HIKKY、メタバースイベント「バーチャルマーケット2022 Winter」 環境省、自治体の焼津市・泉佐野市も出展発表

LINEで送る
Pocket

株式会社HIKKY

 株式会社HIKKY(本社:東京都渋谷区、代表取締役:舟越靖)は、2022年12月3日(土)から18日(日)にかけてメタバース上で開催する世界最大※のVRイベント『バーチャルマーケット2022 Winter』の出展企業第2弾として、各企業のブース内容の詳細を発表いたします。先日発表した出展企業発表第1弾リリース(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000223.000034617.html)、第2弾リリース(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000225.000034617.html)に加え、バーチャルマーケット初となる省庁や、前回同様地方自治体など様々な業種が出展し、メタバースの世界を盛り上げます。
※バーチャルマーケットは「バーチャルリアリティマーケットイベントにおけるブースの最多数」としてギネス世界記録™に認定されました。

【出展企業紹介】

  • 環境省

バーチャルマーケットに省庁としては初となる環境省がブースを出展!「パラリアル札幌」内、“すすきのエリア“に展開する今回のブースでは、近い将来、脱炭素社会が実現された「未来の家庭のモデルルーム」が展示されます。
2050年カーボンニュートラルの実現や2030年温室効果ガス46%のためには、暮らし、ライフスタイルの分野でも大幅なCO2削減が求められます。そこで、環境省は、国民・消費者のライフスタイル変革のため、衣食住にわたる国民の将来の暮らしの全体像「脱炭素につながる新しい豊かな暮らしの10年後」を明らかにし、自治体・企業・団体等との官民連携の下、脱炭素による豊かな暮らし創りに向けた取組を展開していきます。さらに、新たな消費・行動の喚起とともに、国内外での脱炭素型の製品・サービスの需要創出にもつなげていきます。
環境省ブースでは、2030年の一軒家をイメージしたモデルルームを展開。ここでは、脱炭素や環境対策が我慢ではなく、環境に優しい製品・サービスを選択することにより、快適でお得、さらに便利で自分らしい豊かな暮らしが実現でき、脱炭素も両立可能であることが体験・体感することができます。

  • 泉佐野市

ふるさと納税受入額累計1,000億円を超える業界のフロントランナー泉佐野市がバーチャルマーケットに2度目の出展!企業出展会場の1つである「パラリアル札幌」内の“すすきのエリア”にて、「肉の泉佐野」を盛大にアピールするブースを展開いたします。
ブース内では、お肉で交流した皆様がいつの日か泉佐野に来ていただき、肉やその他の地場産品、観光資源の魅力を体験いただけることを目指します。また、ふるさと納税のPRも実施し、市の公式キャラクター、硬派な「イヌナキン」の分身、「ゆるナキン」が3Dアバターとして「一生犬鳴(いっしょうけんめい)」に来場者をお出迎えします。ブース中央にある「肉の泉佐野」を象徴する牛のモニュメントはロデオマシンとなっており、牛に乗り、ロデオ体験をしていただくことも可能です。その他、泉佐野市のふるさと納税返礼品として人気の高い「お肉」や「お米」、「泉州タオル」はもちろん、数量限定製造の泉佐野市ふるさと納税オリジナル“大阪ブルワリーデザイン缶”の「よなよなエール」などを3Dモデル化し、今まで平面のみで見ていた返礼品を3Dでご体験いただくことができます。ブース内のデジタルカタログに触れていただくと、お使いのPC画面上に泉佐野市が運営するふるさと納税サイト「さのちょく」が表示されますので、その場でご寄附を行っていただくことが可能です。さらに今回はWebブラウザ会場にもブースを出展し、スマートフォンからもアクセス可能に!Webブラウザ会場ではふるさと納税返礼品の展示はもちろん、「ゆるナキン」のアバターを選択して、会場を回遊することも可能です。

