リアルタイム実写立体動画撮影システム「SUPERTRACK」を活用した3Dコンテンツ「ホログラ」配信のお知らせ

株式会社メディア工房 株式会社メディア工房(本社:東京都港区、 代表取締役社長:長沢一男、 東証マザーズ上場:証券コード3815)は、 今後展開予定であるライブストリーミングサービスに先駆けて、 当社が独自開発したリアル

Read more

『第6回バーチャルキャストを楽しむ会』をミュージションひばりが丘北『趣味がみつかる部屋』にて開催。

ティアック株式会社 2019年8月17日(土)にミュージションひばりが丘北『趣味が見つかる部屋』にて『第6回バーチャルキャストを楽しむ会』を開催いたします。 手軽にVTuberになれるバーチャルキャストは2018年4月に

Read more

バーチャル商業プラットフォームを提供するクラスター株式会社「clusterカンファレンス~新時代『令和』元年の加速表明~」開催

クラスター株式会社 バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を運営するクラスター株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤直人、以下「クラスター」)は、VRアプリ「cluster」上でカンファレンス「

Read more

国内導入数No.1!の交通安全VR「Dri-VR(ドライバー)」新ソフト「あおり運転編」新発売!

合同会社サンダーボルトインタラクティブ

業界初!怒りを抑えるコンテンツ「S.E.C(Suppress Emotion Control」搭載!

社会貢献に役立つ実写系VRコンテンツを企画、開発・販売している合同会社サンダーボルト インタラクティブ(愛知県名古屋市、CEO:安田武史)は交通安全VR(仮想実体験型交通安全VR)「Dri-VR(ドライバー)」の新ソフト「あおり運転編」を販売いたします。

◆仮想実体験型交通安全VR「Dri-VR(ドライバー)」「あおり運転編」概要

近年問題になってい…

Read more

雑誌『WIRED』最新号 VOL.33(6/13発売)特集「ミラーワールド」

コンデナスト・ジャパン

#デジタルツインへようこそ 

『WIRED』日本版は、6月13日(木)に本誌VOL.33「MIRROR WORLD(ミラーワールド)」を発売いたします。今号では、総力を挙げて、来るべき第三のグローバルプラットフォーム「MIRROR WORLD」を特集。この世界のデジタルツインであり、リアルワールドにぴたりと重なるもうひとつのレイヤーである「ミラーワールド」とは?

これまで、インターネットがすべての情報をデジタル化し、SNSが人々のつながりをデジタル化してきたように、…

Read more

エイベックス・エンタテインメント × 近畿大学 空間演出プロジェクト 「音声AR講座」スタート

エイベックス株式会社

エイベックス・エンタテインメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒岩克巳、以下:AEI)と近畿大学(大阪府東大阪市、学長:細井美彦)は、2019年6月10日(月)から近畿大学アカデミックシアターにて、空間演出プロジェクト「音声AR講座(*1)」をスタートします。講師はAEIのクリエイティヴディレクターが務め、様々な分野への応用が進んでいる拡張現実(AR)や仮想現実(VR)について教授するとともに、アイデアソンを実施し、優秀なアイデアに対しては実装化を検討します。…

Read more

全身3D スキャナー量産機「3D GATEWAY」をさらにバージョンアップ。40分で組み立て可能・設置場所に応じてサイズの可変が可能。

株式会社デジタルアルティザン

「どこにでも持ち運べて、誰でも簡単にスキャンできる全身3Dスキャナー」がさらにパワーアップ

株式会社DiGITAL ARTISAN(本社:東京都目黒区、代表:原雄司) は、株式会社DIGINELの技術提供の元、1/200秒で撮影かつ高精度3D モデルの生成が可能な全身3Dスキャナー「3D GATEWAY」の新型モデルを発表しました。
昨年発表した量産機にさらに改良を加え、組み立て・撤収と様々な輸送形態を考慮して設計をアップデートしており、受注を受けての生産を開始し…

Read more

4人マルチプレイの剣での戦いをテーマにしたVRオンラインアクションゲーム「ソード・オブ・ガルガンチュア」6月7日に正式リリース!同時に日本のVRゲームで初めてOculus Questにも対応!!

