Meta Quest、v39ソフトウェア・アップデートを発表 待望のマルチタスクを正式サポート

LINEで送る
Pocket

Reality Labsは4月11日(米国時間)に、Oculus BlogにてMeta Questの「v39ソフトウェア・アップデート」について発表した。主な新機能は下記の通り。

Home環境「Mountain Study」

Home環境の第2弾として、雪を被った山頂とレッドウッドの静かな大聖堂をイメージした新しい「Mountain Study」環境を搭載。この新しいHome環境にアクセスには、Questの設定メニューにあるv39の新しい「バーチャルワークスペース」タブからアクセスできる。

マルチタスク機能を正式導入

StarryResonanceオーディション

これまで設定タブのテスト機能として導入してきたマルチタスク機能を正式搭載。利用者のQOL(生活の質)向上に役立つ機能の導入やさまざまな改良を加えている。例えば、複数のインスタンスをサポートするアプリでは、ユニバーサルメニューにあるアイコンをクリックした時に、復元したいウィンドウを選択できるようになった。また、複数のアプリを切り替えて、最後に開いていたアプリに戻ることもより簡単にできるようになっている。これらの機能は今後1ヵ月の間に正式サポート予定だ。

iOSでヘッドセットとリンク共有

v37で追加されたAndroid向けのヘッドセットへのリンク共有機能に加え、v39ではiOSデバイスからのリンク共有対応も提供する。このリンク共有を使用すると、スマートフォンからQuestに、VRコンテンツを迅速かつ簡単に共有できる。例えば、他の利用者から「Tokyo Origami」へのリンクを共有してもらったり、Redditで他の利用者がプレイしている面白そうな体験を試してみたいときなど、ヘッドセットを装着していても、いつでも開くことができるようになった。

Questの電源を入れ、Bluetoothが有効になっていることを確認したら、スマートフォンでWebサイトを開き、「共有」をクリックし、Oculusモバイルアプリから「今すぐ開く」を選択した後、「ヘッドセット」を選択すると、ヘッドセットを装着したときに自動的にブラウザーが開く。

このほか、「Meta Quest ブラウザ」のロゴも更新されている。

●関連リンク
Oculusブログ