  •  焼津市

今回で2度目のバーチャルマーケット出展となる焼津市は、「パラリアル札幌」内、“すすきのエリア”にて、全国第11位※の人気を誇るふるさと納税返礼品の紹介や市のPR動画の展示など、焼津市の魅力を発信するブースを展開いたします。ブース内では前回大好評だった「バーチャルマグロ解体ショー」に加え、船の上からマグロを釣ることができる「バーチャルマグロ一本釣り」も行えるようになり、さらに臨場感のあるメタバースならではの体験が可能に!そのほか、焼津市のふるさと納税返礼品として人気の高い「ネギトロ」や「カツオのたたき」、「生しらす」など自慢の地場産品6点を3Dモデルで展示。ブース内にあるデジタルポスターから直接ふるさと納税寄附サイトに遷移し、その場で寄附を実施することが可能です。
さらに、ふるさと納税のやり方の解説動画や、自身のふるさと納税寄付の上限額目安が簡単にわかる「かんたんシミュレーター」も設置し、申込期限が12月に迫るふるさと納税に駆け込めるような工夫をこらしたブースとなっています。
※総務省「ふるさと納税に関する現況調査結果(令和4年度実施)」(参考)令和3年度における納税受入額の多い20団体より出典

  • 株式会社髙島屋
StarryResonanceオーディション

今回で2度目のバーチャルマーケット参加となる髙島屋は、株式会社髙島屋友の会が提供する、髙島屋でのお買物でご利用いただけるお得な積立サービス「スゴ積み」の広告を、パラリアルパリ・パラリアル名古屋・パラリアル札幌の3会場すべてで掲載いたします。ポスターや動画はもちろん、動く広告もあり、12カ月積み立てると1カ月分のボーナスが付く「スゴ積み」を、全面的に来場者へアピールいたします。また、期間中はお得な入会キャンペーンも実施します。
さらにパラリアル札幌会場では、髙島屋オンラインストアで購入できる「大北海道セール」の広告掲載も実施。ポスターをクリックすると髙島屋のオンラインストアに遷移、北海道の魅力が詰まった品々を期間限定のお買い得価格でそのまま購入することができます。

  • 株式会社JVCケンウッド

二度目の出展となるJVCケンウッドは、パラリアル名古屋、パラリアルパリ、パラリアル札幌の街に巨大なクリスマスツリーを設置。来場者の皆さんへのクリスマスプレゼントとして、アンケートに答えると抽選でJVCケンウッド製ゲーミングヘッドセット「GG-01」、ワイヤレス・モーション・トラッキング装置「HaritoraX 1.1」などが当たるキャンペーンを実施します。また、広瀬香美、斉藤和義、マジカルミライのPVが各会場でご覧いただけます。ブース周辺では犬の「ニッパー」が走り回り皆様をお迎えし、ニッパーの絵本や商品のサイトへご案内します。

  • Polygonal Mind(ポリゴナルマインド)

ポリゴナルマインドは、想像・デザイン・開発にて、芸術的価値の高い圧倒的な体験を提供するクリエイティブスタジオです。今回「パラリアル札幌」内に登場するブースでは、誰もが無料で使えるオープンソースの3Dアバター作成プロジェクトである「100 AVATAR(ハンドレットアバター)」の一部が展示されており、誰でもどこでも使えるクールなデザインになっており、VRChatで最も使われているアバターもございます。ポリゴナルマインドならではの世界観が堪能できるブースとなっています。
来年の初旬には100 Avatars Round 3が始まる予定です!メルマガに登録したらいち早くRound3情報を届ける事ができ、そのアバターを使えるようになりますので、そちらも要チェックです!

  • SO.ON project LaV/東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校

「パラリアルパリ」にて展開する東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校 LaV出展ブースでは、SO.ON project LaVメンバーの3Dモデルの展示や、LaV公式アクセサリーの展示・販売を行います。下記日程にて、LaVメンバーによるグリーティングも開催予定です。
12月10日(土) 18時30分〜19時:メンバー全員
12月11日(日) 18時30分〜19時:メンバー全員
12月17日(土) 18時30分〜19時:小熊千歌・黒川光希
12月18日(日) 18時30分〜19時:小熊千歌・黒川光希
今回は前回よりバージョンアップし、カソウ舞踏団の皆さんとのコラボパフォーマンスも披露いたします。皆さまのご来場、心よりお待ちしております。

  • 興和株式会社

今回バーチャルマーケット初出展となる興和株式会社は、パラリアル名古屋に出展。ブランド展開している「RHYTHM&BALANCE」とバーチャルマーケット公式キャラのVketちゃんがコラボいたします。
人気のヨガマット、サーモマグ、マッシュルームボールなどを3Dアイテムとして展示しつつ、Vketちゃんはヨガウェアに身を包みながらヨガポーズで皆様をお出迎えします。

