6人同時プレーも可能なFPS「ZERO LATENCY VR」 今夏、東京ジョイポリスにオープン

LINEで送る
Pocket

joypolis1
セガ・ライブクリエイションは今夏、お台場・東京ジョイポリスに、フリーロームVRアトラクション「ZERO LATENCY VR」と、ホラーVRアトラクション「VR生き人形の間」をオープンする。「ZERO LATENCY VR」は、オーストラリアのZERO LATENCY社が開発。メルボルンにて約1年間に渡る「β版」営業が行われ大ヒットを記録している。

 

ZERO LATENCY VR

joypolis2
世界初となるフリーロームで6人同時プレイが可能なVRアトラクションだ。導入時のコンテンツはシューティングゲームを予定している。東京ジョイポリスに導入される本作は世界初登場の「正式サービス版」となる。

 
最大の特徴は、プレイヤーが能動的に動ける「フリーローム」と、他のプレイヤーと協力プレイが可能な「6人同時プレイ」だ。ゴーグルによる最新のVR技術と、フリーローム・マルチプレイというゲーム性により、圧倒的な仮想現実への没入感・実在感が体験できる。

 
【アトラクション情報】
・定員:6名
・料金:後日発表

 

 
 

VR生き人形の間

joypolis3

VRゴーグルにより、360度空間のどこで何が起こるかわからない恐怖を体感できる新しいカタチの「お化け屋敷」だ。「ただの映像」や「普通のお化け屋敷」では感じられない圧倒的な恐怖と臨場感が楽しめるホラーアトラクションとなっている。

 
【ストーリー】
古来より各地に、人形にまつわる不可思議な話が伝承されている。「人の移し身としての人形」には、持ち主の情念や想いが乗り移り、様々な怪奇現象を引き起こすと言われている。

 
かつて幼くして亡くなった子供たちの霊が寂しくないよう、人形と共に供養する「人形寺」があった。多くの人形たちが、寺の奥の「人形の間」に安置されていたのだ。しかし、その「人形の間」で悲しい惨劇が起こる。その後、寺は廃墟となり「人形の間」は封印をされてしまった。

 
未だに、取り壊すこともできず、残り続けている「人形の間」には、再び「生きた人間」たちがやってくるのを待ち続けるたくさんの人形たちが存在する。「暗闇の通路」の抜け、その封印された「人形の間」で、人形を供養する儀式が始まる。儀式は成功するのか、それとも……。

 
【アトラクション情報】
・定員:8名
・料金:600円(1名)
・身長制限:なし

 
●関連リンク
ZERO LATENCY VR 特設サイト
VR生き人形の間 紹介ページ
Joypolis_VR(東京ジョイポリス VRアトラクション 公式Twitterアカウント)
東京ジョイポリス ウェブサイト

LINEで送る
Pocket