ナナヲアカリ・猫又おかゆ・湊あくあの「チューリングラブ」など特別コラボに刮目せよ 「V-Carnival VOL.2」DAY1徹底レポート

LINEで送る
Pocket

6月11、12日の両日、総勢22組23名の大人気VTuberやバーチャルアーティストが参加して開催された配信限定の全編AR音楽ライブ「V-Carnival VOL.2」。

昨年4月に配信された初めての「V-Carnival」と同じく、フジテレビの「FNS歌謡祭」などの大型音楽番組で培われてきたテレビマンの撮影ノウハウと、様々なバーチャルライブやイベントでお馴染み「LATEGRA」の最先端のAR、CG技術が融合。

フジテレビのスタジオに実在するステージ上にバーチャルな存在である出演者が立ち、現実空間ではあり得ないほど華やかでイマジネーションあふれるライブを披露した。ここでは全12名のアーティストが23曲を披露した11日の「DAY1」の模様をレポートしていく。

*DAY2のレポートはこちら → 声優・VTuber6人の「うまぴょい!」サプライズにもびっくり!「V-Carnival VOL.2」DAY2徹底レポート

「みこスバ」のデュエットでDAY1が開幕!

開演時間に配信がスタートすると、まず登場したのはDAY1のMCで出演アーティストでもある月ノ美兎さんと、ニッポン放送所属のバーチャルMC・一翔剣さん。二人はフジテレビ本社ビル25階の球体展望室で、お台場の夜景をバックにオープニングトークを繰り広げる。

AR技術により、現実の展望室にリアルタイムで立っている二人の姿は自然で違和感を感じさせないのだが、おなじみの制服姿の3Dモデルで話す月ノさんの後ろに、ライトアップされた東京タワーやレインボーブリッジを走る車のヘッドライトが見える光景は、やはりどこか不思議な感覚もあった。

月ノ美兎さんの「『V-Carnival VOL.2 DAY1』スタート!」という開幕宣言と、DAY1の全出演者を紹介するオープニング映像の後、最初にステージに登場したのは、ホロライブの元気印、大空スバルさんとさくらみこさん。二人も参加している「hololive IDOL PROJECT」の楽曲「でいり~だいあり~!」をデュエットで披露した。

毎日、いろいろな楽しさを見つけて、配信でリスナーたちに届けるVTuberの思いを歌った楽曲に合わせてか、サビに入った瞬間、ステージには巨大なパソコンとゲーム機が出現。それぞれのモニターには、歌い踊るスバルさんとみこさんが映し出される。1曲目からいきなり「V-Carnival」らしい派手で賑やかなステージ演出だ。二人の可愛く元気なパフォーマンスも、トップバッターに相応しいインパクトで、演出に負けていなかった。

スバルさんが退場した後は、2曲続けて、みこさんのソロステージ。みこさんらしくハイテンションな1stオリジナル曲「マイネームイズエリート☆」では、曲の途中で鳥居や巨大な招き猫が登場。リズムに乗って動き、みこさんと一緒にステージを盛り上げる。

対して、春らしく爽やかな2ndオリジナル曲「サクラカゼ」でのAR演出は、ゆっくり舞い落ちる桜の花びらだけと控え目。歌い上げるような曲調に合わせて、視聴者の意識をみこさんのパフォーマンスに集中させている……のかと思っていたら、2番のサビで突然、満開の桜の木が4本も出現。みこさんにも曲にもぴったりの演出だ。筆者も少し鳥肌が立ったが、きっとコアな35P(さくらみこファンの愛称)たちは感動で涙したことだろう。

続いて登場したバーチャルシンガーのMaiRさんは、オリジナル曲「Shout My Live」で熱くカッコ良いパフォーマンスを披露。しかし、仲良しでコラボの機会も多く、「姉さん」と呼んでいる朝ノ瑠璃さんが登場した後のトークでは、ずっとニコニコ笑顔。そして、二人で「ADAMAS」(LiSA)をカバーするときには、また熱いロックシンガーに変貌。そのギャップも魅力的だった。雷のようなAR演出もステージの熱をさらに高める。

