目の前で歌うYuNiちゃんが可愛すぎた! VRライブ「YuNi 1st VR LIVE! 〜VeRy Merry X’mas〜」レポート

LINEで送る
Pocket

12月24日、バーチャルシンガー「YuNi」ちゃんによるVRクリスマスライブ「YuNi 1st VR LIVE! 〜VeRy Merry X’mas〜」が、ActEvolveのVR専用ライブサービス「VARK」にて行われた。

本ライブは、一体型VRゴーグルOculus Goを用いたVRライブで、Oculus Goをかぶってライブに参加することで、自宅にいながらYuNiちゃんのパフォーマンスを目の前で体験することができる。

 
クリスマスには何の予定もなく、スマ◯ラくらいしかやることもなかった筆者だが、運良く今回VARKでのYuNiちゃんのライブに参加することが出来たので、ライブの様子をレポートしていきたい。

 

VRライブプラットフォーム「VARK」について

ライブのレポートの前に、少しVARKの説明をしておきたい。VARKは、バーチャルタレントのパフォーマンスをあたかも自分がコンサート会場にいるかのように体感できるVR専用ライブサービスで、Oculusストアにてリリースされている。

アプリ自体の価格は無料(アイテム課金あり)で、現在はOculus Goのみに対応している。

 
VRで臨場感のあるバーチャルタレントのパフォーマンスを見られるだけでなく、バーチャルならではのライブ演出を楽しめるのが特徴で、観客の送ったアイテムでライブを盛り上げることなどもできる。

またライブだけでなく物販も実施しており、専用のアカウントを登録すれば、アプリ内でライブのグッズを購入することも可能となっている。

 

▲今回のYuNi 1st VR LIVE! 〜VeRy Merry X’mas〜でも物販を実施しており、大いに盛況だったようだ。

 
ライブへは、事前にアプリ内でチケットを購入した上で、下記の手順で参加することができる。

 

▲アプリを開き、「イベント選択」を選択。

 

▲参加するイベントを選択。

 

▲開場時間内にライブに参加。

 

▲ローディング後、バーチャルライブ会場に到着。これで準備は万全。ここからはいよいよライブの様子をレポートしていこう。

 

ライブを盛り上げる様々な機能

VARKのライブ会場画面では、様々な機能を利用でき、拍手やサイリウムを振って声援を送る現実のライブさながらの機能に加えて、コメントでメッセージを送ったり、アイテムでライブを演出したりといったバーチャルならではの応援も可能だ。

 
●機能一覧


▲VRライブ会場では、サイリウムを持った手がコントローラーの動きに連動している。またコントローラーのトリガーを引くと、手を叩くことが可能だ。サイリウムを振ったり拍手したりしてすると、ステージ上のアーティストにも届くようになっている。

 

▲こちらはアイテムメニュー。有料アイテムは4種類。ステージに投げることができる「お花」や、使うとステージ上で星が弾ける「大型クラッカー」、背景に打ち上げられる「花火」や、紙吹雪と「大好き!」というメッセージが入った「くす玉」を使って、観客側もライブを盛り上げることができる。

 

▲その下は「VARKコイン」の購入メニュー。VARKコインは各種有料機能を利用するために必要で、アイテムを使うのにも必要。

 

▲上から3つ目は位置変更のメニュー。ステージの真正面と、正面左、正面右、最後列の4か所から、ライブを見る位置を選択できる。

 

▲初期位置はステージ真正面に立っており、位置変更メニューから左右を見渡し、翡翠色の矢印アイコンにコントローラーを向けてトリガーを引くとその場所に移動できる。

 

▲こちらはコメントメニュー。定型文から選択できる。「最高!」「かわいい!」などから、「!?」「www」といったものまで、定型文の品ぞろえもなかなか豊富。


▲観客のコメントは、ステージ右上の方に表示される。

 
今回、ライブの開演は20:00からだったのだが、19:30の開場直後にはすでに多くの人が待機しており、まだライブが始まってないのにコメントやアイテムがひっきりなしに贈られていた。観客側の熱気も十分という感じだ。

まもなく開演という時間になると、ステージスクリーンにカウントダウンが表示。カウントが終わり、いよいよライブが開始された。オープニングを飾ったのは、YuNiちゃんの初めてのオリジナル楽曲「透明声彩」だ。

 

▲ライブ開始直前になり、スクリーンにカウントダウンが表示。カウントが終わると……

 

▲ついにライブスタート。大人っぽいライブ衣装に身を包んだYuNiちゃんが登場し、1曲目に披露するのは「透明声彩」!

