東京ジョイポリス、ホロライブと初のコラボ 直接話せる「ホロ×マッチ」やコラボアトラクション、グッズなど全容を公開

LINEで送る
Pocket

CAセガジョイポリスは8日、同社の運営する東京・台場の屋内型テーマパーク「ジョイポリス」と、カバーの運営するVTuberグループ「ホロライブ」とのコラボイベント「ホロライブ×ジョイポリス HAPPY PARTY」の全容を発表した。同イベントは、来年1月9日より、2月11日までの開催となる(関連記事)。

同イベントには、ホロライブよりときのそらさん及び、1期生の白上フブキさん、夏色まつりさん、夜空メルさん、赤井はあとさん、アキ・ローゼンタールさんら6名が参加する。

まず、参加VTuberと直接お話ができるイベント「ホロ×マッチ」の詳細が明らかにされた。イベント期間中の3日間限定で、2人ずつがジョイポリスに登場する。「ホロ×マッチ」の参加券は、限定シチュエーションボイス付き。全国ローソンチケットにて1枚2000円(税込、以下同)で抽選販売する。購入方法の詳細は、特設サイトにて確認ができる。参加VTuberは各日以下の通りとなる。

・1月16日:ときのそらさん、アキ・ローゼンタールさん
・1月23日:白上フブキさん、夜空メルさん
・1月30日:夏色まつりさん、赤井はあとさん

ユージェネバーチャルタレント募集

また、各回2部制となり、第1部は14時30分より、第2部は17時よりの開催となる。お話の出来る時間は、1回につき1分間だ。

さらに、ホストやキャバ嬢の適性診断を行う一風変わったアトラクション「ローラとカーラの美嬢面接」とのコラボレーションも実施する。診断結果で、一定以上の指名料を獲得すると、イベント限定のオリジナルフレームで撮影できるほか、VTuberたちのオリジナル名刺を1枚ランダムで手に入れることができる。また、アトラクション内では限定ボイスも使用する。料金は、600円。パスポートの利用も可能だ。

占いアトラクション「フォーチュンフォレスト」ともコラボを実施。占いの結果用紙がイベント限定でホロライブ仕様のデザインとなる。こちらも料金は600円、パスポートの利用可となる。

さらには、東京ジョイポリス限定のノベルティパスケースがついたイベント期間限定のチケットも販売。入場券、アトラクション乗り放題のパスポート、年間パスポートを合わせ、全8種のパスケースを用意する。年間パスポートは、カードデザインもイベント限定デザインとなる。価格はそれぞれ以下の通りだ。

・「パスポート」入場+アトラクション乗り放題+ノベルティパスケース:
大人5200円 小中高生:4200円

・「アトラクション1回券」入場+アトラクション 1 回券+ノベルティパスケース:
大人 2700円 小中高生:2400円

・「年間パスポート」+ノベルティパスケース:
大人 1万4000円 小中高生:1万1000 円

他にも、各種イベント限定デザインオリジナルグッズの販売やステッカー付のコラボフロートアイス「ホロフロート」の販売、無料のコラボデジタルコンテンツなども実施。さらに、コラボ期間中では、チケットやアトラクションの案内など館内アナウンスを参加VTuberが担当する。それぞれ詳細は、特設サイトにて確認することができる。

(TEXT by Shuto Uchimura)

ホロライブ×ジョイポリス HAPPY PARTY © 2017 2020 cover corp.

●関連リンク
「ホロライブ×ジョイポリス HAPPY PARTY」特設サイト
東京ジョイポリス
ホロライブプロダクション