡大・浸透を目指していくとしている。

 

LATEGRAとは

同社は今日より明日をもっと楽しくすることをミッションに、エンタメを進化させライブならではの熱狂をAR、VR、MRなどの新たな技術と表現で拡張することに挑戦するエンターテインメント集団。

代表の山形龍司氏は、格闘技イベントPRIDEやGACKTのステージ演出をプロデュース。2009年からドワンゴの「ニコニコ大会議」の総合演出を担当。「nicofarre」の企画デザインから設計施工プロデュース、360度LEDによるライブスペース、最新のARシステムなどの導入にも携わっている。中国進出もしており、2014年には中国の初音ミクといわれる洛天依のPV、ライブイベントの演出制作も行った。

ニコニコ超会議2016で「超歌舞伎 今昔饗宴千本桜」(はなくらべせんぼんざくら、主演:中村獅童、初音ミク)、翌年のニコニコ超会議2017では2作目となる「超歌舞伎 花街詞合鏡」(くるわことばあわせかがみ)にてテクニカル演出を担当。上海メルセデス・ベンツ・アリーナで行われた「洛天依2017全息演唱会」の総合演出も担当している。

 
(文 花茂未来

LINEで送る
Pocket

VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