オリジナルの持ち曲が豊富な朝ノ瑠璃さんがソロのパフォーマンスで披露したのは、無期限活動休止中の妹、朝ノ茜さんとのデュエット曲として発表した「PLATFORM」。VTuberとして生きることの思いも込められた曲で、曲調も歌詞もライブにぴったりの楽曲だが、「V-Carnival」という大舞台でこの曲を選んだことには、「朝ノ姉妹」への思いも込められているのかなと想像した。

また、朝ノさんは力強い歌声だけでなく、客席を意識したステージパフォーマンスも印象的。リアル会場でのライブを観てみたいと思わせるアーティストだった。


ホロライブの人気メンバーがユニットでパフォーマンス

7曲目は、Kotone(天神子兎音)さんのメジャー1stシングル「PUNISHMENT」。ステージには、サビの歌詞をイメージする巨大な手首と地球や、タイトルの「罰」という言葉を象徴するような十字架が浮かぶ。

さらに、サビになると、手首と地球は巨大な頭蓋骨へと変化。これまでのステージの中でも、ひときわ独特の世界観を感じるAR演出が印象的で、Kotoneさんのパワフルなボーカルの魅力をさらに彩っていた。

Kotoneさんがステージに呼び込んだコラボ相手は、ホロライブの桃鈴ねねさん。ステージ上で投げキッスをしあうくらいハイテンションで仲良しな二人が披露したのは、「My Dearest」(supercell)のカバー。

MCとの温度差が激しすぎるほど澄んだユニゾンで歌いはじめた二人は、最初の間奏の間に空中を浮遊して移動。ステージ前方で離れ小島のようになっている小さなセンターステージへと移動して歌い続けた。そして、アウトロで再びステージへ。

おそらく、他の演出に比べると技術的にはシンプルなはずの空中移動だが、筆者は、音楽ライブのステージで観たのは今回が初めて。コロンブスの卵的な面白さを感じた。

StarryResonanceオーディション

アイドルVTuberグループのホロライブの中でも、アイドルとしてのステージパフォーマンス力に特に定評のある桃鈴ねねさんが歌ったのは、「ねね」と連呼するフレーズが耳に残るオリジナルのアイドルソング「ねねねねねねねね!大爆走」。冒頭では、ねねさんの歌声と手の振りに合わせて歌詞が空中に浮かび。その後も「ねね」の文字がステージを埋めていく。

大きく手を振りながら退場したねねさんと入れ替わりに、元気良く登場した大空スバルさんが歌うのは、オリジナル曲「ぷ・れ・あ・で・す!」。ボーイッシュなルックスのイメージ通りに跳ねるように元気に動くスバルさん。一方、手足の柔らかな動きからは可愛らしさも感じるというアンビバレントな魅力に満ちている。

そして、ステージは、サビでヒマワリ畑へと変貌。ヒマワリというモチーフも、スバルさんにぴったりだった。1曲目からずっとペンライトが揺れ動いている客席エリアにもヒマワリが多い茂り、まるでヒマワリが黄色のペンライトを振っているように見えるのも面白かった。

続く11曲目は、スバルさんと同じホロライブ2期生の湊あくあさんが歌うオリジナル曲「#あくあ色ぱれっと」。いつものマリンメイド姿で登場したあくあさんは、可愛いダンスと歌声で、リスナーの心をあくあ色に染めていく。

あくあさんのステージは、この日で一番くらいにシンプルな演出で、リアルに存在するセットの光や模様の変化くらいだったのだが、やはり、それだけでは終わらないのが「V-Carnival」のステージ演出。2番のサビに入ると、ステージに巨大なパフェが出現。その後も、あくあさんの「もっと」という歌声に応えるように巨大なお菓子やお菓子の家が現れた。

続いて、スバルさんとねねさんがステージに再登場。昨年6月に結成された3人のユニット「NEGI☆U」のメジャーデビュー曲「つまりはいつもくじけない!」を披露した。結成されたときには、ホロライブの陽キャ代表2トップと言われるスバルさん、ねねさんと、陰キャならではのエピソードも多いあくあさんのユニット結成でも話題となったが、ステージでの3人のパフォーマンスは相性バッチリ。

全身のバネを感じさせるスバルさん。長い手足の動きがキレキレなねねさん。小柄な身体の一挙手一投足がすべてキュートなあくあさん。三者三様ながら綺麗に揃ったダンスも、まさにユニットアイドルだった。また、サビでは、3人のイメージカラーの大きな風船が大量に降ってきて、ステージをさらに賑やかに彩る。風船がステージの床に跳ねる挙動は、まるで現実の風船のようにリアルだったが、曲が終わると同時に風船が消滅。やはり、AR演出だった。


