水中ドローン×海洋 VR「Virtual Ocean Project」 院内学級向けにオンラインで海の学び授業を開催

LINEで送る
Pocket

海と日本プロジェクト広報事務局

「Virtual Ocean Project」は、水中ドローンと最新の IT 技術を⽤いて新しい海洋 VR コンテンツを世界 に発信するプロジェクトです。これまではリアルでのイベントを中⼼に⾏ってきましたが、今年度はコロナ の状況を踏まえ、院内学級や⼩学校にて「オンライン授業」を開催いたします。
公式 HP:https://www.virtualocean.jp/

VR コンテンツ体験を通して、海の素晴らしさと、マイクロプラスチック問題や海の酸性化など、今海で起こっている問題について幅広い世代へ伝えていくことを⽬的に活動を⾏っています。
2019 年度のイベントでは、箱根園⽔族館および横浜・⼋景島シーパラダイスにて体験ブースを設置し、 ⽔中ドローンの 360 度リアルタイム映像と VR 技術を組み合わせ、まるで⽔中ドローンに乗り込んで⽔族館 の⽔槽の中を泳いでいるかのような VR 体験を通して海について学んで頂きました。

2020年度はコロナ禍の影響や身体的ハンディキャップにより、海に⾏く機会が減ったり、海に⾏けない⼦どもたちの体験格差の解消を⽬的とし、Webミーティングツールと水中ドローン搭載カメラの360度映像によるVR体験を組み込んだ、オンラインでの海の学び授業を実施しました。
2021年度も引き続きオンラインでの海の学び授業を日本全国の複数の院内学級で実施予定をしており、7/27に第1回の実施として海の無い県でもある栃木県の「栃木県立岡本特別支援学校おおるり分教室」で実施致します。
このプロジェクトは⽇本財団が⾏っている「海と⽇本プロジェクト」の⼀環です。

※水中映像は声により任意の方向を体験可能
※水中映像は声により任意の方向を体験可能

※昨年度実施の様子
※昨年度実施の様子

ユージェネバーチャルタレント募集

■イベント概要
【第1回】
・日時:2021年7月27日(金)11:05-11:50
・場所:栃木県立岡本特別支援学校おおるり分教室
・配信方法:Zoomによる配信、授業が行われている多目的ルームにつないでのオンライン授業
・人数:小学生2名、中学生10名程度
※第2回以降の授業および、VR空間内での授業を9月以降に実施予定

■授業プログラム
今回は「ドローンダイバー」という、近い未来にダイバーの仕事の一つになるであろう仕事を仮想し、水中ドローン映像を声で操作することで職業体験として行う。
業務内容は水中ドローンの本来の業務を簡易体験。その中で、海の大切さ・海の問題(海洋ごみ問題・温暖化、他)を学んでいただく。

1部:イントロダクション
    ドローンダイバー挨拶等
2部:職業体験
       ドローン業務の紹介、依頼対応

<ドローン体験>
ドローンダイバーのところに依頼主からメッセージがあり、それをドローンを操縦して解決する
・魚の写真を撮ってきてほしい
・水槽の水質を見てほしい
・水槽に異常がないか見てほしい
・きれいな水中の写真が撮りたい

3部:報告作成
       ドローンダイバーのもとに届いている質問を生徒と一緒に回答していく。

■過去の実施概要
・2019年8月18日(日)~8月31日(土) 第1回「箱根園水族館」
箱根水族館にて常設展示を実施。一般公開日ではファミリー層を中心に多くのお客様に体験いただき、海洋問題についても理解を深めていただくことができた。

・2019年11月29日(金)〜 12月8日(日) 第2回「横浜・八景島シーパラダイス」
2人組コックピットを採用して、2回目の常設展示を実施。カップルや親子での体験者も多く、前回同様幅広い層に海洋問題についても理解を深めていただくことができた。

・富士通×関西学院大学の共同研究
2019年12月4日に富士通と関西学院大学の共同研究に協力し、神奈川県立子ども医療センター内学級の生徒に向けて、遠隔での授業を実施。ドローンの操作体験を通じ、海を感じてもらいながら海洋問題に関しての教育を行うことができた。
また、12月8日には日本ALS協会の協力により、「ALS患者向け体験会」を実施。ALS患者2名を迎え、視線入力によるドローン操作体験を行っていただき大変好評を頂いた。

・2020年12月25日(金)大府特別支援学校
小学生16名、中学生8名にウェビナー形式で院内学級向け遠隔授業開催。
参加生徒からは、「水中ドローンを使用することで、人が立ち入れないところまで行けるから楽しかった」との感想。また、「自分たちの行動が海の環境問題にも関係していくので気をつけていきたい」という声も聞かれた。

・2021年1月14日(木)さいたま市立栄小学校
小学校に大型のスクリーンを小学校に持ち込み、小学生5年生を対象に約100名に実施した。
生徒はコントローラーを用いて水中疑似体験を実施した。コロナ禍により運動会や社会科⾒学などの学校⾏事は軒並み中⽌となっている中で、クラスメイトとの貴重な海体験となった。

2019年度イベントのHP:https://www.virtualocean.jp/2019
2020年度のイベントのHP:https://www.virtualocean.jp/

■団体概要

Virtual Ocean Project
「Virtual Ocean Project」は最新のIT技術と水中ドローンを用いて新しい海洋VRコンテンツを世界に発信するプロジェクトです。VRコンテンツ体験を通して、海の素晴らしさと、今起こっている問題について幅広い世代へ伝えていきます。
https://www.virtualocean.jp/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