 

VRライブならではの演出満載! ガチ恋必至のライブ演出がスゴイ


▲目の前で動き、歌うYuNiちゃんの姿は、思っていた以上に距離感が近く、「そこにいる」感がスゴイ。美しい光の演出や、観客のアイテムがライブを飾り、「VRライブ」という新たなライブのカタチを存分に味わえる。

 

▲「透明声彩」を歌い上げたYuNiちゃんは、そのままMCへ。軽快なトークで会場を盛り上げるYuNiちゃん。ライブらしいコール&レスポンスも、VARKの拍手やサイリウムを振る機能をつかって楽しめる。

 
MCの後、2曲目からは、「VRライブの本領発揮」といわんばかりの、現実を超えた様々な演出が満載に。順を追ってみていこう。

 
●「エイリアンエイリアン」


▲2曲目の楽曲は、ナユタン星人さんが手掛けた「エイリアンエイリアン」。ノリノリなステージ上のYuNiちゃんを見ていると……

 

▲突然、画面が乱れ……

 

▲なんとYuNiちゃんが目の前に! この不意打ちは多くの観客を「ドキッ」とさせたこと間違いなし。コメントには「!?」が溢れた。

 


▲この曲の特徴的なダンスもエフェクト付きでキュートに再現。「エイリアン わたしエイリアン あなたの心を惑わせる」の歌詞そのものな、観客を虜にするライブ演出である。

 

●星間飛行


▲3曲目は、アニメ「マクロスF」の劇中歌、「星間飛行」。

 


▲この曲の決めポーズといえば、サビ前の「キラッ☆」。本ライブでは、弾ける星のエフェクトと共にド派手に演出。

 

▲さらにCメロの「キラッ☆」の直後……

 

▲ステージ背景が流れ星の降る宇宙のステージに一瞬でチェンジ! 宇宙に浮いているようなステージの上で歌うYuNiちゃんは「超時空シンデレラ」さながら。

 

●きよしこの夜


▲今回はクリスマスライブということで、4曲目は有名なクリスマス・キャロルの「きよしこの夜」。

 

▲優しい歌声で、ゆったりと歌い上げていくYuNiちゃん。いつしかステージ周りが暗くなり……

 

▲突然YuNiちゃんが光に包まれ……

 

▲そして今度はすぐ近くに出現!? しかもそばに来て歌ってくれる!

 

▲「エイリアンエイリアン」の時は一瞬だけだったが、今度は手の届きそうな距離でしばらく歌ってくれる。まるで自分のために歌ってくれているようで、ガチ恋せざるをえない破壊力抜群の演出だ。

 

▲その後、YuNiちゃんはフワッと暗闇に消えていったかと思うと……

 

▲巨大なイルミネーションに彩られたステージ上に登場! 立ち位置もセットもエフェクトも思いのままな、VRならではの演出がアーティストのパフォーマンスを一層引き立てる。

 

新曲「Winter Berry」を初お披露目!