ナナヲアカリとVTuberがコラボステージを披露

カメラは展望室に切り替わり、MCの月ノ美兎さんと一翔剣さんが前半パートを振り返りながらのトークが始まる。一翔さんは、視聴者の感想ツイートも紹介し、月ノさんもそれに反応していく。

一翔さんが語った「テレビマンはVの世界に技術を尽くすと、こんなすごいことが起きるんだ」という言葉には、激しく同意。最先端のAR、CG演出には何度も驚かされたが、それと同じくらい印象に残ったのが抜群のカメラワーク。まさに、テレビの有名音楽番組を観ているかのような安心感と高い満足度だった。

MCの二人は、フジテレビビルのさまざまな場所にいる出演者とトークを展開。MaiRさんは大物司会者クラスのタレントが使う個室の楽屋。朝ノ瑠璃さんはビル入口の近く。スバルさんは大階段の下。Kotoneさんは楽屋の前。AR映像の楽しさを見せるための演出だと思うのだが、場所のチョイスが謎で面白い。

 
続いてはスペシャルゲストのナナヲアカリさんが登場。ナナヲさんの楽曲はVTuber界でも大人気で、歌ってみた動画でも数多くの曲がカバーされており、まさに「V-Carnival」に相応しいスペシャルなゲストだ。

リハーサル室でMCの二人とトークをしていたナナヲさんは、コラボステージを披露するためにスタジオへと移動。マイクを付けてスタジオ入りする瞬間まで映しているのが面白い。

スタジオで待っていたコラボ相手は、ホロライブの猫又おかゆさんと、湊あくあさん。「ナナヲアカリさ~ん」という二人の声に応えて、ステージの上手から登場したナナヲさんは、ごく自然におかゆさんの後ろを通って、センターへと移動する。そこに映像的な違和感などは一切ない。

ナナヲさんがステージに現れると同時に、おかゆさんとあくあさんの背後にあったボードが上がって、4人編成のバンドも登場。3人は、生バンドの演奏とともに、ナナヲさんの人気デュエット曲「チューリングラブ」を披露した。

おかゆさんとあくあさんは2人で「チューリングラブ」の歌ってみた動画を公開しており、配信ライブで歌ったこともあるのだが、まさかのナナヲさんとのトリオでの歌唱実現は、ファンはもちろん、本人たちも嬉しいはず。

原曲ではSouさんが歌っている男性パートをおかゆさんとあくあさんが2人で順番に歌う歌詞分けだったのだが、おかゆさんはイケボで、あくあさんはいつもの可愛い声で歌っていく。サビでは、歌詞に合わせて、さまざな数式や化学式が宙を飛んでいた。

曲が終わり、ナナヲさんとバンドメンバーを見送った後で退場するおかゆさんとあくあさんが、「こんな機会もうないよ」「サインもらえば良かった」「本当に欲しい」と言い合っているときの雰囲気は、妙にリアルだった。

続いて登場したのは、ホロライブのAZKiさん。センターステージに立つと、まさに「命」を感じさせるエモーショルな歌声で、代表曲の「いのち」を披露する。VTuberやバーチャルアーティストにも命や感情があるのは当然なのだが、そんな当たり前なレベルを超越した何かも伝わってくるのがAZKiさんのライブの魅力。

ほんわかした話し方に癒されるMCを挟んで披露したオリジナル曲「オーバーライト」からも、デビュー以来所属していたレーベル「イノナカミュージック」での活動を終えて、新たな環境で歩み始めたばかりのAZKiさんの思いが伝わってくる。そんな彼女を後押しするように、ステージの周りには色鮮やかなチューリップなどが咲いていた。


可愛いダンスで魅せる「さくゆい」

16曲目では、にじさんじの椎名唯華さんが「乙女解剖」をカバー。ハスキーな椎名さんの歌声は、どこか切ない曲調にも非常にマッチしている。また、椎名さんが歌うと同時に、歌詞がマンガの吹き出しのように浮かんでいく演出も面白い。

ラスサビでは、吹き出しではなく、文字を動かすキネティックタイポグラフィで、歌詞を表示。これまでの全曲にも当てはまることなのだが、1曲の中で何通りもの演出を出し惜しみなく使ってくる。