株式会社よむネコ

~剣を取り、共に抗え~

VRゲームの企画・開発をしている株式会社よむネコ(東京都新宿区、代表取締役社長:新 清士)は、VRオンラインアクションゲーム「ソード・オブ・ガルガンチュア」を2019年6月7日午前2時に正式リリースをすることをお知らせします。
尚アメリカ時間(太平洋標準時)の正式リリースは6日の午前10時を予定しております。
また、正式リリースに伴い日本のVRゲームで初めてOculus Questにも対応することをお知らせします。

ソード・オブ・ガルガンチュアは2…

Read more

これが最新!教育研修における映像コンテンツ活用≪6/27大阪開催≫

株式会社デジタル・ナレッジ

~映像、VR、ライブ配信、マイクロラーニングをどう取り入れるべきか~

導入実績1500超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、 株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、 代表取締役社長:はが弘明)は、2019年6月27日(木)、大阪で「最新!教育研修における映像コンテンツ活用」セミナーを開催致します。

効果的な映像コンテンツの作り方やVR活用事例、ライブ配信のご紹介を通じ、より具体的な活用イメージをお持ち帰りいただきます。単なる映像制作ではなく、教育…

Read more

PTCジャパン株式会社と販売代理店契約を締結

SB C&S株式会社

~オールインワンIoTプラットフォームやAR開発ツールなどの取り扱いを開始~

 

SB C&S株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「SB C&S」)は、PTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭、以下「PTC」)と販売代理店契約を締結し、オールインワンIoTプラットフォーム「ThingWorx(R)」やAR開発ツール「Vuforia(R)」をはじめ、「Creo(R)」「Windchill(R)」「Integri…

Read more

猛暑日や雨の日でも楽しめる!全天候対応の次世代型テーマパーク「リトルプラネット」、平日限定でおとなの入場料金が半額になるキャンペーンを6月3日(月)からスタート!

株式会社プレースホルダ

 遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(http://litpla.com)を運営する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は、本日6月3日(月)から7月12日(金)の平日に、リトルプラネットの6つの常設パークでおとなの入場料金が半額になるキャンペーンを実施いたします。

 リトルプラネットはAR(拡張現実)などのデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパー…

Read more

VRクラウド「スペースリー」総額4億円のシリーズA資金調達を実施

株式会社スペースリー

利用事業者数2000社を超え不動産分野の継続率は98.5%に。VR研修分野への拡大と人工知能学会編集委員会 副委員長の清田氏を技術顧問に迎え独自データを用いた研究開発を強化

どこでもかんたんVRのクラウドソフト「スペースリー」を運営する株式会社スペースリー(代表取締役:森田 博和)は、DNX Ventures(カリフォルニア州サン・マテオ、マネージングディレクター:倉林 陽)、Archetype Ventures (所在地:東京都港区、Managing Partner:福…

Read more

アクセリア、360度静止画VRをオンラインで簡単に編集できる新サービス『Accelia VR PanoStudioアルファ版』の提供開始!

アクセリア株式会社

~ 2019年6月3日、全機能を使えるトライアルキャンペーンもスタート ~

アクセリアが、360度静止画素材を簡単操作で編集して、VRコンテンツを制作できる『Accelia VR PanoStudio(アクセリア・ヴイアール・パノスタジオ) アルファ版』をリリース!全機能を使って試せるトライアルキャンペーンも実施中です。

 大量データのWebコンテンツ配信プラットフォームを提供するアクセリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧野 顕道、以下アクセリア)は、3…

Read more

3年連続3回目の開催!大阪万博を見据えたAR/VR/MRハッカソン「XRジャム2019」、6月15日~6月16日に大阪南港・TEQSで開催決定!

GONENGO

豪華ゲスト登場&初心者がアプリの作り方を学べるプレイベントもあり!2025年日本万国博覧会で実現するXRの近未来世界を作ってみよう!