ここまで4曲を歌い上げたYuNiちゃんは、ここで、自身のYouTubeチャンネルでも披露しているクリスマス衣装にチェンジ。次に歌われる曲が期待されるなか、次の楽曲として発表されたのは、なんとこの日初披露の第2弾オリジナル楽曲「Winter Berry」。

 

▲サンタ衣装にチェンジしたYuNiちゃんが発表したのは、まさかの新曲! 「冬を明るくしたい女の子」をテーマにした本楽曲は、1曲目の「透明声彩」と同じく、YUC’eさん(@yuce_e)による作詞作曲とのこと。

 

▲今回は歌だけでなく、激しいダンスにもチャレンジ。可愛らしい曲とキレキレの動きで、観客を魅了した。

 
YuNiちゃんサンタからの思わぬクリスマスプレゼントに、観客のボルテージも最高潮。コメントにアイテム、拍手がとめどなく贈られ、大盛り上がりとなった。

 

そこに居なくても確かな「一体感」を感じたVRライブ

「Winter Berry」を歌い上げたYuNiちゃんは、その後のMCにて、若干時間が余ったことを告げる。なんでも観客のOculus Goの充電の持続時間を考慮し、早めに進行していたのだとか。

余った時間をどうするか一瞬考えていた様子の彼女だったが、その後「一度やってみたかったことがある」と、何かを思いついた様子。YuNiちゃん曰く、「一度サイリウムを止めた後、全員で一斉にサイリウムを振る」ということがやってみたかったのだとか。

 

▲VARKのVRライブ会場では、他の観客がサイリウムを振っていると、周りの人影がちゃんとサイリウムを振っているように見える。これをタイミングを合わせてやってみようということらしい。

 

▲いったんみんなでサイリウムを止めて……

 

▲YuNiちゃんの合図で一斉に振る。簡単なことかもしれないが、実際に顔を合わせてはいないVRの会場でも、こうしてきちんと観客とアーティストのコール&レスポンスが成り立つと一体感が得られるものである。

 
そんな会場全体でのちょっとした遊びもありつつ、ここでライブは“一旦”終了が告げられた。一旦というのは、もちろんライブでお約束の「アレ」があるからだ。YuNiちゃん自身が「みんな分かってるよね、『ア』から始まるやつ」と終わる前にいっちゃってるので忘れようもない。

 

▲ライブお約束の「アレ」は、コメント機能の中にある。もちろんみんな分かっており、コメント欄には「アンコール!」の文字がずらっと並んだ。

 

▲そしてアンコールに応え、YuNiちゃんが再び姿を現す。アンコールで歌ったのは、バルーン氏作詞作曲のv flowerオリジナル曲、「シャルル」だ。

 

▲YouTube 【息継ぎ必死】シャルル 歌ってみた(生歌) – YuNi

 
「シャルル」は、YuNiちゃんがこれまでYouTubeに投稿した歌ってみた動画の中で、最も再生数が多い楽曲。現在の再生数は450万近くに上る。YuNiちゃん自身も特別な思い入れがあるようで、「この曲はライブでしか歌わないと決めていた」のだとか。

ライブの最後を締めくくるにふさわしい、感情のこもった「聴かせる」曲で締め、これで正真正銘の閉幕となった。

最初から最後まで、興奮しっぱなしだった今回のクリスマスライブ。こんなに良いものに参加できるとは、最高のクリスマスプレゼントをくれたYuNiちゃんに大いに感謝したい。

 
また、VARKのVRライブに参加するのは今回が初めてだったが、趣向を凝らした演出の数々は、アーティストの魅力を引き出す非常に素晴らしいものであったと感じる。12月にリリースされたばかりで、まだ2回目のライブにしてこれほど楽しめたとあっては、今後の展開にもますます期待がかかるところ。

今後のバーチャルタレントたちのVARKのライブにも大いに注目していきたい。何なら来年のクリスマスライブがあればぜひ参加したい。予定を空けて待っています。

 

新曲「Winter Berry」について

▲YuNi MV 「Winter Berry」 version Red

 
なお、今回発表された新曲「Winter Berry」については、12月25日の0:00より、iTunesやSpotifyにて配信を開始している。ライブで聴くことができなかったという人も、ぜひダウンロードしてみてほしい。

 

 
(文 高橋佑司/編集 花茂未来))

 
●関連リンク
YuNi YouTube
YuNi Twitter
VARK公式サイト
VARK公式Twitter

LINEで送る
Pocket

VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