絵を描くように3Dキャラ作成「VRoid Studio」β版提供開始 一般公開は8/3

LINEで送る
Pocket


ピクシブは、3DCGアニメやゲーム、VR/ARプラットフォーム上などで利用可能なキャラクターの3Dモデルを無料で簡単に作成できるキャラクターメイカー「VRoid Studio(ブイロイド・スタジオ)」について、先行利用者向けのベータ版の提供を開始した。一般公開は8月3日から。

 
「VRoid Studio」は、人型アバター(キャラクター)の3Dモデルが作成できるWindows・Mac対応の無料アプリケーションだ。イラストを描くようにモデルをデザインできるのが特長。作成した3Dモデルは、各種3Dアプリケーションで利用できるファイルにエクスポートできる。

 
●関連記事
pixiv、お絵かき感覚で3Dキャラを作れる「VRoid Studio」発表! 7月末リリース

 
今回提供を開始したベータ版ではVRM形式でのエクスポートに対応。今後、ほかのファイル形式でのエクスポートもサポートしていく。

 
「VRoid Studio」でキャラクターを1人作成することにより、VRM形式に対応したさまざまなVR/ARプラットフォーム上でアバターとして利用できる。そのキャラクターをバーチャルYoutuberのようなバーチャルタレント活動や3Dゲーム内のキャラクターとして登場させることももちろん可能だ。作成した3Dモデルは商用利用も可能としているため、さまざまな用途に活用できる。

 

▲ストロークで毛束を追加し、各毛束をパラメータで調整できる

 

▲髪型編集用のガイドを表示した状態

 

▲髪型は全身とのバランスを見ながら調整可能

 

▲3DオブジェクトとUV展開両方を確認しながら、どちらにもテクスチャを描き込める

 

▲絵を描くのと同じ感覚で濃淡や光を表現可能

 

▲まつげやアイラインのテクスチャも編集可能。レイヤーも利用できる

 

▲目の大きさや鼻の位置を変えることで、理想の顔立ちに調整できる

 
キャラクターの印象や魅力に大きく影響する顔や目、体型や髪型といったパーツを、イラストを描いているかのように表現力豊かに作成できるのは「VRoid Studio」の強みだ。今後も、各パーツをより直感的にモデリングできるようにツールを進化させていきたいとしている。最新情報は、公式サイト公式Twitterをチェックしよう。

 

VRoid Studio(Version 0.1)


・配信日:
 - 先行利用者向け:7月31日
 - 一般公開:8月3日
・価格:無料
・対応OS:Windows 10 / 8 / 7、macOS 10.13 High Sierra / 10.12 Sierra

・主な機能:
 - 髪型のモデリング
 - 目・顔のカスタマイズ
 - 髪・顔・服・身体のテクスチャペイント
 - VRM形式に対応したボーンの生成
 - VRM形式でのエクスポート

※VRM形式…オープンソースで提供されている3Dアバター向け汎用ファイルフォーマット

【今後の機能提供予定】
・モデリング機能の強化
 - 体型のカスタマイズ
 - ヘアデザイン機能にポニーテールやツインテールの作成ツールを追加
 - 表情デザイン機能
 - 顔編集機能に八重歯や牙などの設定を追加
 - ケモノ耳やツノなど、付加パーツのデザイン機能
 - 髪の毛など、揺れもの設定機能
 - 顔や体型の形状編集機能の強化
 - 男性ベースモデルの提供
 - ベースモデルの衣装の拡充
 - 衣装デザイン機能
 - アクセサリーなど、他ソフトで作成された3Dモデルのインポート
・テクスチャ編集機能の強化
 - ペンツール(ブラシ)のカスタマイズ
・ユーザビリティの向上
 - VRMで定義された表情セットの自動追加
 - 作成したモデルに表情やポーズをつけて撮影が出来る機能
 - UIの改善
 - ショートカットキーへの対応
 - 多言語対応(英語から開始)
 - FBX形式・OBJ形式へのエクスポート

 
(TEXT by 津久井箇人 a.k.a. そそそ

 
●関連リンク
VRoid Studio 公式サイト
VRoidプロジェクト 公式Twitter

LINEで送る
Pocket

DR-701D VTuberさん配信アンケート
のじゃロリLINE公式スタンプ にじさんじLINE公式スタンプ 猫宮ひなたLINE公式スタンプ にじさんじ2期生LINE公式スタンプ
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