所属を超えてグループで課題解決をしながらAR/VR/MRアプリの企画から実現までを気軽に体験できるアプリ開発イベント「XRジャム2019」が、6月15日(土)~16日(日)にソフト産業プラザTEQS(大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟 6階)で開催されます。

xrjam2018

先頃決定した大阪万博の誘致プレゼンテーションでは、迷子になってしまった子供をXRで親の元まで案内したり、来場者に対してそれぞれの目的に合わせた情報をXRで表示したりする様子が世界から注目を集めました。

万博ではMRを含むXR技術の活用がテーマの一つとなっており、コンセプトで掲げられている「80億人参加」に向けて、産官学民が共創し一体感を持ってものづくりの新たな層を開拓していくことが望まれています。

osakadrivendev

主催者であるハッカー集団「大阪駆動開発」は一般の方を対象としたXRアプリの制作方法を学ぶハンズオン、ハッカソン等の企画を企業・団体・学校・コミュニティ・クリエーターらと共創・発信し、最先端技術に気軽に触れられる機会を提供してきました。

活動の功績に対する表彰として、2018年1月に日本マイクロソフト株式会社より「コミュニティへの貢献賞」を受賞したほか、2018年11月に開催された「Umeda XR Fest」や12月に開催された「つくろか!」などの企画、運営、およびブース出展の実績があります。グループメンバーは現在740人を数えます。

「XRジャム2019」はXRクリエーターが交流触れ合える貴重な機会となるほか、世耕弘成経済産業大臣が万博最終プレゼンテーションで語った「関西・大阪は未来社会の実験場(People’s Living Lab)」を具現化する、参加者にとって貴重なフィードバックが得られる実験場となります。

peopleslivinglab

このイベントに参加したい方、および協賛スポンサーを6月14日(金)まで募集しています。
また、アプリを作りたいと考えている初心者の方を対象に、作り方の基礎を学べるハンズオンセミナーを6月1日(土)、8日(土)に開催します。

ご希望の方は、以下のイベント詳細にアクセスしてご参加登録ください。

【イベント詳細:ハッカソン参加希望の方】
https://osaka-driven-dev.connpass.com/event/127120/

【イベント詳細:スポンサー希望の方】
https://osaka-driven-dev.connpass.com/event/132978/

【日時】
2019年6月15日(土) 10:00~6月16日(日) 18:30

【成果発表会】
2019年6月16日(日) 16:30~17:30

【会場】
ソフト産業プラザTEQS(大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟 6階)

【入場料】
早割:1000円
通常:1500円

【ハッシュタグ】
#XRJAM

【ゲスト】
常名 隆司氏
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 アセットストアマネージャー

【実施主体】
主催:大阪駆動開発
共催:ソフト産業プラザTEQS
協賛:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社、株式会社神戸デジタル・ラボ、株式会社ホログラム、TSUKUMO、GONENGO LLC

hackathon

●ハッカソンとは
hack(ハック)とmarathon(マラソン)を組み合わせた用語です。マラソンのように与えられた時間を徹してアプリやサービスの開発に没頭し、アイデアや成果を競い合うイベントです。
複数の参加チームが切磋琢磨することで新商品やサービスの誕生につながる、大きな可能性を秘めたオープンイノベーション手法の1つとして知られ、日本国内でも多くの企業・団体がハッカソンを開催しています。
ソフトウェアの新規開発や既存プログラムの改善作業を通じ、スキルアップや人材育成を図る目的で実施されることもあります。
osaka
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

Read more

3年連続3回目の開催!大阪万博を見据えたAR/VR/MRハッカソン「XRジャム2019」、6月15日~6月16日に大阪南港・TEQSで開催決定!

GONENGO

豪華ゲスト登場&初心者がアプリの作り方を学べるプレイベントもあり!2025年日本万国博覧会で実現するXRの近未来世界を作ってみよう!

