にじさんじ「Virtual to LIVE in 両国国技館 2019」超速フォトレポート 15名の熱唱に国技館が揺れた!

LINEで送る
Pocket

いちからは8日、同社が運営するVTuber/バーチャルライバーグループ「にじさんじ」の15人が出演するライブイベント「Virtual to LIVE in 両国国技館 2019」を東京都墨田区の両国国技館にて開催した。約6000席(しかもソールドアウト!)の観客が見事なペンライトの海をつくった現地だけでなく、ニコニコ生放送のネットでも大いに盛り上がったライブの様子を写真中心にレポートしていこう。

なおレーベル4社よりメジャーデビュー、全国5ヵ所のZeppツアー「にじさんじ JAPAN TOUR 2020 Shout in the Rainbow!」を2020年2〜3月に開催とニュースも盛りだくさんだった。

月ノ美兎さんはソニー・ミュージックレーベルズ SACRA MUSICより2020年にメジャーデビュー
樋口楓さんはLantisで、 デビューシングルを2020年春に発売予定
御伽原江良さん、森中花咲さんによる「petit fleurs」がNBCユニバーサル・エンターテイメントより2020年春にメジャーデビュー

さらに新ユニット「Rain Drops」がVirgin Music(ユニバーサルミュージック)よりデビュー決定。メンバーは2020年1月23日のにじさんじ公式YouTubeチャンネルにて配信する特別番組にて発表予定だ。


わずか2年弱で国技館を埋め尽くすまでに急成長 

いよいよここまで来たか──!

にじさんじといえば、今、一番勢いに乗っているVTuber事務所だろう。その歴史を振り返るだけでも怒涛で、2018年2月から「公式バーチャルアイドル」として1期生8人が始動。3月に2期生5月にゲーマーズ6月にSEEDs、7月にゲーマーズを2回追加(1回目2回目)、9月にSEEDsの2期生……と矢継ぎ早にメンバーを増やして約1年前に58人を1グループに統合。その後も、毎月2、3人がデビューしてきて、わずか2年弱で92人という大所帯にまで膨れ上がっている。

もちろん人数が多いだけでなく、約6000席をソールドアウトさせるぐらいにファンの数も多い。その面白さを一言で言うのは難しいが、動画から巻き起こったVTuberムーブメントにおいて、にじさんじは生放送をメインにして、深夜ラジオのようにファンと距離感の近い切り口を提供したのが新しかった。

最初期に「ムカデ人間」をTwitterトレンド入りさせるなどで一気に注目を集めた月ノ美兎さんのように、キャラクターと中の人の個性が両方とも強いのも魅力だ。表情の豊かさも後押ししてキャラ立ちしている才能が多くの存在しているからこそ、コラボ配信も「何が起こるんだろう」と期待が高まる。Minecraft、マリオカート、実況パワフルプロ野球、Project Winter、ポケットモンスター ソード・シールドなど、ゲーム実況だけでも数えきれない伝説の配信を生み出してきたし、会話の掛け合いだけでも「てぇてぇ」(尊い)という気持ちが生まれる組み合わせもある(「にじさんじ やれたかも委員会」など、アダルティーな企画も面白いですね)。

そんな評判を積み重ねてきたこともあり、最近では新人のデビュー配信で同時接続数が2〜3万人に上ったり、今年のデビュー組でもVTuberでひとつのマイルストーンとされる10万チャンネル登録者を数ヵ月で達成したりと、人気が加速してきている。人数が多いだけあって○万人達成記念や誕生日、2Dから3D化番組などが頻繁に配信されており、「箱」を追っているだけで毎日がお祭りのような気分になる。

リアルイベントにも、2018年の早い時期から進出してきた。田角CEOと岩永COOがメインの「にじさんじ公式オフ会」を皮切りに、月ノ美兎さんの「朝まで起立しナイト(仮)」や「夏休み ~課外授業編~」、樋口楓さんの「KANA-DERO」などのライブを実施。今年10月には約6500人参加の最大規模となった「にじさんじ Music Festival」も開催した。