椎名さんに「おいで~」と呼ばれて、ステージに登場したのは、同じにじさんじの笹木咲さん。人気コンビ「さくゆい」は、二人でのお決まりの挨拶をした後、「ねぇねぇねぇ。」(ピノキオピー)をカバー。MCでのやり取りなどは、大舞台といえども、いつもと変わらずゆるい感じの二人だが、動きが綺麗に揃った可愛いダンスは、きっとこのステージに向けての練習の成果なのだろう。

椎名さんが退場した後、笹木咲さんは、「ダーリンダンス」(かいりきベア)をカバー。イントロからテンポが速く、身体の動きを止める瞬間が皆無のダンスを可愛く踊り抜いた。曲や歌声に合わせて、色鮮やかに光る歌詞の文字がステージを彩っていく。

ラストも、カメラに向けて完璧なウインクを決めた笹木さんは、ステージ中央を四角く切り抜いたセリから退場。リアルライブでは定番ギミックのセリも、VTuberのライブでは意外に珍しい気がした。

そんなことを思っていると、笹木さんと入れ替わるように、セリからホロライブの猫又おかゆさんが登場。オリジナル曲の「もぐもぐYUMMY!」と「デタバレネコ」を披露した。どちらもおかゆさんの柔らかく甘い歌声にピッタリの曲だ。

のんびりした雰囲気の「もぐもぐYUMMY!」は、おかゆさんの「もぐもぐ」という声に合わせて、おむすびなどさまざままな食べ物が降ってきて、にぎやかなステージに。一方、「デタバレネコ」では、猫足やおむすびなどおかゆさんらしいモチーフを使ったシンプルな光の演出が印象的だった。

おかゆさんがセリで退場し、無人となったステージに流れてきたのは、月ノ美兎さんのメジャーデビュー曲「それゆけ!学級委員長」の特徴的なイントロ。そして、ステージの上から、赤い傘にぶら下がった月ノさんがゆらゆらと揺れながら降りてくる。令和の女子高生は普通知らないであろう懐かしいメリーポピンズ式の登場だ。

膝をほんの少しだけ曲げながら自然な動きでステージに降り立った月ノさん。手を離すと、傘だけが揺れながら飛んで画面から消えていく。本当に演出の芸が細かい。

この曲は、月ノさんの敬愛するササキトモコさんが、月ノさん自身をテーマに作った楽曲だけに、どんなステージで歌っているときも月ノさんの魅力全開なのだが、今回は、これまで以上の可愛さを感じた。きっと、月ノさん本人のパフォーマンス力がますます向上しているのだろう。手をパタパタしながら、片足を上げる振りなどが特に可愛く、しっかりとリズムを掴んでいる。

22曲目として月ノさんが披露したのも、オリジナル曲「みとらじギャラクティカ」。「それゆけ!学級委員長」では少しシンプル傾向だったAR演出もこの曲では全開。冒頭からステージや客席エリアの上に複数の宇宙戦艦が浮かび、サビに入ると無数の星が客席側からステージに向けて飛んでくる。さらに、ラップパートでは、惑星が浮かび、アステロイドベルトのような小惑星の帯も伸びていった。

再びサビに入ると、今度は大量の星が下手から上手に向けて流れていく。この曲のお約束の洗濯機が爆発するパートももちろんARで描写。最後、月ノさんは客席側から飛んで来たロケットに乗り込み、手を振りながら飛んで行った。展望室にカメラが切り替わった瞬間、MCの一翔剣さんが発した「やりたい放題やってましたね」という言葉がすべてを現していた。

月ノさんが乗ったロケットは、そのまま展望室に着陸。DAY1最後のトークパートが始まると、まずは展望室にスペシャルゲストのナナヲアカリさんが登場し、ステージでVTuberたちと共演した感想など語った。ナナヲさんが退場した後の笹木咲さんと椎名唯華さんとのトークでは、「さくゆい」のマイペースぶりが印象的だった。