所属を超えてグループで課題解決をしながらAR/VR/MRアプリの企画から実現までを気軽に体験できるアプリ開発イベント「XRジャム2019」が、6月15日(土)~16日(日)にソフト産業プラザTEQS(大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟 6階)で開催されます。

xrjam2018

先頃決定した大阪万博の誘致プレゼンテーションでは、迷子になってしまった子供をXRで親の元まで案内したり、来場者に対してそれぞれの目的に合わせた情報をXRで表示したりする様子が世界から注目を集めました。

万博ではMRを含むXR技術の活用がテーマの一つとなっており、コンセプトで掲げられている「80億人参加」に向けて、産官学民が共創し一体感を持ってものづくりの新たな層を開拓していくことが望まれています。

osakadrivendev

主催者であるハッカー集団「大阪駆動開発」は一般の方を対象としたXRアプリの制作方法を学ぶハンズオン、ハッカソン等の企画を企業・団体・学校・コミュニティ・クリエーターらと共創・発信し、最先端技術に気軽に触れられる機会を提供してきました。

活動の功績に対する表彰として、2018年1月に日本マイクロソフト株式会社より「コミュニティへの貢献賞」を受賞したほか、2018年11月に開催された「Umeda XR Fest」や12月に開催された「つくろか!」などの企画、運営、およびブース出展の実績があります。グループメンバーは現在740人を数えます。

「XRジャム2019」はXRクリエーターが交流触れ合える貴重な機会となるほか、世耕弘成経済産業大臣が万博最終プレゼンテーションで語った「関西・大阪は未来社会の実験場(People’s Living Lab)」を具現化する、参加者にとって貴重なフィードバックが得られる実験場となります。

peopleslivinglab

このイベントに参加したい方、および協賛スポンサーを6月14日(金)まで募集しています。
また、アプリを作りたいと考えている初心者の方を対象に、作り方の基礎を学べるハンズオンセミナーを6月1日(土)、8日(土)に開催します。

ご希望の方は、以下のイベント詳細にアクセスしてご参加登録ください。

【イベント詳細:ハッカソン参加希望の方】
https://osaka-driven-dev.connpass.com/event/127120/

【イベント詳細:スポンサー希望の方】
https://osaka-driven-dev.connpass.com/event/132978/

【日時】
2019年6月15日(土) 10:00~6月16日(日) 18:30

【成果発表会】
2019年6月16日(日) 16:30~17:30

【会場】
ソフト産業プラザTEQS(大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟 6階)

【入場料】
早割:1000円
通常:1500円

【ハッシュタグ】
#XRJAM

【ゲスト】
常名 隆司氏
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 アセットストアマネージャー

【実施主体】
主催:大阪駆動開発
共催:ソフト産業プラザTEQS
協賛:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社、株式会社神戸デジタル・ラボ、株式会社ホログラム、TSUKUMO、GONENGO LLC

hackathon

●ハッカソンとは
hack(ハック)とmarathon(マラソン)を組み合わせた用語です。マラソンのように与えられた時間を徹してアプリやサービスの開発に没頭し、アイデアや成果を競い合うイベントです。
複数の参加チームが切磋琢磨することで新商品やサービスの誕生につながる、大きな可能性を秘めたオープンイノベーション手法の1つとして知られ、日本国内でも多くの企業・団体がハッカソンを開催しています。
ソフトウェアの新規開発や既存プログラムの改善作業を通じ、スキルアップや人材育成を図る目的で実施されることもあります。
osaka
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

Read more

NTTデータNJKとPsychic VR LabがSTYLYのB2B分野における戦略的業務提携を締結

株式会社Psychic VR Lab

VRクリエイティブプラットフォーム「 STYLY 」を提供する株式会社Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区 代表取締役:山口征浩 以下「Psychic VR Lab」)と、株式会社NTTデータNJK(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石川 勝雅 以下「NTTデータNJK」)は、来るべきVR/MR市場拡大に対応した事業強化のため、Psychic VR Labが提供するSTYLYを活用したビジネスソリューションの開発・運用について提携することで本日…

Read more

日本発の仮想世界 “ambr” 、2019年夏にオープンアクセス開始予定。Oculus Quest対応も予定。また、クローズドアクセス期間中の新規ユーザーを追加募集。

株式会社 ambr

“Hello, Virtual World.”