イベントに招かれることも多く、2018年はニコニコ超会議の「バーチャルYouTu”BAR”」、ニコニコ町会議で1対1で話せたバーチャルキャストカー、JK組が参加したよみうりランドの企画「VtuberLand!」、2019年は超会議の「VTuber Fes Japan」、町会議のバーチャルキャストカー、VTuberLand!に加えて、京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)の「にじさんじおこしやす喫茶」と、とにかく引っ張りだこだ(PANORAでも、バレンタイン超会議のVTuberおしゃべりフェスでコラボさせていただきました)。

ネットでもリアルでも加速している今のタイミングで、今年の集大成とでもいうべきなのが今回のライブになる。プレミアチケットを手にできて現地で参加できた方々はとてもラッキーだったと言えるだろう。

StarryResonanceオーディション

●Sharpness…(剣持刀也)

●ダンスロボットダンス(勇気ちひろ/剣持刀也)

●Los! Los! Los!(勇気ちひろ)

●メランコリック(椎名唯華)

●ロキ(椎名唯華/笹木咲)

●命に嫌われている。(笹木咲)

●恋愛裁判(夢月ロア)

●secret base~君がくれたもの~(鈴原るる/夢月ロア)

●ガーネット(鈴原るる)

●小さきもの(戌亥とこ)

●オトモダチフィルム(御伽原江良/戌亥とこ)

●おねがいダーリン(御伽原江良)

●千本桜(静凛)

●God knows…(鈴鹿詩子)

●バレリーコ(森中花咲)

●気まぐれメルシィ(森中花咲/鈴鹿詩子/える)

●MESMERIZER(える)

●君は薔薇より美しい(ジョー・力一)

●あいがたりない feat. 中田ヤスタカ(月ノ美兎)

●林檎もぎれビーム!(ジョー・力一/月ノ美兎/樋口楓/鈴原るる/える)

●MARBLE(樋口楓)

●dream triangle(樋口楓/月ノ美兎/静凛)

●アンコール:Virtual to LIVE(月ノ美兎/樋口楓/静凛/剣持刀也/勇気ちひろ/える/鈴鹿詩子/森中花咲/椎名唯華/笹木咲/ジョー・力一/鈴原るる/夢月ロア/御伽原江良/戌亥とこ)

●セットリスト
M1 Sharpness…(剣持刀也)
M2 ダンスロボットダンス(勇気ちひろ/剣持刀也)
M3 Los! Los! Los!(勇気ちひろ)
M4 メランコリック(椎名唯華)
M5 ロキ(椎名唯華/笹木咲)
M6 命に嫌われている。(笹木咲)
M7 恋愛裁判(夢月ロア)
M8 secret base~君がくれたもの~(鈴原るる/夢月ロア)
M9 ガーネット(鈴原るる)
M10 小さきもの(戌亥とこ)
M11 オトモダチフィルム(御伽原江良/戌亥とこ)
M12 おねがいダーリン(御伽原江良)
M13 千本桜(静凛)
M14 God knows…(鈴鹿詩子)
M15 バレリーコ(森中花咲)
M16 気まぐれメルシィ(森中花咲/鈴鹿詩子/える)
M17 MESMERIZER(える)
M18 君は薔薇より美しい(ジョー・力一)
M19 あいがたりない feat. 中田ヤスタカ(月ノ美兎)
M20 林檎もぎれビーム!(ジョー・力一/月ノ美兎/樋口楓/鈴原るる/える)
M21 MARBLE(樋口楓)
M22 dream triangle(樋口楓/月ノ美兎/静凛)


・アンコール
M23 Virtual to LIVE(月ノ美兎/樋口楓/静凛/剣持刀也/勇気ちひろ/える/鈴鹿詩子/森中花咲/椎名唯華/笹木咲/ジョー・力一/鈴原るる/夢月ロア/御伽原江良/戌亥とこ)


(TEXT & Photos by Minoru Hirota

 
●関連リンク
Virtual to LIVE in 両国国技館 2019
にじさんじ