30時間でVRアプリ1本を作る!! 「Oculus Game Jam」がスタート

LINEで送る
Pocket

日本でも着実に開発者が増えてきているパーソナルVRの世界。そんなクリエイターをがっつり集めて、短期集中で面白いコンテンツを生み出そうという企画が、11月29日、30日の2日間に実施しているハッカソン「Oculus Game Jam in Japan」です。

 
1
東京目黒のアマゾン会場の様子です

 
第3回となる今回は、東京目黒アマゾン会場、東京新宿ニフティ会場、大阪イメディオ会場、琉球大学会場という4会場を用意。事前に応募された企画案から興味のあるものを選んで、2名以上でグループを作って、30時間かけて1本のアプリを開発します。プログラマーだけでなく、プランナーやデザイナーも参加OK。29日の午前中、チーム分けして企画を詰めている様子を激写してきました!

 
2
最初はチーム分けから

 
3
本日の19時にチームで詰めた企画を発表

 
4
明日の13時にソフトを中間発表します。

 
5
チームが決まったら、会場のあちこちに別れてみなさん準備を始めてます。ハッカソンなのに、なぜかPC以外のハードウェアの持ち込みが多いのがOculus Game Jamの面白いところ。チームルサンチマンのメンバーもおりますが、今回はえっちいアプリはつくっちゃダメらしいです(残念)。

 
6
「Hiyoshi Jump」で有名な伊藤さんは実写系で攻めるっぽい?

 
7
Oculusエヴァンジェリスト、GOROmanさんのところは「チームポポポ」……。えっ、ポポポ?w

 
8
明日の17時にGame Jamが終了し、18時から試遊が始まります。どんなアプリができあがってるのか乞うご期待!

 
 
●関連リンク
Oculus Game Jam

LINEで送る
Pocket