日本発のソーシャルな仮想世界を開発/運営する株式会社ambr(東京都世田谷区、以下、「ambr」)は、2019年夏より仮想世界 “ambr” のオープンアクセスを開始予定です。現在対応中のVRデバイス「Oculus Go」に加えて、新しいVRデバイス「Oculus Quest」への対応を進めます。また、今回の発表に合わせて、クローズドアクセス期間中の新規登録ユーザーを追加募集します。

■オープンアクセス予定
2019年夏より仮想世界 “ambr” のオープンアクセスを開始する予定です。
2019年4月9日のクローズドアクセス開始から、ambrでは様々なアップデートを実施してきました。
オープンアクセス開始に向けて、新しいVRデバイス「Oculus Quest」の対応や、VRクラブ、VRギャラリーなど新コンテンツの追加など、新しい仮想世界 “ambr” はますます進化していく予定です。

<実施済みのアップデート(一部)>

#stabilizing : 安定性の向上
#Playground : 空間をカスタマイズできる機能及びスペースを追加
#One’s Bar : VR飲みが可能なバースペースを追加


<実施予定のアップデート(一部)>

“VRクラブ”・”VRギャラリー” などの新コンテンツ追加(2019年夏予定)
新しいVRデバイス「Oculus Quest」の対応(2019年夏予定)
ambr上でより様々なVRMアバターが利用できるシステムの構築(2019年中予定)

■新規登録ユーザーの追加募集

今回の発表にあたって、クローズドアクセス期間中の新規登録ユーザー様を追加募集します。Oculus Goをお持ちの方で、ご希望される方は下記のフォームからご応募ください。
※募集上限数に到達次第、締め切らせていただきます。
https://forms.gle/nzeT58PJJrYonSMm9

■コラボレーション先の募集
ambrではより良い仮想空間を創るべく、コラボレーションして頂けるクリエイター様、ファンやブランドを持つIP/企業様を募集しております。

また、企業様に対してはambrの提供する機能(高クオリティなVR空間・アバター・アイテム開発、コミュニケーション・ゲーム機能等)を用いた販売促進・PR・イベントへの活用も募集しております。
下記のフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。
https://forms.gle/9tSLNpwoWa7KGwi59

■仮想世界ambrについて


仮想世界“ambr”はVRデバイスからアクセス可能な新しい仮想世界です。ユーザーはアバターとなってアクセスし、他のユーザーと一緒に仮想世界でのコミュニケーションやゲームを楽しむことができます。
現在、VRデバイスOculus Goに対応しており、2019年4月9日より登録者限定のクローズドアクセスを開始しています。

■会社概要
商号  :株式会社ambr (アンバー)
代表者 :代表取締役CEO 西村 拓也
事業内容:仮想世界 “ambr” の開発・運営
所在地 :〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-22-5 ビラノール105
設立  :2018年8月
資本金 :90,093,142円(資本準備金含む)
URL :https://ambr.co.jp/

<採用情報>
ambrでは、一緒に新しい仮想世界を創造するエンジニア及びクリエイターを募集しています。ご興味ある方は是非ご連絡ください。
https://www.wantedly.com/projects/310100
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

Read more

新卒採用プログラムパッケージ「VRインターンシップ」サービス開始

イクスアール株式会社

就活解禁日前に学生にいかに接触しておくかが新卒採用の鍵。接触の主流がインターンシップです。採用担当者が負担に感じていたインターンシップのプログラムをパッケージにしたのが「VRインターンシップ」です。

2018年創業のベンチャー企業、VR及びAR技術を用いたコンテンツの企画~設計・開発・運用までを手掛けるイクスアール株式会社(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役:蟹江真 / 小池健輔)は、新卒採用におけるインターンシッププログラムをVR(バーチャルリアリティ)の組み込まれた個…

Read more
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