 
「V-Carnival VOL.2」のDAY1を締めくくったのは、出演者全員による「adrenaline!!!」(TrySail)のカバー。

疾走感抜群の人気曲を熱唱し、明るく楽しくステージをまとめてくれる。ステージ上に大きな地球が浮かんでいるのは、国境を超越して世界中に繋がり、魅力を発信しているVTuberたちの象徴か。ラスサビでは、大きく綺麗な虹が掛かる。最後は、月ノさんが「明日も観てくださいね」とMCとしての最後の勤めを果たした後、お決まりの言葉「着席!」で締めくくった。

 
 
最先端のARやCGを活用した演出と、長年にわたって蓄積されてきたテレビマンのノウハウや技術。昨年の「V-Carnival」で驚かされた両者の融合は、2回目の開催となった今回、ますます進歩。正直、去年ほどの驚きはないだろうと思いながら見はじめたDAY1だったが、人間のアイデアやこだわりに限界が無いことを改めて思い知らされるステージの連続だった。

まだ観てない人で、このレポートの内容やスクリーンショットで興味を持った人は、アーカイブ(2022年7月10日の23時59まで視聴可能)をぜひ自分の観て確認して欲しい。


●DAY1 セットリスト

  1. でいり~だいあり~!(さくらみこ×大空スバル)
  2. マイネームイズエリート☆(さくらみこ)
  3. サクラカゼ(さくらみこ)
  4. Shout My Life(MaiR)
  5. ADAMAS(朝ノ瑠璃×MaiR)
  6. PLATFORM(朝ノ瑠璃)
  7. PUNISHMENT(Kotone/天神子兎音)
  8. My Dearest(Kotone/天神子兎音×桃鈴ねね)
  9. ねねねねねねねね!大爆走(桃鈴ねね)
  10. ぷ・れ・あ・で・す!(大空スバル)
  11. #あくあ色ぱれっと(湊あくあ)
  12. つまりはいつもくじけない!(NEGI☆U/湊あくあ×大空スバル×桃鈴ねね)
  13. チューリングラブ(ナナヲアカリ×湊あくあ×猫又おかゆ)
  14. いのち(AZKi)
  15. オーバーライト(AZKi)
  16. 乙女解剖(椎名唯華)
  17. ねぇねぇねぇ。(笹木咲×椎名唯華)
  18. ダーリンダンス(笹木咲)
  19. もぐもぐYUMMY!(猫又おかゆ)
  20. デタバレネコ(猫又おかゆ)
  21. それゆけ!学級委員長(月ノ美兎)
  22. みとらじギャラクティカ(月ノ美兎)
  23. adrenaline!!!

●イベント概要
・名称:V‐Carnival VOL.2
・日程:2022年6月11日(土)/12日(日) 19:00開演
・会場:オンライン配信
*世界同時配信(対象国などの詳細は販売ページ https://ib.eplus.jp/v-carnival_vol2)
・チケット料金(税込):単日券(各日)7900円、2日間通し券  1万5800円(特製レプリカチケット付き) 
*特典の特製レプリカチケットは配信期間終了後に発送予定、海外発送は不可
・チケット販売:Streaming+(イープラス)
*アーカイブ配信:2022年7月10日(日)23:59まで(海外を除く)

・出演者(五十音順)
【DAY1】朝ノ瑠璃、AZKi、大空スバル、さくらみこ、笹木咲、椎名唯華、月ノ美兎、Kotone(天神子兎音)、猫又おかゆ、湊あくあ、MaiR、桃鈴ねね
MC:一翔剣、月ノ美兎
スペシャルゲスト:ナナヲアカリ

DAY2】天宮こころ、角巻わため、電脳少女シロ、ときのそら、HACHI、HIMEHINA、星街すいせい、魔界ノりりむ、Mori Calliope、レヴィ・エリファ
MC:一翔剣、ときのそら
スペシャルゲスト:ウマ娘 プリティーダービー
和氣あず未(スペシャルウィーク役)、木村千咲(ダイワスカーレット役)、首藤志奈(ハルウララ役)

・制作:フジテレビジョン/LOGIC&MAGIC/FIREWORKS/LATEGRA 
・演出:森田純正(FIREWORKS)
・主催:V-Carnival実行委員会 

(Text by Daisuke Marumoto


*DAY2のレポートはこちら → 声優・VTuber6人の「うまぴょい!」サプライズにもびっくり!「V-Carnival VOL.2」DAY2徹底レポート


●関連リンク
アーカイブチケット販売ページ
・V-Carnival(公式サイトTwitter