  • 東映株式会社

東映株式会社は、企業出展会場の「パラリアルパリ」「パラリアル名古屋」「パラリアル札幌」のすべての会場にて、映画『仮面ライダーギーツ×リバイス WINTER MOVIE 2022』(12月23日(金)公開予定)の公開を記念して、会場内にポスター掲載をします。ぜひ各会場で探してみてください。

  • 赤髪のとも

今回で2回目の出展となる赤髮のともブースでは、メンバーのアバターを展示するだけでなく、今回SNSで募集したファンアートをブース内で展示!ファンに愛されるあかがみんの特別ブースを、その目でぜひご覧ください。

その他にも、数多くの企業の出展が決定!12月3日からの開催をお楽しみにお待ちください。

【出展・協力企業、IP、アーティスト一覧】※順不同、11月25日時点での発表企業を掲載
東海旅客鉄道株式会社/ソニー株式会社/ディズニープラス『ガンニバル』/ヤマハ株式会社/楽天生命保険株式会社/株式会社三井住友フィナンシャルグループ/三井不動産株式会社/三井住友海上火災保険株式会社/
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社/アコム株式会社/Lenovo/株式会社ビームス/株式会社大丸松坂屋百貨店/株式会社ベルク/株式会社 マリークヮント コスメチックス/株式会社いちばんぼし/アルパインマーケティング株式会社/株式会社テレビ朝日/株式会社テレビ朝日ミュージック/テレビ朝日系全国放送「musicるTV」/株式会社岩本町芸能社/株式会社ユニバーサルエンターテインメント/ロート製薬株式会社/株式会社髙島屋/環境省/大阪府泉佐野市/静岡県焼津市/サイボウズ株式会社/株式会社トレードワークス/コネクテッドコマース株式会社/凸版印刷株式会社/かなプロマーケット/株式会社JVCケンウッド/ゲーマーサップス(Gamer Supps®)/株式会社東京マルイ/協和機構株式会社/ポリゴナルマインド/SO.ON project LaV 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校/フリュー株式会社/興和株式会社/独立行政法人情報処理推進機構(IPA)/株式会社Robot Consulting/東映株式会社/株式会社丸市岡田商店/デジコ/RedefineArts/株式会社すぐる/ アークシステムワークス株式会社/NieR:Automata/株式会社日本一ソフトウェア/株式会社セガ/ソニックフロンティア/赤髮のとも/株式会社mikai/株式会社コアミックス/クレヨンしんちゃん/chihiro Design/やしろあずき/聖飢魔Ⅱ/わしゃがなTV/合同会社クリクロ/株式会社 日本HP/日本郵船株式会社/日本Nreal株式会社/オアシス21/中部電力 MIRAI TOWER/株式会社 名鉄百貨店/公益社団法人名古屋青年会議所/札幌市時計台/キリンホールディングス株式会社/さっぽろテレビ塔/さっぽろ雪まつり実行委員会/北海道放送株式会社/MOKURI project/東京ミッドタウン日比谷 BASE Q

【バーチャルマーケット2022 Winter開催概要】
名称:バーチャルマーケット2022 Winter
主催:VR法人HIKKY
会期:2022年12月3日(土)~18日(日)(計16日間)
テーマ:NEXT Journey
企業出展会場:パラリアルパリ/パラリアル名古屋/パラリアル札幌
公式サイト:https://winter2022.vket.com/
公式SNS:Twitter→https://twitter.com/Virtual_Market_
YouTube→https://www.youtube.com/c/vketchannel
Instagram→https://www.instagram.com/vket_official/
来場方法:VR機器・ゲーミングPCからはVRChat内特設ワールドにご来場いただけます。

一部、スマートフォン等からURLクリックのみで入場できるブラウザ会場もご用意いたします。
https://winter2022.vketcloud.com/ (※左記ページは12/3よりオープンいたします)

また、一部の会場はMeta Quest単体からもご入場いただけます。

メディア向け先行発表会を実施メディアの皆様に向けて、バーチャルマーケット2022 Winterの先行発表・取材会を実施いたします。
実際にVR機器を用いてバーチャルマーケットをご体験、ご取材いただくことも可能です。是非ご参加ください。
===============================
開催日時:2022年11月29日(火) 11時半受付、12時〜13時半予定
開催場所:日比谷駅付近
参加申し込み方法:
下記のフォームに、必須事項をご記載の上、お申し込みください。
https://forms.gle/mdQb3btPymhU3z688
===============================

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