3Dモデラーやバーチャルアーティストの参加する「3Dクリエイター座談会」、11月30日開催

LINEで送る
Pocket

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンとピクシブは、3Dクリエイターによる座談会「3Dクリエイター座談会 Unity Japan✕ピクシブ」を11月30日に開催する。

 
この座談会は、VR即売会に携わる3Dモデラーや、3Dモデル作成サービス「VRoid」・VRM対応ゲーム等の開発者、バーチャルアーティスト、BOOTHやUnityのアセットストアの担当者などが一同に介する座談会。

この1年の間でVRChatや、バーチャルYouTuber、VR即売会、VRMなど、VRを中心とした3DCGを取り巻くシーンは激変し、さまざまなムーブメントが発生している。

今回のイベントでは、3Dモデルの創作をしている人や、Unity Asset StoreやBOOTHなどで3Dモデルを販売している人、3Dモデルを使用したゲームを作成している人に向けて、現在産まれつつある新しい「マネタイズ」の話や、今後のVRや3DCGのシーンがどうなっていくかなどをテーマに話していくとのこと。

 
また座談会後には懇親会も実施し、クリエイター同士の交流を深める場も提供する。参加費は500円。イベント参加申し込みは、こちらのページから可能だ。参加申し込みは先着順150人なので、応募はお早めに。

 

登壇者紹介

司会:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 常名隆司(Unity Asset Store 日本担当者)
2014年からアセットストア担当としてUnity Technologies Japan入社。現在はアセットやアセット作家さんを増やすための活動、アセットを活用するために必要な情報の発信者を増やす活動などを行っている。また、個人活動でVTuberハッカソン全国ツアー2018の主催・企画・運営を行っている。

 

バーチャル登壇者:鴨見カモミ(バーチャルアーティスト)
2018年6-7月に活動開始したバーチャル世界の絵描き。 YouTubeやテレビなどマルチな媒体で活躍中。 3Dの体の作成や撮影用のセットアップはすべて本人が準備している。 目標は「クリエイティブの新境地を開拓すること」。

 

登壇者:NABY(個人ゲーム開発者)
VRM対応オンラインコミュニケーションゲーム「Vワールド」、同人PCゲームソフト「けものフレンズRPG」の個人開発を行っている。

 

登壇者:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 コミュニティサポートデザイナー 京野光平 a.k.a ntny
Unity Technologies Japanでは主にユニティちゃんのアートを担当。自著として「ローポリスーパーテクニック」を執筆。 デザイナーとして(株)FlightUNITで9年間コンシューマー向けゲームの製作に携わり、主にキャラクターのデザインやモデリングを担当。ゲーム内ムービー等の製作も手がけており、デザインからモデリング、アニメーションまで幅広くこなす。

 

登壇者:ピクシブ株式会社 清水智雄(VRoid 開発責任者)
絵を描くように人型キャラクターの3Dモデルを作成できる「VRoid Studio」のプロジェクトマネージャー。「BOOTH」「pixivFACTORY」「pixiv Sketch」等、さまざまな新規サービスを立ち上げてきた。

 

登壇者:ピクシブ株式会社 重松裕三(BOOTH 開発責任者)
クリエイター向けCtoCマーケットプレイス「BOOTH」、イラスト1枚でグッズが作成できる「pixivFACTORY」、イベント向けスマホ決済アプリ「pixiv PAY」の​プロダクトマネージャー。

 
イベント概要
タイムテーブル:
11月30日(金)19:30〜22:30
19:00 開場・受付開始
19:30 開演・座談会開始
21:00 座談会終了
21:15 懇親会開始・挨拶&乾杯
22:15 閉会
22:30 閉場

会場:ピクシブ株式会社(渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル2F)

持ち物:
・名刺
・参加費500円

 
(TEXT by 高橋佑司)

 
●関連リンク
イベント参加申し込みページ
ピクシブ
Unity

LINEで送る
Pocket

VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